« 日帰りわたらせ渓谷鉄道(11)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2013年4月 2日 (火)

日帰りわたらせ渓谷鉄道(12) 

渡良瀬川の渓流の中に、大きな岩がありました。これも亀に見えないこともないですね。とくに観光案内はありませんでしたけれども。
Watarase20130331_56

「トロッコわっしー4号」は、大間々で10分間の停車です。さよなら運転を終えた101号が停まっているのが見えたので、降りて撮影します。
Watarase20130331_57
さよならヘッドマークをはずして、いつもの「こうしん」に戻っていました。

Watarase20130331_58
行き先表示はどうなっているのだろうと、先頭部分をアップで撮ってみると「水沼温泉行」となっていました。駅名も普段は出さない駅ですし、「行」の文字が着いているのもめずらしいです。今日見た「桐生」も「足尾」も、「行の文字はありませんでしたから。

Watarase20130331_59
反対側の側線には、101号に変わって導入される511号が停まっていました。塗色はトロッコわっしーと同様で、室内はボックスシートになっていました。

「トロッコわっしー4号」としての運転は大間々までです。列車は桐生まで行きますが、大間々~桐生間はトロッコ車両も含めて自由席の普通列車です。トロッコ整理券が入らないので、たくさんの人が乗ってきました。
Watarase20130331_60
桐生に到着した列車は、しばらく停まってから、表示を「回送」にしてました。さすがに、トロッコ車両での普通列車運転は特別なものなのでしょう。

桐生からは、再び青春18きっぷの旅に戻ります。両毛線で小山まで行き、湘南新宿ラインで大崎へ。山手線に乗って品川へ行き、品川19:47の外房線直通上総一ノ宮行きに乗って帰ってきました。行きだけは東武に乗りましたが、十分に青春18きっぷの元は取れました。
     

|

« 日帰りわたらせ渓谷鉄道(11)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/57091881

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰りわたらせ渓谷鉄道(12) :

« 日帰りわたらせ渓谷鉄道(11)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »