« 地下移設線乗り歩き(2)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2013年3月28日 (木)

地下移設線乗り歩き(3) 

新宿からは、東横線の地下移設線に乗るために渋谷へJRで移動します。ちょうどやってきたのが、緑の山手線でした。見かけたことはありますが、乗るのは初めてです。せっかくですから、渋谷駅を発車していく風景を撮影してから改札を出ました。
Tokyo20130326_11

新しい東急の乗り場がわからずに、少しうろうろします。けっこう乗り換えまでの通路が長かったです。すべての列車が直通になったわけではないようで、ちょうど渋谷始発の各駅元町中華街行きが来たので、座っていける始発の普通電車に乗りました。

移設区間は、次の代官山までです。さて、どこまで乗ろうかな。IC乗車券だと後払いなので、乗ってから降りる駅を考えてしまいます。結局、自由ヶ丘乗り換えで大井町まで乗車しました。

京浜東北線で東京へ行き、東京中央郵便局へ寄ります。すごい混雑です。KITTEが開館したからでしょうか、平日なのに郵趣窓口は会計まで20人以上の待ち人数になっていました。

総武快速で馬喰町へ行き、今朝コインロッカーに入れた大きなバックを引き取ります。錦糸町へ移動し、駅近くの東武トラベルで31日の特急「りょうもう」の特急券を買います。そう、いすみ200型の兄弟のさよなら運転にいくつもりなのです。青春18きっぷがあと1回分ありますから、帰りはJR経由ですけど、行きは「りょうもう」じゃないと、房総半島からは間に合わないのです。

半蔵門線でひと駅、押上まで行きます。そこから京成に乗り換えて佐倉へ行きます。先週の19日に発売になったフレーム切手「国立歴史民俗博物館開館30周年」をまだ買っていないのです。知り合いから頼まれた分もあるのですが、佐倉市内19局のみの発売ですから、佐倉局へ行けばなんとかなるでしょう。

押上駅から快速佐倉行きに乗って、京成佐倉に付いたのが16:30頃のこと。歩いて5分足らずの佐倉局へ行きました。郵便窓口の壁には、目指すフレーム切手が貼ってあります。「そのフレーム切手。5シート下さい」「すみません、ここにある2シートで終わりなんです」。えっ、そんなに売れてるの。これは困りました。局員さんも、2局ほど残っている可能性のある局があるので、確認してみましょうと電話をしてくれます。1局は完売。もう1局の佐倉城局にあと8シート残っているとの情報をくれました。

時間は16:40です。佐倉城局の営業は17:00まで、駅前からタクシーに乗ります。「佐倉城局へ行って用事を済ませて、JR佐倉駅まで」と言って乗り込みます。佐倉城局へ着いたのが16:55のこと。無事に必要数の残り3シートが入手できました。
Framestamp20130326
千葉県内発売のものは、代理購入するからと知人に言ってあるので、責任を果たせてホッとしています。しかし、危ないところでした。

JR佐倉から快速で千葉へ。千葉からは外房快速に乗って無事に戻ってきました。受験のための東京行きでしたが、後半は完全にテツ旅になっていました。
  

|

« 地下移設線乗り歩き(2)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/57055292

この記事へのトラックバック一覧です: 地下移設線乗り歩き(3) :

« 地下移設線乗り歩き(2)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »