« 本社版フレーム切手  | トップページ | 大人の修学旅行(序)  »

2013年3月14日 (木)

いすみ205は廃車じゃなかった 

国吉駅に、現在いすみ205スナフキンが留置されています。今まで廃車になったいすみ200型が置かれていたところです。いすみ204,203,207がここに留置されて、第二の活躍の場へと旅立っていきました。

今回のいすみ205も、たぶん廃車なんだろうなと思いました。ただ、今までは廃車になると、ヘッドマークやサボが外されていたのにもかかわらず、いすみ205はヘッドマークとサボがついたままなのです。サイドのステッカーは一部剥がれていましたけど。ヘッドマーク付きのまま、どこかに売却なのかなと思っていたのですが、違いました。

いすみ鉄道のウェブサイトによると、いすみ205はまだ廃車ではなく、来週3月23日(土)、24日(日)にさよなら運転をするのだそうです。まもなく、留置線から出て再び大多喜で点検をして走り出すのでしょう。24日の最終日は、少し写真を撮りに行こうかなと考えています。彼岸の墓参りに行く予定の日ではあるのですが・・・。

|

« 本社版フレーム切手  | トップページ | 大人の修学旅行(序)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いすみ205は廃車じゃなかった :

« 本社版フレーム切手  | トップページ | 大人の修学旅行(序)  »