« 国吉駅にて(2)  | トップページ | 「地酒列車」をおいかけて(2)  »

2013年2月17日 (日)

「地酒列車」をおいかけて(1) 

2013年2月17日(日)。今日と来週の24日に「地酒列車」というのが走るとう情報があります。主催は地元商工会で、いすみ351にテーブルをセットして貸切として使うとうことしかわかっていません。いったい、どの列車に増結されるのかが、まったくわからないのです。

ヒントになるのは、いすみ351「ジャニーズJr.ランド号」の運用表です。これは、事前にいすみ鉄道のウェブサイトで発表されています。ちなみに、今日17日の運用は次のように発表されていました。

22D 上総中野15:08発→大原16:02着
25D 大原16:16発→上総中野17:06着
28D 上総中野17:13発→大原18:02着
31D 大原18:53発→大多喜19:23着

突然、22Dから現れるわけはないですから、たぶん21Dの大多喜14:20で増結されて上総中野まで回送されて、折り返し22Dから乗車できるようになるのでしょう。ということは、21Dまでに、テーブルを解体したり片付けをしなければいけないのですから、「地酒列車」は当然、午前中からお昼にかけてのどれかになりそうです。

ということで、9時頃からすべての列車を観察することにしました。

Isumi200_20130217_01
大多喜止まりの11Dは、いすみ200型202フローレンの単行でした。

Isumi300_20130217_02
上り12Dは、いすみ300形301パパ&ママの単行でした。

上総中川~城見ヶ丘で、上の2枚を撮影してから、大多喜駅近くの町営駐車場へ向かいました。60分以内なら無料ですから、その間に大多喜駅の様子を見てきます。

Isumi_kiha28_20130217_03
庫のシャッターが開いて、キハ28の顔が見えました。今日は「水郷」のヘッドマークをつけていました。そして方向幕です。「急行」を表示しています。JR西日本から買ったときは、幕に「急行」がなかったのです。ついに方向幕も新調したのですね。営業運転近しという感じがします。

Isumi200_20130217_04
庫の前の留置線にいるのは、いすみ201号ムーミンだけです。半開きのシャッターの中は、いすみ205号スナフキンのようです。給油線側にいすみ351が見えますが、キハ52の姿がありません。どうやら、61D~60Dのすじで、上総中野方面にハンドル訓練に行ったようです。今ならまだ間に合いそうです。町営駐車場から車を出し、久我原~総元間の鉄橋に向かったのでした。
   

|

« 国吉駅にて(2)  | トップページ | 「地酒列車」をおいかけて(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「地酒列車」をおいかけて(1) :

« 国吉駅にて(2)  | トップページ | 「地酒列車」をおいかけて(2)  »