« ローカルバスの旅(3)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2013年3月 6日 (水)

ローカルバスの旅(4) 

ここが一応の行き先になっている伊戸です。でも終点ではなく、そのまま進み細道の支線へと再び入って行きます。

Minami_boso_free20130304_16
伊戸を過ぎると、次は平砂浦ビーチホテル前です。ここも、枝道に入ったところに一周系統のバス停が立っていました。

Minami_boso_free20130304_17
後半の枝道は、こんな道です。ここも大型車がやってきたら、すれ違いが出来ない道路です。

Minami_boso_free20130304_18
途中のバス停です。この辺りは、まだ人家がありました。

Minami_boso_free20130304_19
西岬小学校入口から加賀名までは、同じ道を2回走ることになります。加賀名台から加賀名への細道です。ここも2回目ですが、クロネコの配送車はすでにいませんでした。

加賀名からは国道を行きます。1回目の西岬バス停から2回目の西岬バス停まで、館山駅からの運賃はずっと470円のままでした。この循環区間は、どこでおりても館山駅からの運賃が同じなのですね。

問題は、西岬から一周したら運賃はどうなるのでしょうか。そんな乗り方をする人は、マニア以外にはいないでしょうから、普通は運賃設定がないという場合が多いのですが・・・。
Minami_boso_free20130304_20
何と、一周運賃の設定があったのです。無券の運賃は80円です。伊戸までの片道が470円ですから、往復よりも一周の方が少し安く設定されています。ずらっと並ぶ470円の部分は、あの循環部分からの乗車した券番なのでしょう。

館山駅からは、千倉・平舘車庫行きの館山日東交通に乗って千倉中学校前まで行きました。そこから歩いて千倉駅へ行きます。千倉17:27の普通電車に乗って、安房鴨川へ。外房線に乗り換えて勝浦へ行き、駐車場の車を引き取って自宅へ戻りました。

今日はこれだけバスに乗りましたから、ゆき券を使わなくても「南房総フリー乗車券」の元は十分に取れたでしょう。平日のバス旅は、普段乗れなく路線に乗れるので、バス好きには楽しいものです。

|

« ローカルバスの旅(3)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/56901827

この記事へのトラックバック一覧です: ローカルバスの旅(4) :

« ローカルバスの旅(3)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »