« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

ゲゲゲの女房 

2月からCSのファミリー劇場で、2010年にNHK連続テレビ小説で放送された「ゲゲゲの女房」が放送されています。この番組、ちょうど心筋梗塞で倒れて入院しているときに見ていたのですよね。一般病棟に移っても、ほとんど移動禁止ですから、テレビと文庫本くらいしか楽しみがなかったのです。

見始めたのは一般病棟に移ってからですから、4月下旬からです。ということで、最初の部分は知りませんでした。今改めてみて、こんな風に始まったんだと楽しんでいます。毎週6話の放送ですから、やっぱり終わるまでは半年かかるのでしょう。つまり、半年は楽しめるのですね。地上波がないうちとしては、CSが数少ない楽しみですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

危険物免状届きました 

昨年の11月に受験した、危険物取扱者試験に合格した免状が、本日届きました。
Kikenbutu20130130
現に危険物を扱う職に就いてはいないので、保安講習を受ける必要は、今のところありません。千葉県は6月まで試験がないので、毎月試験をやっている東京都で次を受けようかと画策中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

いすみ351内覧会(2) 

駅舎に戻って、内覧会の整理券をもらいます。
Isumi350_20130129_06
テーブルはありましたが、そこに整理券を配布する人はいませんでした。出札窓口で声をかけて、整理券を1枚いただきました。

Isumi350_20130129_07
この回の整理券は緑色でした。事前発表で「1回10分、各回先着40名」となっていましたが、まったくそんな人数になりません。1回10分で区切る必要も無く、ゆったりと心行くまで見学が出来る状態でした。

Isumi350_20130129_08
これが、南側のラッピングです。こちらの方が、細かいイラストがたくさんラッピングされています。

Isumi350_20130129_09
内部は、片側だけテーブルが設置された状態でした。なかなかしっかりしたテーブルで、これなら多少揺れても大丈夫でしょう。ロングシートですが、席番のプレートが網棚についていました。テーブル設置の時、使用するためでしょうか。

Isumi350_20130129_10
中吊りも網棚上も、BSスカパー!の「ジャニーズJr.ランド」の広告で埋めくされていました。ちなみに自宅は、CSのスカパー!(しかもHDでない通常画質)なので、この番組を見ることが出来ません。

車両の大原より運転室からは、ジャニーズJr.の車内放送も流されていました。「ジャニーズJr.の○○です。次は大原です。外房線はお乗り換えです」のように、最初に名乗っていました。顔のない声だけですから、やっぱり名前は必要なのでしょうね。ファンの女性でしょうか。一生懸命録音をしていました。その他、ジャニーズJr.たちの写真が、小さな額に入って窓と窓の間にたくさん飾られていました。実際に営業で走りだしたら、今までとは違った客層の方が増えるのでしょうね。3月3日までの期間限定でもありますし。次は、きれいな走行写真を撮りたいですね。
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ351内覧会(1) 

2013年1月29日(火)。今日は午後から、いすみ鉄道大多喜駅で開催されている、いすみ351内覧会に行ってきました。内覧会は28,29,31の3日間、午前・午後の2回実施しています。仕事の関係で、時間的に行けるのは、今日の午後の部だけ。15:30から会議が入っているので、お昼からちょっとだけ時間休を取っての参加です。

12:30頃、大多喜駅前の町営駐車場に車を止めて、大多喜駅へ行きます。まずは車庫をのぞいてみると、いすみ351がキハ52と並んで検線に停まっていました。
Isumi350_20130129_01
こうやって並べてみると、似ているようでもヘッドライトの大きさとか、いろいろと違いがあるようです。それでも、ずいぶん国鉄形に似せて造られていました。

いったん改札口に行って、内覧会参加の条件の1日乗車券を買ってきます。
Isumi350_20130129_02
500枚限定で1人2枚までの制限発売ですが、券番は30番です。あんまり売れていないですね。漏れ聞くところによると、昨日の来訪者は20名弱だったとのこと。やはり平日では、気軽に動けない人が多いのでしょう。それにテツは、外観や走行写真を撮りたい人が多いでしょうから、内覧会では時間を割いてまでやってこないのでしょう。

13:07の上りが発車すると、入れ替えが始まるようなので、それまでに踏切に行って、入れ替え風景を撮影します。
Isumi350_20130129_03
13:07の上りはいすみ300形でした。兄弟分のいすみ300形といすみ350形。性能は同じでも、顔は全く違います。

Isumi350_20130129_04
展示線の2番線へ入れ替えのため、南廊踏切までいすみ351がやってきました。ここでエンド交換をして、2番線に入ります。

Isumi350_20130129_05
そして、展示会場の2番線へと入って行きました。

このいすみ351は、営業開始から3月3日までは「ジャニーズJr.ランド号」として、ラッピングしての運転です。内装や放送もジャニーズJrだらけなのでそうで、そのための内覧会でもあるのです。だから、今日も先ほど並んでいたのは、若い女性が3人とテツな男性が2人。それに自分を含めた顔見知りの地元テツが2人でした。
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

本日は1件のリリースが出ました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月29日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

みなみの桜と菜の花まつり
販売日 2013年2月5日(~未発表
販売部数 1,200部

販売地域 南伊豆町、下田市、東伊豆町、河津町内の計14局

シートはフラワーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

長者町は雪じゃなかった 

2013年1月28日(月)。昨日の天気予報が、関東地方も雪とか言っていたので、6:15頃雨戸を開けようとする。ところが、雨が降ったらしく、レールと雨戸の間の水滴が凍ってしまい、ガンとして動かない。ガタガタ振動を与えて、ようやく動き出す。開けてみると、とっても寒いけれども、目の前の田んぼにも雪はナシ。何だ、雪じゃなかったんだと安心して朝食をとった。

いつも通りに出勤をする。途中までは何とも無かったのだが、大原を過ぎて浪花まで来ると、田んぼが真っ白になっている。あれっ、雪かな?何で南に進んでいるのに雪になるんだ

ところが、大原を過ぎて御宿に入ると、今度は雪が降ってきたではないですか。南に進んでいるのに、だんだんと天気が悪くなって雪が降ってくるなんて? いったい今日の天気はどうしてしまったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越日帰り旅(7) 

帰りも「おさんぽ川越号」に乗っていこうと思います。15:00の発車なので、早めにと14:40頃ホームに行きましたが、すでに行列が出来ていました。
Kawagoe20130126_31
なぜか同じ表示が2段出ています。

Kawagoe20130126_32
こっちも2段になっています。まあ、発車直前には1段だけになりましたけど。臨時列車なので、何か設定がおかしかったのでしょう。自分は知らなかったのですが、日中の6番線からの列車というのは、今はめずらしいのだそうです。帰りは車端ですが、進行方向右側のボックスの窓側に座ることが出来ました。

Kawagoe20130126_33
この列車のハイライトです。川越線から高崎線への渡り線に入ります。

Kawagoe20130126_34
り線は、鉄道博物館の横を走ります。電車が走っているのが、川越線の下り線です。線路が見えるのが、川越線の上り線です。

帰りも新習志野まで全区間乗車しました。
Kawagoe20130126_35
新習志野に到着した「おさんぽ川越号」です。方向幕がすでに回送になっているのがちょっと残念ですが、これは仕方が無いでしょう。

次回の運転は2月9日です。でも、その日は成田線でSLが運転される日です。やっぱり、成田線に行ってしまうことになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越日帰り旅(6) 

菓子屋横丁をひやかしながら、蔵造り資料館へ向かいます。
Kawagoe20130126_26

この近くに、秩父のお味噌のお店がありました。そこで食べた、ネギ味噌コロッケがピリ辛でなかなか美味しかったです。紙コップに入った味噌汁もいただき、お昼がまだなこともあって、ちょっと得した気分です。

Kawagoe20130126_27
川越に来たからには、時の鐘を見ていきます。

Kawagoe20130126_28
反対側からも1枚撮影しておきます。しかし、ここもけっこうな人が出ています。

札の辻バス停から、今度は路線バスに乗って本川越駅前まで行きました。どこかで遅い昼食をとろうとあるいていると、鏡山酒造跡地というところに、こぎれいな食事処がありました。そこで、地元の三豚の角煮定食を食べました。館内に、川越の案内ビデオが流れていて、それによると、この敷地内にNHK連続テレビ小説の「つばさ」の碑があるとのこと。探してみると、幟の後ろにひっそりと建っていました。
Kawagoe20130126_29

「つばさ」といえば、たしか西武鉄道朝比奈線をトロッコで走ったということが、テツの間で話題になったことを覚えています。

再び、本川越駅前から路線バスで川越駅東口に戻りました。運賃は、最後の区間だけは100円ですが、他は170円。全部で780円分を300円の1日乗車券で乗ることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越日帰り旅(5) 

五百羅漢を出ます。境内には出店がたくさん出ています。ボランティアの方のお話しでは、節分まではお店がたくさんでているのだそうです。そんな中にあるお店で「厄除けだんご」を買います。本500円とあったので、そんなにたくさん入らないとあきらめたのですが、1本100円でバラもあるそうなので、1本買います。1つめをかじると・・・すごい伸びます。だんごではなく餅なのですね。小さな丸い餅を串に刺して、それを焼いてタレをつけたのが、川越の「厄除けだんご」でした。

Kawagoe20130126_21
山門を出てバスに乗ります。次は博物館バス停まで行きます。

まずは市立博物館に入ります。市立博物館、川越城本丸御殿、蔵造り博物館の3館共通券を買います。300円です。特別展は「むかしの勉強むかしの遊び」というものです。でも、並んでいるものは、ほとんど自分が子どもの頃家にあったりあそんだりしたものです。解説文の「お父さんやお母さんが子どもだった頃・・・」。そうか、自分も子どもがいてもおかしくない年なんだものなあ。

常設展では、大宮と川越を結んでいた路面電車西武大宮線の展示に目が行きました。国鉄川越線が開業して乗客が激減し、1940(昭和15)年には廃止になってしまったそうです。

その後、本丸御殿へ行きました。ここは、ぐるっと一通り見て終わりという感じでした。というのは、今日は「駅からハイキング」の人で混雑していて、ゆっくり見るという雰囲気ではかったのです。
Kawagoe20130126_22

その隣にある、三芳
神社に「とおりゃんせ発祥の地」の案内があったので、そちらにも寄ってみました。
Kawagoe20130126_23
けっこう新しい碑が建っていました。
Kawagoe20130126_24

再び、博物館バス停に戻り、バスに乗って行きます。
Kawagoe20130126_25
今度は、蔵の街の中心になる、札の辻まで乗っていきます。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越日帰り旅(4) 

次に五百羅漢へ行きます。ボランティアの方から、十二支が彫られた仏様があることを聞いていました。これも、探して下さいねということでした。五百羅漢の中で掃除をしていた方も、「自分の干支を探して頭をなでたり、記念撮影していく人が多いですよ。わからなければ場所を教えますから」と言います。やっぱり、自分で探すのが楽しいでしょう。でも、全部は見つけられませんでした。

Kawagoe20130126_16
子と丑です。寅は見つけられませんでした。

Kawagoe20130126_17
卯と辰です。巳は見つけられませんでした。

Kawagoe20130126_18
と未です。

Kawagoe20130126_19
申と酉です。

Kawagoe20130126_20
戌は見つけたはずなのに、撮り忘れました。これは、亥です。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

川越日帰り旅(3) 

川越駅から市内を循環するバスが2系統運行されています。西口から出ている、イーグルバスの「小江戸巡回バス」と、東口から出ている東武バスウエストの「小江戸めぐりバス」です。イーグルバスは、ローザ改造のボンネットバスやポンチョを使って、ほぼ30分間隔で1日500円。東武バスは、小型ノンステップバスを使って、ほぼ15分間隔で1日300円です。写真を撮るならイーグルバスの方がいいですけど、乗るなら東武バスの方がよさそうです。

東口3番のりばへ向かいます。すでに、9:55の「小江戸めぐりバス」が停まっていました。
Kawagoe20130126_11

車内で1日乗車券を買いました。東武の1日乗車券は「小江戸めぐりバス」専用ではなく、このバスのほかに市街地の路線バスにも乗り放題です。だいたい1乗車170円なので、2回乗れば元がとれる、とってもうれしい価格です。
Kawagoe20130126_12

まずは、喜多院で降ります。停まったバスに、ボランティアのガイドの方がやってきて「ガイドをします。ご希望の方はいらっしゃいますか」というので、お願いをしました。

Kawagoe20130126_13
こちらが本堂です。右側には、節分の舞台が造られていました。

Kawagoe20130126_14
これが多宝塔です。ボランティアの方の説明は、境内と本堂、多宝塔までです。客殿と五百羅漢は別料金ですけど、ぜひ見ていって下さいとのことでした。説明を聞いて興味を持ったので、入ってみることにしました。

Kawagoe20130126_15
客殿は撮影禁止なので、流れるテープの解説を聞きながら歩いていきます。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

川越日帰り旅(2) 

武蔵浦和を出て大宮までは貨物線を行きます。
Kawagoe20130126_06
貨物線は、埼京線の中浦和駅の下を横切っていきます。大宮駅は11番線の到着でした。

Kawagoe20130126_07
右に見えるのが高崎線です。今、電車は高崎線から川越線への渡り線を走っています。ここに乗りたくて、川越線沿線からの成田山初詣団体列車に申し込もうかと本気で考えた年もありました。

Kawagoe20130126_08
川越に到着しました。ホームでは、社員のが出迎えくれました。

Kawagoe20130126_09
乗ってきた電車は10分ほど停車した後、隣の南古谷駅の車両基地へ回送されました。午後は、また南古谷から回送されてきます。

Kawagoe20130126_10
改札前では、川越市のキャラクターときも」とさいたま市のキャラクター「つなが竜 ヌゥ」がお出迎えです。観光協会の方がパンフレットを配っていて、探すまでもなく観光マップを手にすることが出来ました。これから、午後の「おさんぽ川越号」発車まで、川越の町を見学しようと思います。蔵の街並みは回ほど来たことはあるのですが、それ以外の場所はまだ行ったことがありません。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越日帰り旅(1) 

2013年1月26日(土)。今日は川越まで日帰りの旅です。何で川越なのか。それは、今日が快速「おさんぽ川越号」の運転日だからです。@nifty鉄道フォーラムの貸切列車でも走行経路に入れることが出来なかった、大宮駅地上戦から川越線への渡り線に乗れるのですから。

5時に起きて支度をして、5:50には自宅を出発して長者町駅へと、徒歩で向かいます。長者町6:16の普通千葉行きでスタートです。上総一ノ宮で京葉快速に乗り換えます。あれ、いつもとは違うなとよく見てみると、1編成しかない209系500番代ではないですか。
Kawagoe20130126_01
E233系とは違い、4扉中3扉を閉め切る装置がないので、全部の扉がかなり前から開けっ放しです。だから、車内は寒かったのです。

この快速に乗って、海浜幕張へ。そこから、普通に乗り換えて、となりの新習志野へ行きました。すでに、2番線には乗車する人の列が出来ていました。
Kawagoe20130126_02
行き先表示器です。列車名はスクロールするときに、チラッと現れました。これが、新習志野駅の表示でした。

Kawagoe20130126_03
ホームには、乗車位置を示すシールが貼られていました。今日と2月9日の2回しか運転日はないのですが、普段とは違う3扉車なので、対応したのでしょう。

Kawagoe20130126_04
やってきたのは、豊田のM40編成です。あのサハ入り6両貫通編成、スカ色電車です。定期運用はないので、臨時列車に使用されることが多いのですが、それでも千葉県にやってくることは、ほとんどない車両です。なんとか、進行方向右側のボックスに座席を確保できました。

武蔵野線は島式ホームが少ないので、行き先表示器や乗車案内を確認できるところがほとんどありません。そんな中、東川口駅が島式ホームだったので、ホームを見てみました。
Kawagoe20130126_05
ここは、新習志野駅以上にしっかりした乗車位置案内が貼ってありました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

支社版フレーム切手 

本日は4件のリリースが出ました。すべて郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月25日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

2013 和の風 真壁のひなまつり
販売日 2013年2月1日(~未発表
販売部数 1,500部

販売地域 桜川市、筑西市、結城市、常総市、下妻市、古河市、坂東市、守谷市、つくばみらい市、境町、五霞町、八千代町内の計101局

シートはオリジナルです。


1月25日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。 

飯能ひな飾り展
販売日 2013年2月1日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 飯能市、和光市、朝霞市、新座市、志木市、入間市、狭山市、所沢市、日高市内の全94局

シートはオリジナルです。


1月25日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。 

河津桜
販売日 2013年2月1日(~未発表
販売部数 4,000部
販売地域 河津町、下田市、東伊豆町、南伊豆町内の計14局

シートはブルーです。


1月25日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。 

豊島区制施行80周年
販売日 2013年3月7日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 (3/7~3/9)第6回としまものづくりメッセ会場内臨時出張所、(3/11~)豊島区内の全35局と東京中央局、日本橋南局、西新橋局の計38局

シートは大型です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

支社版フレーム切手 

本日は2件3種のリリースが出ました。北近畿は郵便局のネットショップ扱いがあります。

1月24日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

北近畿タンゴ鉄道 設立30周年
販売日 2013年2月1日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域 舞鶴市、宮津市、伊根町、与謝野町、京丹後市、福知山市内の計87局

シートはオリジナルです。2月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


1月24日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。 

第64回さっぽろ雪まつり
てんちゃんとおこちゃんの札幌めぐり2013
販売日 2013年2月4日(~4月30日
販売部数 3,500部(雪まつり)、1,500部(札幌めぐり)
販売地域 札幌中央局(さっぽろ雪まつり会場内出張所、ライラックスクエア定期出張所を含む)のみ

シートはグリーン(50円・雪まつり)、大型(札幌めぐり)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

支社版フレーム切手 

本日は1件のリリースが出ました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月23日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

陸上自衛隊久留米駐屯地創設60周年記念
販売日 2013年2月1日(~未発表
販売部数 1,500部

販売地域 久留米市内の計47局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

今年のお年玉くじ 

先日の日曜日、1月20日が今年のお年玉くじ付き年賀の当選番号の抽選日でした。今年の結果はというと、4等3枚だけでした。来ている年賀ハガキの枚数からいったら、4枚は当たってもいいのですけどね。
Nenga_otosidama20130121
来たハガキで当たったのは1枚だけ。あとの2枚は、自分が作った「がんばれいすみ鉄道」年賀ハガキの未使用分からでした。まあ、こんな年もあるということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

萌ドロップス 

今、職場の机の上に、萌ドロップスが2缶置いてあります。昨年12月に、南海フェリーに乗ったときに買ってきたものです。
Moe_drops
南海フェリーの萌キャラ「高野きらら」ちゃんと「阿波野まい」ちゃんのドロップスです。南海フェリーの航路にちなんで、和歌山県と徳島県にちなんだ名前のキャラと名産のドロップスです。

職場の仲間には、あまり見かけない芋味の「萌芋ドロップス」が好評です。自分も、どちらかというと芋の方が好みですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

国吉駅のキハ30(2) 

国吉駅の駅ねこクロちゃんは、ストーブ前の座布団で気持ちよさそうにくつろいでいました。
Isumi_kuniyosi20130120_06

さて、大多喜の1000円カットへ行こうと、駐車場へ行ったところで構内踏切の警報器が鳴っています。そうだ、上り列車がやってくるんだ。ということで、これを撮ってから行くことにしました。
Isumi_kiha30_20130120_07
キハ30の向こうを行くのは、いすみ300形の上り14Dです。

これを撮ってから大多喜へ行き、1000円カットで髪をすっきりさせてきました。その後、茂原へ買い物と昼食を済ませに行きます。さて、今何時だろうと時計を見ると1:30です。これなら、国吉に行けば、ちょうど急行4号に間に合いそうです。ということで、直接家に戻らず、また国吉駅へ寄ってしまいました。

Isumi_kiha30_20130120_08
午後になって、こちら側に太陽が当たるようになりました。

Isumi_kiha30_20130120_09
そこに、急行4号がやってきました。残念ながら、桜の枝の影がたくさん写ってしまいました。

Isumi_kiha30_20130120_10
下の広場から撮ると、国鉄車両の交換風景に見えないかな。キハ30が離れすぎていて、ちょっとムリがあるかもしれませんね。これを撮影して、自宅に戻りました。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国吉駅のキハ30(1) 

2013年1月20日(日)。今日は国吉駅にやってきた、キハ30を見に行ってきました。17日未明にJRからいすみ鉄道への渡り線を通って、ここまで運ばれてきたそうです。何せ作業は、JRの終車後(0:30が最終で0:50頃から作業が始まったらしい)ですから、国吉駅に据え置かれたのは午前時だか3時だったという話です。

Isumi_kiha30_20130120_01
久留里線で活躍していた3両の中から、いすみ鉄道が購入したのは62号です。

Isumi_kiha30_20130120_02
急行1号が停まっているところへ、上総中野行きの15Dがやってきました。

Isumi_kiha30_20130120_03
この1月から、急行列車の交換駅がすべて国吉駅になりました(ただし4号は途中交換がなくなりました)。

Isumi_kiha30_20130120_04
急行1号がキハ30の脇を通り過ぎます。国鉄色が2形式というのは、何とも懐かしい風景ですね。天気がいいこともあって、撮影者がたくさんいました。

Isumi_kuniyosi20130120_05
国吉駅で「うなぎ弁当」を売っている藤井川魚店さん。実は、手作りケーキ類も売っています。左がユズのシフォンケーキ(1ピース100円)。右がチーズケーキ(1ピース200円)です。どちらもおいしかったですよ。個人的には(カロリー高いけど)チーズケーキが好きですね。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

駅弁対決 

2013年1月19日(土)。今日は午後から千葉で会議です。今回は輪番で議長をやることになっているので、遅刻は出来ません。それなら、午前中からでかけてしまいましょう。11日から新宿の京王百貨店で開催されている「第48回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」に行きましょう。毎年恒例の駅弁対決は、えび・かに対決ということで、稚内駅の「たべくらべ四大かにめし」といすみ鉄道大原駅の「伊勢えび弁当」です。

自宅を7:20に自家用車で出発して、上総一ノ宮駅近くのコインパークに停めて、7:53の特急「わかしお4号」に乗って東京へ行きます。東京から中央線に乗って新宿へ向かいます。ところが、四谷の手前で緊急停止してしまいました。市ヶ谷~四谷間で線路に人立ち入りがあったとのことで、しばらくとまります。結局、10分遅れで四谷駅に到着しました。新宿駅で降りて、中地下のエレベータ乗り場の列に並んだのが9:40のことでした。

10時の開店から、順番にエレベータに誘導されて、一気に7階まで上がります。まずは、かにめしの列に並びます。まだ早かったから、6階への階段を少し下ったところでした。その後どんどん列が伸びたようで、途中で「今、最後尾は4階の辺りです」と説明している声が聞こえました。10:25頃にかにめしを購入できました。その後は、隣の伊勢えび弁当へ。残念ながら、こちらは行列がほとんどありませんでした。大多喜駅前の番所のマスターほか、知った顔がブースの中にいくつも見えました。みんな忙しそうで、声をかけるもありませんでした。

新宿10:49のりんかい線直通電車で新木場へ。新木場11:25の快速蘇我行きで蘇我へ。蘇我12:04の千葉行きで本千葉へ出て、県庁近くの会議会場へ向かいました。そして、会場で昼食です。

Ekiben20130119_01
さあ、どっちを昼食にしようかなぁ。やっぱり、まだ食べたことがないかにめしにしましょう。

Ekiben20130119_02
「食べくらべ四大かにめし」1260円です。左上がたらば、右上が毛蟹、左下が花咲、右下がずわいです。

Ekiben20130119_03
かにつめが入っているずわいが、圧倒的な存在感ですね。花咲は酢飯の酢が利きすぎている感じでした。その他は、個人的においしかったです。

「伊勢えき弁当」1500円は自宅に戻って夕食にしました。
Ekiben20130119_04
大原駅で売っていたときは、カラープリンタで作ったような掛け紙だったのですが、さすがに1日600個ということで、掛け紙も印刷になっていました。駅売りとは内容が少し違うとのことで、興味を持ちながらふたを開けます。

Ekiben20130119_05
サザエの壺焼きが入っているバージョンしか食べたことがないので、見た目はちょっとあっさりした感じがしてしまいました。予告にあったとおり、駅売りより伊勢えびは大きいようです。

かにめしは、もうちょっと食べたいなと思わせる量でした。伊勢えび弁当は、いつもの通りですね。これで食べたのは4回目です。
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

支社版フレーム切手 

本日は2件のリリースが出ました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

1月18日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

魚梁瀬森林鉄道開通100周年
販売日 2013年1月27日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 (1/27)高知市中央公園内の臨時出張所、(1/28~)高知県内の全局と徳島中央局、高松中央局、松山中央局の計232局

シートはオリジナルです。2月5日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


1月18日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。 

雪ミク 2013
販売日 2013年2月5日(~未発表
販売部数 15,000部
販売地域 札幌中央局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌駅パセオ局、新千歳空港内局の計5局

シートはオリジナルです。クリアファイル、便箋、封筒とのセットで売価1600円です。2月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

支社版フレーム切手 

本日は1件のリリースが出ました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月17日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

奥球磨 湯前めぐり-熊本県湯前町 町制施行75周年記念-
販売日 2013年1月28日(~未発表
販売部数 1,100部

販売地域 湯前町、あさぎり町、多良木町、錦町、水上村内の計13局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

支社版フレーム切手 

本日は1件のリリースが出ました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月16日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

嘉麻市立織田廣喜美美術館
販売日 2013年1月23日(~未発表
販売部数 1,300部

販売地域 嘉麻市、飯塚市、中間市、直方市、宮若市、芦屋町、岡垣町、遠賀町、桂川町、鞍手町、小竹町、水巻町内の計73局

シートは大型です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

15日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

1月15日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

高円寺・阿佐ヶ谷・西荻窪駅開業90周年
販売日 2013年1月21日(~未発表
販売部数 2,100部

販売地域 杉並区、中野区(落合局を除く)内の全81局と東京中央局、日本橋南局、西新橋局の計84局 

シートはグリーン(50円)です。ポストカードとのセットで売価1100円です。1月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。


1月15日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。 

世界らん展
販売日 2013年1月21日(~未発表
販売部数 1,600部
販売地域 東京中央局、麻布局、あきる野局、神田局、赤坂局、武蔵村山局、麹町局、芝局、青梅局、日本橋局、西新橋局、立川局、日本橋南局、高輪局、昭島局、京橋 局、目黒局、国立局、江戸川局、渋谷局、八王子局、葛西局、代々木局、八王子西局、小岩局、荒川局、八王子南局、城東局、小石川局、日野局、向島局、本郷 局、町田局、深川局、上野局、鶴川局、本所局、浅草局、町田西局、中野局、葛飾新宿局、小平局、中野北局、葛飾局、東村山局、荻窪局、足立西局、国分寺 局、杉並南局、足立局、小金井局、杉並局、足立北局、東久留米局、蒲田局、世田谷局、清瀬局、大森局、千歳局、西東京局、田園調布局、成城局、文京大塚二 局、千鳥局、玉川局、文京水道局、品川局、光が丘局、文京目白台一局、大崎局、練馬局、文京音羽局、荏原局、石神井局、小石川一局、王子局、大泉局、小石 川五局、赤羽局、豊島局、文京千石局、板橋西局、武蔵野局、文京大塚五局、板橋局、三鷹局、文京大塚三局、板橋北局、武蔵府中局、文京目白台二局、新宿 局、多摩局、文京春日局、新宿北局、狛江局、文京白山五局、落合局、調布局、東京ドームシティ局、牛込局、羽村局、文京関口一局の計102局

シートはオリジナルです。1月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

11日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月11日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

椿の里・大船渡
販売日 2013年1月18日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 大船渡市、一関市、陸前高田市、住田町、藤沢町、平泉町内の計56局 

シートは大型です。郵便局株式会社時代の2011年2月25日に販売されたものと同図案の再販売です。


1月11日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。 

祝 大網白里市誕生記念
販売日 2013年1月21日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 大網白里市、九十九里町、東金市内の計15局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの帰路 

2013年1月15日(火)。結局、昨夜は徳島駅前に近いホテルに泊まりました。今朝は5時に起きて支度をして、5:50にはチェックアウトして駅に向かいます。駅前6:10の徳島空港行きリムジンバスの1便に乗車します。

6:38予定の空港到着時刻でしたが、ほぼ時間通りでした。もっと行列が出来ているかと思ったJALのカウンターは先客は3人しかいません。事情を話すと、14時の便を予約して、午前中の3便にキャンセル待ちをかけましょうということになりました。

7:25の1便目が7:10に搭乗手続きを締め切りました。その後、キャンセル待ちの番号が呼ばれます。何人か目で、自分の番号が呼ばれました。「クラスJでご予約ですが、普通席でしたらキャンセル待ちがございます。差額は払い戻しになりますが」とのこと。早く帰れるならOKです。差額もカード決済にもかかわらず現金で返金でした。

東京駅10:00の特急「わかしお」に間に合いました。自宅へ戻って身支度を調えて、午後からは出勤して仕事をすることが出来ました。さすがに、いつもより早起きだったので、少々つらい仕事にはなりましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(21) 

阿波池田からは、16:37の特急「剣山8号」に乗車します。この列車には、土休日は「ゆうゆうアンパンマンカー」という車両が連結されています。子どもの遊戯スペースのある車両で、座席は元グリーン席の20席しかありません。さすがに、親子連れの混んでいる中に、おじさん1人で乗る勇気はありません。阿波池田駅のみどりの窓口で「せっかく四国に来たので、乗ってみたいのだが、空いていれば座席をって欲しい」とお願いします。「たくさん空いています。大人の方も利用していますから、大丈夫ですよ」と窓口の女性が言ってくれます。そして、バースデーきっぷで発券を頼んだので「お誕生日おめでとうございます」と言って、アンパンマンの缶バッジまでいただいてしまいました。おじさんもアンパンマン好きですよ。ありがとうございます。
Sikoku20130114_46
ヘッドマークもアンパンマン仕様の「剣山8号」です。前から2両面が「ゆうゆうアンパンマンカー」です。

Sikoku20130114_47
デッキからして、もうアンパンマンの世界です。勇気を持って、客室へのドアを開けます。

Sikoku20130114_48
これが座席です。元グリーン車のゆったりした座席がならんでいます。とにかく、アンパンマンだらけです。

Sikoku20130114_49
そして、こちらが子ども遊戯スペースです。結局、この日は親子連れ1組と自分の、大人3人プラス幼児1人しかこの車両(指定席)の利用者はいませんでした。もちろん、おじさんはこのスペースに入ってはいません。脇の通路は歩きましたけど。

Sikoku20130114_50
もう暗いから必要無いけれども、日よけを下げます。ここにもアンパンマンたちのキャラクターが描かれていました。全部の日よけを下ろして、どんなキャラクターが描かれているか見てみたい衝動に駆られました。しかしながら、いくら空いていても、それはできませんでした。

この「剣山8号」乗車中に、JALからのメールが届きました。「ご予約便欠航のお知らせ」だそうです。理由は羽田空港が雪のため。どうやら、今日は帰れそうにありません。昼で高知県のへんぴな山奥にいて、明日はすました顔で出勤するというのが、予定していた行動だったのですが、どうやら無理なようです。ジタバタしても仕方なく、そのまま徳島で泊まることにしました。

チケットを早割でとっていたので、電話でしか変更が出来ません。でも、羽田が雪ということは、影響を受けた人の数が多すぎたのでしょう。20時の受付終了まで電話をかけても、まったく通じません。インターネットで見る限り、徳島からの羽田便は14時まで満席です。こうなったらしかたありません。明日1番のリムジンバスで徳島空港へ行って、直接変更を試みるしかなさそうです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(20) 

窪川駅14:01の特急「南風20号」に乗車します。やってきたのは、3両編成でした。
Sikoku20130114_41

こんどは、アンパンマン列車ではない、普通の特急仕様です。
Sikoku20130114_42
グリーン席には、100Vコンセントがありました。パソコンで旅日記をまとめたりしながらの乗車です。

土佐久礼の辺りでは、右手に太平洋が見えます。
Sikoku20130114_43
このときは、ずいぶん天気もよくなってきたなと思っていたのです。さすがに、自由席1両では岡山まで大変なのでしょう。高知で10分停車して、その間に1両自由席車両を増結しました。片運転台の車両を1両だけ増結するなんて、しっかり見に行けばよかったと後悔しました。

土佐山田を過ぎて、登り坂になります。高知県の山に入って行くのです。晴れていたそれが曇りに変わってきました。大杉を過ぎた辺りで、地面に雪が残っているようになりました。
Sikoku20130114_44

昨日は雪など無かった小歩危峡も、この日はこんな風景でした。
Sikoku20130114_45
ずっと四国の海沿いを乗ってきましたが、山間部はけっこう雪が降ったのですね。定刻16:19に阿波池田駅に到着しました。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(19) 

ホビー館バス停13:13のバスに乗って帰ります。待っていたのは、行きと同じ車両と運転士さんでした。
Sikoku20130114_36

帰りは列車の時刻もあり、打井川駅前で降ります。ここまで運賃は240円でした。土佐大正駅から乗るよりずっと安いです。
Sikoku20130114_37

夏の青春18きっぷの旅で、予土線に乗ったのは土曜日。今日乗ったホビー館へのバスは日祝日のみの運行です。月~土は運転されていません。そんなこともあり、夏の訪問はあきらめたのです。
Sikoku20130114_38
ところが、駅にこんな看板がありました。日祝日以外は、電話をすると迎えに来てくれるようです。ホビー館のウェブサイトにはそのようなことは何も書いてありませんでした。予土線を使ってきてくれた人への、特別サービスなのでしょう。次回は、これを使ってみるのもいいかなと思います。

Sikoku20130114_39
やってきた13:30の窪川行きは、キハ54の単行でした。行きのキハ32より大きな車両ですが、乗客は3人しか乗っていませんでした。

次の若井駅までの途中に、土佐くろしお鉄道との分岐点となる川奥信号所があります。そこで、行きに乗った海洋堂ホビートレインの宇和島行きと行き違いになりました。
Sikoku20130114_40
定刻13:51に窪川駅に到着しました。次に乗る特急列車まで10分ほどなので、改札を出ないでホームで待つことにしました。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(18) 

海洋堂ホビー館四万十は、館内撮影自由とのことでした。荷物もお預かりしますよとのことでしたので、カメラだけ出してバッグを預けて見学します。

造形師ごとにコーナーが出来ていました。
Sikoku20130114_31
1階にコーナーがあったのがこの方です。フィギュアといっても、けっこう大きなものなのです。

Sikoku20130114_32
写真を撮ってもよいと言われても、どの角度から撮るのが一番キレイかなど考えてしまいますよね。美少女系を撮影するときは。

個人的にいちばんスゴイなと感じたのはこの人の作品でした。
Sikoku20130114_33
お腹とか、足の部分の衣装のたるみというか余裕の感じが、テレビで見ていたままなんですよね。

Sikoku20130114_34
腰の辺りのシワが何ともいえません。

Sikoku20130114_35
胸から足にかけてが、すごくいいんです。テレビで見たいた世界が目の前にある感じです。

1時間ちょっとの滞在時間では、じっくり見切れない博物館でした。関東からでは本当に遠いです。入館券にも「へんぴな博物館」と書いてあります。館内に流れる歌も「へんぴ」を連呼しています。いすみ鉄道は「何もないがあります」が売りですが、ここは「へんぴ」が売りなんですね。リニューアルしたら、またいつか来るぞという気になってしまいました。
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(17) 

途中で海洋堂が新しく作った「かっぱ館」がありました。かなり離れているので、路線バスを利用して両館を見ようと思ったら、半日がかりになりそうです。やがて、右手にHOBBY館と書かれた建物が見えてきました。バスが停まって、ここが終点のようです。バス代は540円でした。
Sikoku20130114_26
バスの乗客は自分だけでしたが、駐車場は自家用車がたくさん停まっています。

Sikoku20130114_27
ここが「海洋堂ホビー館四万十」です。元の小学校を利用した博物館です。廃校舎を利用したとあったので、木造校舎を使った博物館かと思っていたのですが違いました。鉄筋コンクリートの体育館が博物館です。そんなに古い建物ではありません。過疎化で統合になってしまった、まだ使える建物を再利用した博物館とうことなのでしょう。ただし、耐震工事をするため明日から3月半ばまで休館です。休館前の最後の営業日なのです。

Sikoku20130114_28
館の前には、かっぱの乗り物がたくさんおいてあります。全部違う形です。木製ですが、ちゃんと動きます。

Sikoku20130114_29
ちなみに、1時間ちょっと見学して出てきたときには、薄日が差していました。(まさか関東が大雪とは思ってもいませんでした)

さあ、中に入ってみましょう。入館料は800円です。入口でかっぱ館との共通券1000円をすすめられましたが、バスなので無理ですと断って、こちらだけの券を買いました。入館券は自動券売機のペラ券ですが、入館するとカラー印刷の半券をくれるのがうれしいです。

Sikoku20130114_30
この半券とともに、パンフレットと小さな赤い袋が渡されました。袋の中身は、恐竜化石のフィギュアでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

バースデーきっぷの旅(16) 

土佐大正駅で、海洋堂ホビートレインを降ります。ホビー館へ行くバスの始発が、この土佐大正駅なのです。次の打井川からも乗れるのですが、片道は始発から乗ってみようと、ここで降りました。
Sikoku20130114_21

ホームから階段を降りると、そこが駅舎になっていました。
Sikoku20130114_22
無人駅なのですが、窓口が開いており、そこが北幡観光バスの窓口にもなっていました。

Sikoku20130114_23
駅前に停まる、北幡観光バスの学校上(ホビー館)行きに乗車します。

予土線の線路は道路の対岸を直線的に走っています。
Sikoku20130114_24
道路は川に沿ってトンネルもなく進んでいきます。予土線からは見えない沈下橋なども見ることが出来ました。

打井川駅前を過ぎると、支流が作る谷間を上っていきます。
Sikoku20130114_25
途中には、けっこうな狭隘路がありました。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

バースデーきっぷの旅(15) 

江川崎を出ると、沈下橋が次々と見えてきます。
Sikoku20130114_16
夏の青春18きっぷの旅で、サイクリングで行った長生沈下橋が見えました。

Sikoku20130114_17
ここもサイクリングで行った、中半家沈下橋が新しい半家大橋の向こうに見えます。

Sikoku20130114_18
名前はわかりません。半家~十川間にありました。

「清流しまんとトロッコ号」は十川からトロッコ車両に乗れました。そのとき、鉄道と新しい道路橋と沈下橋が接近してあるところと、紹介された場所を今回はなんとか写すことができました。
Sikoku20130114_19
本当に、線路のすぐしたあたりにあります。夏は、あまりに近すぎてわかりませんでした。

Sikoku20130114_20
これが、フルムーン夫婦グリーンパスのポスターになったと説明された沈下橋だったと思います。みんな、予土線の車窓から見えました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(14) 

予土線は西ヶ方から高知県になります。すると直に、川に沈下橋が現れます。
Sikoku20130114_11
新しい橋ができて使われなくなった、廃沈下橋ですね。

Sikoku20130114_12
こちらは、現役の沈下橋です。かなり水面に近いところに架かっています。

江川崎での9分停車でもゆっくり撮影できました。
Sikoku20130114_13
側面もフィギュアがびっしりと描かれています。

Sikoku20130114_14
左右で描かれているものが違います。

やがて交換する列車がやってきました。
Sikoku20130114_15
10:54に江川崎を発車しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(13) 

定刻の9:30に宇和島駅に到着しました。
Sikoku20130114_06
松山では撮れなかった編成での写真を撮っておきます。

宇和島からは、9:38の予土線の普通列車に乗り継ぎです。夏の青春18きっぷの旅では、北宇和島で乗り継いだ列車です。海洋堂ホビートレインを使った単行の列車でした。
Sikoku20130114_07
夏は混雑していたのですが、今日の乗客は数名しかいません。車内の様子もゆっくり撮影することができました。北宇和島に着いても、普通列車から乗り換えてくる人はいませんでした。夏のときとは大違いです。
Sikoku20130114_08
今日はフィギュアのショウケースもきれいに撮れました。

Sikoku20130114_09
乗客が少ないので、床の絵もしっかり撮影できます。これはウミガメが泳いでいるところですね。

Sikoku20130114_10
たった1両のこの車両のために作られた、カーテン生地と座席モケットです。運転期間が延長された「海洋堂ホビートレイン」。とりあえず今年の3月までは走るらしいです。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(12) 

2013年1月14日(月・祝)。今日がバースデーきっぷの旅、最終日です。松山から宇和島・高知・阿波池田と通って、徳島へ抜けます。徳島から航空機で自宅へ戻ります。乗ること以外の目的は、今日は1つだけ。昨年夏の青春18きっぷの旅で寄れなかった、「海洋堂ホビー館四万十」に行くことです。

まずは、松山8:08の特急「宇和海6号」でスタートします。
Sikoku20130114_01

宇和海の中では数少ないグリーン車連結の列車です。
Sikoku20130114_02
ちなみに、こちらは高松側の先頭(最後部)です。カレーパンマン号で普通車です。

下りはグリーン席が先頭なので、運転席(実際は助手席)越しに前が見える1A席を取っておきました。
Sikoku20130114_03
こちらが宇和島側の先頭車です。バイキンマン号だそうです。

運転席には2人乗っています。1人は指導という腕章を着けていました。天気はあいかわらず雨です。でも、助手席に指導運転士さんが座っているおかげか、助手席のワイパーが作動しているので、前の景色を眺めていくことができました。
Sikoku20130114_04

それにしても、早いです。6時に出た普通列車より2時間も遅く松山を出て、宇和島には数分早く着くのですから。とくに内子回りの新線を走っているときがすごかったです。線形もよく踏切もないからか、とにかくディーゼルカーとは思えない速度で走っていました。

その6時に出た普通列車を追い越すのが卯之町です。そこから次の停車駅伊予吉田の間に小さな峠を越えます。そのとき、ごくわずかな区間で海が見えます。
Sikoku20130114_05
見えたと思っても、すぐにトンネルにはいります。トンネルを出ると、谷の向きが違って海が見えません。ところが次のトンネルを抜けるとまた見えたりします。晴れていれば、もっと青い海に見えたはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(11) 

児島駅から再び「バースデーきっぷの旅」に戻ります。
Sikoku20130113_06
昨日、今日と訪れた児島駅ですが、最終日の明日は来る予定はありません。

Sikoku20130113_07
松山行きの特急「しおかぜ15号」に乗っていきます。

Sikoku20130113_08
今度はディーゼルカーではなく電車の特急です。4~8号車の5両編成で、グリーン席は最後部8号車でした。リニューアルされて、JR四国のブルーがほとんど使われなくなってしまいました。あのブルー塗色は、けっこう気に入っていたのですけどね。

Sikoku20130113_09
グリーン席と指定席がグレードアップされました。見た目と座り心地はよくなりましたね。でも、フットレストが小さくなって使いづらくなってしまいました。それから、テーブルが滑りやすくなったような気がします。景色を楽しんだり、うとうとしたりしながらの2時間半でした。

Sikoku20130113_10
石鎚山駅で運転停車して、上りの「しおかぜ」と行き違いです。グリーン席のある先頭車はこんな形をしています。ミニ新幹線みたいです。JR他社の特急にはない先頭形状なので、なかなか目をひきます。

今治の少し手前から雨になりました。松山は当然雨でした。伊予鉄道の市内線に乗って道後温泉へでもと考えていたのですが、傘を差して雨に濡れながら行くのがおっくうになってしまいました。結局、部屋にこもってブログ更新して2日目の夜は終わってしまいました。明日の最終日は、終日雨のようです。残念だなぁ。それよりも、帰りの飛行機、ちゃんと飛ぶかな。
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

日本の鉄道完乗への旅(6) 

三菱自工前駅に戻ってきました。次の倉敷市駅行きは1:07です。分ほど前にやってきました。
Kanjo20130113_26
ほかに乗客はいません。貸切で三菱自工前駅を発車しました。水島からは、そこそこ乗車がありました。

Kanjo20130113_27
帰りもやはり弥生駅で交換がありました。

Kanjo20130113_28
帰りは途中の浦田駅で降りました。

Kanjo20130113_29
駅前には、下電バスのバス停があります。こちらの系統は1時間に1本と少ないですが、時間が合えば所用時間も運賃もこちらの方がよいです。ちなみに640円でした。児島駅前の路線図には、浦田駅前バス停と浦田駅に「水島方面接続」と書かれていました。

13:35のバスが3分ほど遅れてやってきました。
Kanjo20130113_30
このバスに乗って、JR西日本の児島駅へ向かいます。再び「バースデーきっぷの旅」に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の鉄道完乗への旅(5) 

さらに先に進むと、キハ20がいました。
Kanjo20130113_21
全部で4両いるはずなのですが、3両しか姿が見えませんでした。

Kanjo20130113_22
水島臨海鉄道一般色の204号です。

Kanjo20130113_23
旧国鉄色の203号です。

Kanjo20130113_24
後ろに隠れてよく見えないのは、どうやら20号のようです。

さらに奥には、部品取り用なのか、JR四国色のキハ20が停まっていました。
Kanjo20130113_25_2
12:45くらいまで、ここにいていろいろな写真を撮りました。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の鉄道完乗への旅(4) 

倉敷市行きは13:07まで1時間弱ありません。そこで、車庫のある倉敷ターミナル駅まで歩いて行きます。あそこへ行けば、平日朝しか動かないキハ20が停まっているはずです。
Kanjo20130113_16
10分ほど歩くと、車両が近くに見えてきました。

Kanjo20130113_17
ドアが閉まっているので、ひまわりの絵がよくわかります。

Kanjo20130113_18
ボロボロになったディーゼル機関車が停まっています。これはJRの文字があります。JR貨物の機関車がここで朽ちているのでしょうか。

Kanjo20130113_19
こちらのDD50というのは、水島臨海鉄道のオリジナル形式でしょうか。機関車のことは詳しくありません。

Kanjo20130113_20
ひまわりではない、一般塗色の車両も、あと1両車庫で休んでいました。お目当てのキハ20は、さらに奥に停まっているようです。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の鉄道完乗への旅(3) 

三菱自工前行きがやってきました。今度は305号です。
Kanjo20130113_11
みんな降りてしまい、車内の乗客は自分だけです。「貸切列車」で日本の鉄道完乗することになりました。同行者も祝福してくれる人もいないのはちょっと寂しいですが、まあこんな駅で完乗する自分が悪いのでしょう。

Kanjo20130113_12
12:08に水島駅を発車しました。一番右側の線路に入っていきます。カーブの連続ですが、途中でちらりと海が見えました。

Kanjo20130113_13
右側に単線のホームが見えてきました。これが三菱自工前駅のようです。

Kanjo20130113_14
12:11に三菱自工前駅に到着です。自分を下ろすと、列車はドアを閉めてもっと先へと回送されていきました。

Kanjo20130113_15
ついに来ました、三菱自工前駅です。これで、日本の鉄道完乗です。ホームのベンチで、水島で買ってきた鳥弁当とお茶で、ひとり完乗祝いにします。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の鉄道完乗への旅(2) 

水島行きのディーゼルカーは、定刻11:25に倉敷市駅を発車しました。29年ぶりということで、景色もほとんど記憶にありません。高架の西富井駅は、29年前に写真を撮ったときと、ホームなどは変わっていないようでした。ここで、交換がありました。

浦田駅を過ぎると、線路が高架になりました。29年前に沿線を歩いて撮影したのは、栄から水島にかけてだったのでしょう。高架から見ていると、かつては側線があったであろう空き地が目に入りました。

途中の弥生でも交換がありました。
Kanjo20130113_06
列車本数が30分に1本と増えたこともありますが、途中2回も交換があるとは思ってもいませんでした。昔は朝を除いて1本の列車が行ったり来たりしているだけだったのですがね。

定刻11:49にこの列車の終点、水島駅に到着しました。
Kanjo20130113_07
ここも無人駅扱いで、運賃箱へきっぷを入れて降りる駅でした。乗客を降ろすと、さらに先へと回送されていきました。

さて、ここで何か昼食を仕入れないと、三菱自工前駅は何もない駅らしいですから。ところが、店が見当たりません。その代わり、駅近くの広場でフリーマーケットをやっているようです。「やきいも」という幟も見えますから、弁当もあるかもしれません。行ってみると、食べ物もいろいろとありました。その中でもおいしそうだった、手羽先の店がやっている鳥弁当(500円)を買いました。

Kanjo20130113_08
で温かいお茶と、三菱自工前駅まで180円の乗車券を自動券売機で買って、ホームへ上がります。ホームにはすでに列車がいました。
Kanjo20130113_09
さっき降りたホームにいるから、これが当然乗車列車だと思ったのですが、よく見ると倉敷市行きでした。

Kanjo20130113_10
あとひと駅、三菱自工前駅まで乗れば、日本の鉄道完乗です。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の鉄道完乗への旅(1) 

2013年1月13日(日)。私、本日で現在日本国内で旅客営業している鉄道(ロープウェイ、リフト等の索道を除く)に、すべて乗り終えます。最後に残ったのが、水島臨海鉄道の水島~三菱自工前間です。

児島駅1:25の倉敷駅行き下電バスに乗車します。
Kanjo20130113_01
2人掛けのハイバックシートが並ぶ、前中ドアのバスでした。これが横から見ると、また違ったデザインになっています。
Kanjo20130113_02
ジーンズの街児島をイメージした、ジーンズ塗色になっているのでした。

定刻に児島駅を発車して、倉敷駅には11:10の到着予定のところ、6分ほど遅れての到着となりました。運賃は710円でした。水島臨海鉄道は、倉敷駅から少し離れた倉敷市駅がのりばです。案内に従って歩いて行きます。ここは、29年前に来たときと同じ場所です。11:25の列車は途中の水島止まりです。水島までの乗車券を買ってホームに入りました。
Kanjo20130113_03

待っていたのはMRT300形と呼ばれる軽快形ディーゼルカーです。休日だから単行でした。
Kanjo20130113_04
水色の地にひまわりが描かれた303号が待っていました。

Kanjo20130113_05
車内は、ボックス席とロングシートがちどり配置になっていました。空いていることもあって、進行方向右側のボックス席に座っていきました。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(10) 

2013年1月13日(日)。今日は、水島臨海鉄道で日本の鉄道に完乗してから、松山へと向かいます。天気は大荒れということだったのですが、朝の高知は薄曇りといった状態でした。

はりまや橋電停から高知駅前まで土電に乗っていきます。昨日は乗れなかった新車がやってきました。
Sikoku20130113_01

高知からは、8:01の特急「南風6号」の乗って児島を目指します。
Sikoku20130113_02

やってきたのは、4両全部がアンパンマン塗色の列車でした。
Sikoku20130113_03

今日は進行方向右側の1人掛けC席を取ってあります。昨日とは反対側の景色を眺めながら走っていきます。
Sikoku20130113_04

宇多津で前に徳島からの特急「うずしお」を連結します。これに少し時間がかかったようで、児島到着が5分ほど遅れました。
Sikoku20130113_05
乗車予定のバスが11:25なので、急いで改札を抜けます。昨日、コインロッカーの場所も確認してあるので、大きな荷物を収めて、身軽になって倉敷へと向かいます。いよいよ日本の鉄道完乗の旅になります。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(9) 

高知駅前からはりまや橋に着き、ごめん方面の電車に乗ったのが17:15のことでした。入庫系統は文珠通を17:21ですから、この電車から乗り換えるには、20分を過ぎたあたりの電停で降りて待ち構えるのが良さそうです。けっきょく、知寄町二丁目電停で降りて、やってくる入庫系統を待ちました。電停の時刻を確認すると、17:29が桟橋車庫行きになっています。ギリギリまにあいました。
Sikoku20130112_41
この17:29は低床電車の入庫です。土電の低床電車に乗るのは、これが初めてです。

Sikoku20130112_42
デンテツターミナルビル前電停で、2人を残してみんな降りてしまいました。最後部の席に座って、左折線を走るところを撮影しました。

Sikoku20130112_43
低床電車の車内です。床は低いですが、その低い位置にある座席は少ないです。座席は一段高くなっているところが多いです。

終点の桟橋車庫で乗客を降ろすと、そのまま少し前へ進みます。運転士さんはエンド交換して、渡り線を通って、いったんはりまや橋方面へ走っていきます。
Sikoku20130112_44

再びエンド交換をして、車庫へと道路を横断していきます。
Sikoku20130112_45
こんな状態なので、出庫便はバックして桟橋車庫電停に寄ることはなく、そのまま次の桟橋通四丁目から客扱いをするようです。

とんだちょんぼがあったので、今日はこれくらいにしてホテルに戻ることにしました。それでも、はりまや橋南側の渡り線と、駅前からごめん方面への左折線以外は乗ることができたので、満足しています。市内部分だけとはいえ、1日乗車券の発売額以上には乗りましたから。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(8) 

はりまや橋でのポルトガル電車の撮影を終えて、再び路面電車で高知駅へ行きました。ここから、JRで伊野行って、土電の伊野から文珠通まで乗ろうという計画です。伊野方面は単線スタフ閉塞のある路面電車です。道路の中央よりも偏って線路が敷かれているので、正面から来る車が電車をよけながら走るという、ちょっと怖い路線でもあります。

高知15:44の南風11号に乗れば伊野着は15:57だから、土電の伊野16:16には十分間に合います。これに乗って文珠通まで行くと、文珠通から桟橋車庫への入庫系統に間に合うのです。発車10分ほど前にみどりの窓口に行って、グリーン券を発行してもらいました。短距離のを発券してもらうのは少々気が引けましたが、混雑する自由席を占拠するよりはいいでしょう。3両編成だそうですから。
Sikoku20130112_36
実際に乗っていると、グリーン席18席には、誰も座ってません。なんと貸切状態でした。指定されたのはC席です。南側なので、西日が当たってまぶしいです。暖かくて気持ちよくなってしまいます。朝倉駅に停まったのは覚えているのですが、次に目覚めたのは、伊野を発車したところでした。「次の停車駅は佐川です」。みごとに寝過ごしです。

でも、ここで起きてよかった。佐川ならば15分ほど待つと高知方面の特急があります。佐川を寝過ごすと須崎まで停まりませんから。
Sikoku20130112_37
佐川駅で、むなしく南風11号を見送ります。時刻表を調べると、上りの南風24号の高知到着は17:00です。これなら、何とか入庫系統には乗れそうです。でも、伊野から乗車するのは、もう外は暗くなるしあきらめるしかなさそうです。せっかく全線用の1日乗車券を買ったのに、けっきょく高知市内しか乗らないことになりそうです。

Sikoku20130112_38
かつては、松山高知急行線という国鉄バスが走っていた佐川駅。「なんごく号」というバス指定券が必要な路線に、何回か乗ったことがあるのですが、高速バス全盛の今では、JRバスも撤退してしまいました。かつての国鉄~JRバス路線を引き継いだ黒岩観光の路線バスが駅前に停まっていました。

Sikoku20130112_39
「南風24号」がやってきました。今朝、児島から乗った中村行きの折り返しです。まったく同じ車両に乗って、高知へと戻ります。今度は寝過ごすわけにはいきません。

Sikoku20130112_40
今朝と同じ、アンパンマンのグリーン席で高知に戻りました。これから入庫系統に乗るべく、駅前の路面電車乗り場へと急ぎました。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(7) 

ポルトガル電車が、枡形から高知駅前行きになって折り返してきました。
Sikoku20130112_31

乗客が誰もいませんでした。これ幸いと、室内風景を撮りました。
Sikoku20130112_32
こんなふうに、ゆったりとした転換クロスシートが並んでいます。窓には横引きカーテンで、天井の照明も電球になっています。はりまや橋からは少しお客さんが乗ってきました。

Sikoku20130112_33
高知駅前に到着です。15:00の発車まで、またしばらく撮影用に展示されます。その間に、普通の電車ではりまや橋まで行きます。予約したホテルに荷物を置いて、15:00のポルトガル電車が右折線を走るところを撮影します。

Sikoku20130112_34
本日、最後の運行になるポルトガル電車の枡形行きがやってきました。

Sikoku20130112_35
右折線を通って、目の前を走っていきます。軽トラとかぶってしまったのが残念ですが、先頭にダミーのポールを付けているのがよくわかります。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(6) 

ポルトガル電車の枡形行きに載っていきます。
Sikoku20130112_26
オープン仕様ではありませんが、デッキと客室が分かれている造りです。ただし、デッキドアは開いた状態で固定されていました。とにかく木がふんだんに使われていて、他の電車とはまったく雰囲気が違います。

Sikoku20130112_27
室内はゆったりした転換クロスシートです。これも、転換しないように片方向に固定されていましたが、ゆったり感はばつぐんです。日よけもおしゃれに横引きカーテンがついています。

Sikoku20130112_28
車内には、この車両の履歴が貼られていました。

Sikoku20130112_29
案内に、高知駅前から乗車した人限定で、乗車証明書が配られるとありました。しっかりいただきました。外国電車は3両あります。各1000枚だそうです。昨年の11月3日から配り始めて、これが300番台ですから、ゴールデンウィークくらいまでは配布があるかもしれませんね。

はりまや橋では、唯一の右折線を通って、直接伊野方面へ入ります。終点の枡形は先ほど降りてみて、ホームの移動に交差点の横断歩道を3回渡らなければならないことがわかりました。この電車の折り返し時間は3分です。乗車するとき「折り返し時間に、横断歩道を渡って移動して間に合いますかね」とたずねると、「きびしいと思いますよ」という回答でした。そこで、枡形の1つ手前のグランド電停で降りることにしました。
Sikoku20130112_30
グランド通電停から走り去るポルトガル電車を撮ります。枡形電停は、すぐそこに見えています。折り返しの高知駅行きに乗るべく、横断歩道を3回渡ってのりばを移動しました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(5) 

先ほどの電車を桟橋通四丁目で降ります。入庫系統は桟橋車庫行きなのですが、出庫系統は1つ隣の桟橋通四丁目始発なのです。次に乗るのは、桟橋通四丁目13:09のごめん方面文珠通行きです。
Sikoku20130112_21
やってきました。ここ始発のはずですが、車内には便乗の運転士さんがすでに乗っていました。さて、はりまや橋にはごめん方面への右折線はありません。どうやってごめん方面へ行くのでしょう。
Sikoku20130112_22
いったん左折して伊野方面へ向かいます。伊野方面の電停は停まらずに、渡り線の先まで行って停まりました。運転士さんはエンド交換をします。車内が混んでいるので、後ろへ行けません。一番前から撮ります。
Sikoku20130112_23
渡り線を渡って、ごめん方面の乗り場に停まりました。すると「駅前方面と間違えて乗りました」と言って、ほとんどの人が降りていってしまいました。渡り線乗車が終わったので、自分も降りてもよかったのですが、やはり少しごめん方面へ乗りましょう。菜園場町電停まで乗りました。その後、トデンターミナル前電停からはりまや橋電停への乗り換えで、高知駅前へと向かいました。この時間は、外国製電車の撮影タイムとして、長時間停車があると書いてあったからです。

Sikoku20130112_24
ちょうどアンパンマン特急が停まっているところに、ポルトガル電車がいます。

Sikoku20130112_25
電車だけアップです。これに乗って、またはりまや橋の右折線と左折線に乗りましょう。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(4) 

アンパンマン電車が走っていきます。やっぱり高知ですね。
Sikoku20130112_16

次に乗るのは、枡形12:36の桟橋車庫行きの入庫系統です。
Sikoku20130112_17
はりまや橋でほとんどの人が降りてしまい、乗客は2人だけになってしまいました。伊野方面から桟橋車庫方面への右折線はありません。どうやって向かうのでしょうか。

Sikoku20130112_18
まずは左折線に入り、いったん高知駅前方面へ向かいました。その先にある渡り線の先でストップです。運転士さんはエンド交換をします。自分も後ろの座席に移動しいました。
Sikoku20130112_19
渡し線を渡って、南へと進んでいきます。交差点を渡ると、桟橋車庫方面のはりまや橋電停があります。2回目のはりまや橋電停停車です。

土休日は、高知駅前~枡形の運用に外国製電車を使用しているという案内が車内に張ってありました。それによと、桟橋車庫を12:40に出庫して高知駅前へ向かうとのこと。そろそろやってくるはずです。
Sikoku20130112_20
はりまや橋の少し先ですれ違いました。どうやら今日はポルトガル電車です。個人的には、奇妙な流線型のノルウェー電車に乗りたかったのですけど。後で、あの系統にも乗りに行きましょう。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

バースデーきっぷの旅(3) 

今日の目的の1つは、JR高知駅の高架化とともに、土佐電気鉄道の高知駅前停留所がJRの駅の方へ延長されました。この延長区間にまだ乗っていないので、ここを乗っておきたかったのです。

Sikoku20130112_11
運転士さんから、全線有効1日乗車券を購入します。800円です。高知市内のみ有効の1日乗車券は、もっと安いです。

Sikoku20130112_12
高知駅前から桟橋通五丁目行きに乗車します。これで、延伸部分は乗車終了です。でも、それだけではつまらないので、はりまや橋停留所の交差点にある渡り線を乗車します。メインの運行系統は、東西と南北なのですが、車庫が南側の桟橋車庫しかないため、入出庫系統があります。それから、高知城や県庁への利便を考えて、高知駅前と枡形を結ぶ系統が約1時間に1本運転されています。

はりまや橋駅の線路は、左折線がすべての線路にあります。定期運行のある高知駅前から枡形(伊野方面)のみ右折線もあります。

Sikoku20130112_13
ところが、伊野方面からの入庫と、ごめん方面への出庫は右折になるにもかかわらず右折線がありません。また、はりまや橋の電停は4ヶ所しかなく、できるだけ本来の行き先の電停に
停まるようにしているようで、なかなか複雑な運転経路をとっていました。ちなみに、定期運行のない、高知駅前からごめん方面への左折線以外は乗ることができました。

高知駅から乗った電車を、桟橋通三丁目で降りました。本当は四丁目まで乗りたかったのですが、ちょっと遅れていたので時間的に厳しく1つ手前で降りたのです。

Sikoku20130112_14
桟橋車庫から出庫した電車は、桟橋通四丁目始発で運転されます。やってきたのは、桟橋通三丁目12:02の伊野方面の鏡川橋行きです。これに乗って、はりまや橋の桟橋車庫方面から伊野方面への左折線を乗車しました。枡形まで乗って、降りることにしました。

何かコンビニでもないかなと電停周辺を歩きますが、スーパーはありましたがコンビニはありません。ふと、ちいさな和菓子屋さんみたいなお店があり、巨大などらやきを売っていました。厚みはないのですが、とにかく大きいです。
Sikoku20130112_15_2
1個85円でした。あんことバタークリームだかがあると言われましたが、やっぱりあんこを買いました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(2) 

高松では9分接続の、岡山行き快速「マリンライナー14号」に乗車します。これは、徳島駅でグリーン券を発券してもらいました。パノラマ席を狙ったのですが、そちらは満席でした。2階席に座っていきます。
Sikoku20130112_06
1号車側だけ、ヘッドマークが付いていました。

Sikoku20130112_07
瀬戸大橋からの景色を楽しんで、児島で降りました。バースデーきっぷが有効なのは、JR四国と西日本の境界駅である児島までです。

児島からは、9:16の特急「南風3号」に乗って高知を目指します。
Sikoku20130112_08
時刻表に「アンパンマン列車」とありましたが、「南風ANPANMAN」と書かれた、派手な編成の列車がやってきました。左側の一般と比べるとまるで別の車両のようです。

Sikoku20130112_09
もちろん、グリーン席を発券してもらっています。JR四国の特急のグリーン席は、片側1列、片側2列のゆったりした作りになっています。

Sikoku20130112_10
山深い景色を眺めながら、定刻11:29に高知に到着となりました。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデーきっぷの旅(1) 

2013年1月12日(土)。泊まっていたホテルを6時40分にチェックアウトして徳島駅に向かいました。みどりの口で「バースデーきっぷ」を買います。免許証を見せて、今日から使用開始の券を買いました。
Sikoku20130112_01
1万円で3日間、JR四国と土佐くろしお鉄道が乗り放題です。グリーン車や指定席も無料で発行してもらえます。唯一ダメなのが「サンライズ瀬戸」ですけど、これに乗る予定はないので大丈夫です。

まずは、徳島7:00の特急「うずしお4号」に乗っていきます。
Sikoku20130112_02
平日は5両編成、土休日でも4両編成という、高徳線では長い編成です。オール普通車で、指定席は1号車の4列16席しかありません。ほとんどが自由席なので、この列車は自由席にしました。

Sikoku20130112_03
徳島駅で買った駅弁を車内で朝食にします。12月の青春18きっぷ買い出しの時に、牛と鳥の両方が入ったのを買いました。今日も、牛だけ、鳥だけ、両方の3種類を売っていましたが、12月に食べて、やっぱり牛の方がいいなと思ったので、今日は牛だけの弁当にしました。

Sikoku20130112_04
一緒に買ったお茶は、JR四国キヨスク限定の「八十八茶」。昔、JR九州で売っていた二十四茶みたいに、いろいろなものが入っているのかと思いましたが、緑茶でした。

JR四国のN2000系ディーゼルカーは、本当に力強い走りでした。国鉄型のキハが、あえぎながら登る県境の峠も、ぐいぐいと登っていきました。

Sikoku20130112_05
定刻の8:13に高松駅3番線に到着しました。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島へ(2) 

関空からはバスで徳島へ向かいます。
Tokusima20130111_06
21:20の徳島行き最終便に乗車します。徳島まで4000円です。

Tokusima20130111_07
最終便の担当は、南海バスでした。乗客は20人弱といったところ。けっこう乗っています。

Tokusima20130111_08
明石海峡大橋を渡って淡路島に入ります。大鳴門橋は、ライトアップが終わっていて、写真になりませんでした。

最終便のみが停車する八百屋町で降りると、予約しておいたホテルの近くでした。明日は早いです。これで寝ましょう。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

徳島へ(1) 

2013年1月11日(金)。今日は午後から千葉で会議です。会議が終わって、急いで東千葉駅へ歩きます。
Tokusima20130111_01
快速も止まらないこの駅を利用するのは、実は千葉県に住んでいながら初めてです。

Tokusima20130111_02
東千葉16:23の普通列車成田空港行きに乗車します。数少ない、普通列車の成田空港行きです。成田を過ぎるとガラガラになりました。

Tokusima20130111_03
次は空港第ビルです。ここで降ります。

Tokusima20130111_04
乗ってきた電車を見送ります。209系の6両編成でした。

今日は、まずジェットスターGK107便で関空に飛びます。12月1日に予約してあった便が運休になりました。そのお詫びで8000円のバウチャーがメールされてきました。そのバウチャーを使って、実質0円でのフライトになりました。

ドアが閉まってから、成田空港の地上を20分走りました。関空上空に来て、滑走路が1本しか使用できないとのことでしばらく飛んで、降りてからも10分地上を走ってボーディングブリッジにつきました。降りたのは、結局19:50でした。

これから、21:20の徳島行き最終リムジンバスに乗って徳島へ向かいます。明日から3日間、グリーン車乗り放題の「バースデーきっぷ」を使って四国と、水島臨海鉄道へ行きます。

関空ロビーから送信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

支社版フレーム切手 

本日は1件のリリースが出ました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月10日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

天然記念物「岩国のシロヘビ」
販売日 2013年1月18日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 岩国市、光市、柳井市、上関町、田布施町、平生町、周防大島町、和木町の全88局と三丘局、熊毛局の計90局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

日本の鉄道 完乗予告 

私事ではございますが、2013年1月13日(日)に水島臨海鉄道の三菱自工前駅において、日本の鉄道に完乗の予定です。当は、水島12:08の列車に乗車して、わずか3分12:11に三菱自工前駅に到着して、旅客営業している鉄道に完乗となる予定です。

ちなみに、当方の乗車路線は次の通りです。
 国鉄・JR各線
 私鉄、公営交通各線(軌道線を含む)
 第三セクター各線(軌道線を含む)
 モノレール(懸垂式、
座式)各線
 新交通システム各線
 鋼索鉄道各線
 無軌条鉄道(ガイドウェイバスを含む)各線
となっております。つまり、ロープウェイ、リフト以外の旅客鉄道は全部乗ろうとうことです。

水島臨海鉄道の乗りに行ったのは、実に1984年1月のことです。もう29年もごぶさたなんですね。岡山・倉敷ミニ周遊券を手に、終焉間近だった別府鉄道に、岡山臨港鉄道、水島臨海鉄道の3私鉄を訪れる旅でした。たしか、帰りは座席の臨時急行「銀河」(14系客車だったな)で帰ってきたと思います。

Mizusima198401_01
当時は国鉄の10系ディーゼルカーの中古が使われていました。

Mizusima198401_02
当時は一眼レフカメラで撮影していたので、乗ることよりも撮ることが楽しみでした。

Mizusima198401_03
朝、2回だけあった西富井駅の交換風景を撮りに行きました。

Mizusima198401_04
当時はカメラ2台持ちで、カラーと白黒を撮っていました。この頃は、三菱自工前まで運転されていたのは、朝夕の4往復のみ。これが乗り残してしまった原因です。

Mizusima198401_05
西富井駅の交換です。高架駅に10系ディーゼルカーという、ミスマッチな風景が撮りたくて、この駅へ行った記憶があります。

その後、20系ディーゼルカーに変わり、今ではMRT300形という軽快形のディーゼルカーになっているということ。それに乗って、いよいよ完乗ということになりそうです。
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

支社版フレーム切手 

本日は2件のリリースが出ました。南会津以外は郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月8日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

第69回熱海梅園梅まつり
販売日 2013年1月12日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 熱海局のみ

シートはブルーです。


1月8日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。 

心のふるさと 奥会津 今も これからも・・・
販売日 2013年1月15日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 西会津町、柳津町、三島町、金山町、昭和村、檜枝岐村、只見町、南会津町内の計27局

シートはグリーン(50円)です。売価1000円です。1月25日から「郵便局のネットショップ」での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

支社版フレーム切手 

本日は1件のリリースが出ました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月7日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

仙臺 杜の都めぐり 
販売日 2013年1月21日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 仙台市青葉区(作並局、愛子局、大沢局、熊ヶ根局、仙台栗生局を除く)・宮城野区・若林区・太白区内の計106局

シートはグリーン(50円)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道完乗を前に(3) 

逗子から横須賀線に乗って横浜へ行きます。そこから、横浜線直通の快速八王子行きに乗って、菊名で降りました。ここで、東急に乗り換えです。そして、東急日吉から目黒線に乗車します。
Meguro20130106_01
目蒲線が目黒線、多摩川線になってから、目黒~多摩川間(旧目蒲線部分)は乗っているのですが、多摩川~日吉は東横線しか乗っていなかったと思います。同じだからいいかとも思ったのですが、運転方式(ワンマンかツーマンか)も違いますし、完全別線ということで、乗っておけば完乗タイトルも完璧になるでしょう。
Meguro20130106_02
乗車したのは、東京メトロ南北線の車両でした。東急の車両じゃないですが、まあいいでしょう。

目黒で降りて、昼食をとって百均で買い物をしたら、東98の東京行きバス停が近くでした。あと4分で来るので、久しぶりに東京タワーでも眺めながら東京まで行こうと、バスに乗ることにしました。
Meguro20130106_03
駒沢で旅行取扱管理者試験を受けた帰りに乗った、等々力と東京駅を結ぶ系統です。あの時は空いていたのですが、今日は混雑していました。前方の方に立って、東京タワーを眺めながら行きました。

東京中央郵便局の前では、臨時売店を出して年賀ハガキと東京駅の支社版フレーム切手を売っていました。まだ買っていなかったので(というか、これを買うために電車より郵便局に近いバスに乗ったのだけど)1枚買ってきました。
Tokyotyuo20130106_04
まだ、時間的には早いですが、東京14:00の「わかしお」で帰路につきました。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

鉄道完乗を前に(2) 

武蔵野貨物線はトンネルの連続です。最後のトンネルを出ると、そこは新鶴見駅構内です。そのまま貨物線を行き、鶴見駅(といってもホームのない貨物線)で停車です。
Kamakura20130106_06
下り特急「踊り子」が行き過ぎた後で、鶴見駅を発車しました。ポイントをガタンガタンと渡って、貨物線から旅客線へと入って行きました。

東海道線の走行は、戸塚駅まででした。戸塚駅を出ると、ポイントを渡って隣の横須賀線へ入りました。
Kamakura20130106_07
横須賀線から東海道線に転線する列車は、湘南新宿ラインを始め、たくさんあります。しかし、その逆の東海道線から横須賀線へ転線する列車は、ほとんどなかったずです。

快速のヘッドマークが撮りたくて、北鎌倉で下車しました。終点まで乗って撮ろうとすると、すでに「回送」表示になっていることが多いですからね。
Kamakura20130106_08

Kamakura20130106_09

その後の横須賀線で逗子まで行きました。鎌倉で乗客を降ろした後、逗子の側線まで回送され
たようです。
Kamakura20130106_10
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道完乗を前に(1) 

この週末の三連休に、日本の鉄道完乗をしようと計画しています。昨年の秋から、残っていた区間に乗りに行きました。あと残っているのは、水島臨海鉄道の水島~三菱自工前間だけです。1月13日(日)の午後、早い時間に乗る予定を立てています。

その前に、乗ってはあるのだけれどもすっきりさせるために、もう一度乗っておきたい区間があります。その1つに今日は乗りに行きました。

2013年1月日(日)。今日は、完乗対象外ではあるけれども、努力目標の貨物線乗車と、別線化されたので、しっかり乗っておきたい東急目黒線に乗りに行きました。

自宅を5:20頃自家用車で出発して、上総一ノ宮駅近くのコインパークに停めます。上総一ノ宮5:47の普通列車でスタートです。蘇我で京葉線普通列車に乗り換えて南船橋へ。南船橋6:58の府中本町行きに乗って、南越谷に着いたのが7:33でした。

今日の、最初の目的はこれに乗ることです。
Kamakura20130106_01
「ホリデー快速鎌倉号」です。昨夏から183系を使用した豪華快速になりました。最後部1号車が指定席とのことで、3号車の乗車位置で待ちました。
Kamakura20130106_02

前の電車が7:54でしたから、発車後すぐに来るのかと思っていました。しかし、入線は発車2分前くらいでした。思ったより乗客は少なく、すぐに降りるのか入口近くの席に座っている人が多かったです。

Kamakura20130106_03
埼玉県内から見えた富士山です。

Kamakura20130106_04
府中本町を通過して、多摩川の鉄橋を渡るときに見えた富士山です。ここから先は、普段旅客列車が走らないむさし野貨物線を走ります。

Kamakura20130106_05
京王相模原線の線路を跨ぎます。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山梨へ(6) 

河口湖にあるのですから、富士山はよく見えました。
Yamanashi20130105_26
でも、絶叫マシンに乗っていては、目を開ける余裕がなく富士山を眺めることは出来ません。少なくとも自分には。

さあ、そろそろ時間です。帰りましょう。
Yamanashi20130105_27
16:04の「ホリデー快速河口湖号」に乗って帰ります。

Yamanashi20130105_28
臨時列車ですが、ちゃんと乗車案内がありました。

Yamanashi20130105_29
富士急ハイランド駅では6両全部のドアが開きました。
先頭の6号車が指定席でした。

Yamanashi20130105_30
富士山駅で、進行方向が変わるので2分停車です。急いでホームに降りて撮影しました。方向幕は、愛称板の指定席・自由席と同様に、緑と青で指定席・自由席が区分けされていました。

この「ホリデー快速河口湖号」に乗って新宿まで行きました。そこから山手線で品川へ出て、駅ナカでちょっと早めの夕食です。その後、19:47の外房線直通快速で帰路につきました。絶叫マシン初体験でしたが、それは置いといて、富士急行はなかなか楽しい電車が多くて、また行きたいと思いました。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山梨へ(5) 

富士急ハイランド駅を降りると、すぐに富士急ハイランドの入場券売り場がありました。同僚は迷いもなくパスポートを買いますが、自分は入園券を買いました。ささやかな抵抗です。
Yamanashi20130105_21
まあ、入園券でも施設利用券をその都度買えばいいのです。あえて乗りたくないものには、お金を払わなくていいのですから。ちなみにパスポートと入園券の差は3700円です。今からなら5時間半しかありませんから、そんなに乗れるかなぁ。

同僚は「先輩、鉄道完乗するっていうんなら、こういうのも乗っておかないと」としつこく誘います。そこで、「ちゃんと車両形になっているもので、線路があるかモノレール式にぶら下がっているものなら考える」と答えます。イスだけが空中に飛び出しているのは、もってのほかです。ええじゃないかなんて、ぜったい無理です。

フジヤマくらいなら妥協しようかと思ったのですが、こっちがいいということで、時速172キロのドドンパの列に並びました。1時間待ちだそうです。
Yamanashi20130105_22
館内にはこんな垂れ幕がありました。たしかに、ありました。

時速172キロはスタート直後だけ。少しずつ速度は落ちます。でもね、垂直上昇して、垂直下降ですよ。さすがに下降時は目が開けられませんでした。口は開いちゃいましたが。無事に生きて下車しました。

昼飯は、園内のフードコートのロッテリアです。
Yamanashi20130105_23
園内限定の富士山バーガーです。パテ2枚に半熟目玉焼き、レタスが挟んであります。このフードコートからは、高飛車というのが見えます。最大落下角度121度とか書いてありました。直角+31度ですね。真下から31度分だけ、裏返りながら落ちるのです。

Yamanashi20130105_24
フードコートから見た高飛車です。1台だけあるエヴァンゲリオン塗色のゴンドラです。左側がその最大落下角度の裏返っている部分です。
Yamanashi20130105_25
その裏返っている部分を、エヴァンゲリオン塗色のゴンドラが降りてきました。これは、見るだけで十分です。ぜったいに乗りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山梨へ(4) 

行き違う列車ばかり見ていたわけではありません。ちゃんと景色も眺めていました。

Yamanashi20130105_16
リニア新幹線の山梨実験線です。

Yamanashi20130105_17
富士山駅停車中に見えた富士山です。左から雲が迫っているのですが、なんとか山頂まで見えました。

Yamanashi20130105_18
その富士山駅のホームには、富士山を眺めるイスが用意されています。フジサン特急から降りた乗客が、さっそく座って富士山を眺めていました。

Yamanashi20130105_19
なにやら異様なものが見えてきました。あの赤いの線路みたいですが、垂直になっています。「先輩、あれは鉄道の種ですよね」と若い同僚がいいますが、決して鉄道ではありません。自分の乗車対象外です。

なんだかんだ言いつつ、富士急ハイランド駅に着いてしまました。この駅で下車するのは、これが初めてです。縁の無かった駅なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山梨へ(3) 

10:43の「フジサン特急」が大月駅を発車しました。いろいろな列車とすれ違いました。後ろ向きとはいえ、展望席から眺めるのは、やっぱり楽しいです。
Yamanashi20130105_11
富士登山電車とすれ違いました。

Yamanashi20130105_12
トーマス電車ともすれ違いました。最近出番が少ないようなので、タイミングよく出会えるとは思っていませんでした。

Yamanashi20130105_13
1日1本の115系JR直通電車です。これ以外はE233系が乗り入れています。3月改正で、この1本もE233系になってしまうとかいう噂もありますが、どうなのでしょうか。

Yamanashi20130105_14
下吉田で行き違ったのは、もう1本のフジサン特急編成です。あちらは、富士山駅側が展望席です。あっちだったら、もっと楽しかったのですけど。

Yamanashi20130105_15
富士山駅では、エヴァンゲリオン電車と行き違いました。ホームを挟んでなので、あまりよく撮れませんでしたが。

こんな楽しい思いが出来たのは、同僚が寝坊して「ホリデー快速河口湖1号」に乗り遅れたおかげです。富士急ハイランド駅到着は、ホリデー快速より約1時間遅くなりました。同僚は遊ぶ時間が短くなって残念だったみたいですが、それはまあ自業自得ということで。こちらは、この行程の方が楽しめました。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

山梨へ(2) 

メニューはいろいろありますが、やっぱり「吉田うどん」を注文します。
Yamanashi20130105_06
何といったか忘れましたが、あの唐辛子をすったのが、何とも辛くておいしいのです。

富士急の駅へ戻ると、普通列車が到着していました。
Yamanashi20130105_07
元京葉線の20系だった6000形電車です。なつかしいなぁ。ついこの間まで、千葉を走っていたのですもの。

Yamanashi20130105_08
このフジサン特急の先頭は3号車です。普通の顔をしています。最後部1号車だけが、別料金100円かかります。

Yamanashi20130105_10
ちなみに、車内改札印にもふじさんたちの顔が入っているとは知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山梨へ(1) 

2013年1月5日(土)。今日は、非鉄の若い同僚と青春18きっぷの残りを使って山梨へ行きます。自分の目的は久しぶりの富士急行乗車で、同僚の目的は富士急ハイランド。若干目的は違いますが、18きっぷ消化にはちょうどよいのでおでかけです。

日程は、新宿からの「ホリデー快速河口湖1号」に間に合うように組んでありました。非鉄の人にロングシートばかりでは、18きっぷの旅がつらかろうと、指定席まで用意してあったのですが・・・。非鉄は時間にルーズです。さっそく寝坊してくれました。錦糸町駅まで着いたところでタイムアップ。8:01着でしたので、どう考えても新宿8:14には間に合いません。指定券を発車時刻十数分前に、帰りの2号に変更しました。
Yamanashi20130105_01
乗車変更すると、赤字でいろいろと印字されるのですね。まあ、無駄にならなかっただけよしとしましょう。

中央特快で高尾へ行き、そこから普通列車に乗り換えることにします。ところが、これがケガの功名です。いいことがたくさんありました。
Yamanashi20130105_02
高尾から乗り継いだ甲府行き531Mは、貴重なスカ色の豊田車6両編成でした。

Yamanashi20130105_03
大月駅の側線にも、スカ色3連が停まっていました。河口湖行きの片割れでしょうか。

Yamanashi20130105_04
乗り継ぐ富士急行は10:43の「フジサン特急」です。パノラマ席を狙います。

Yamanashi20130105_05
富士急行の側線には、最近塗色を旧京王色に戻した編成が停まっていました。

富士急行の特急券とパノラマ着席券を買いました。もう、ホームに入っていいというので、パノラマ席を確保します。まだ時間があるから、いったん外へ出てもよいということで、JR駅舎にあるうどん屋さんで食事をします。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

支社版フレーム切手 

本日は1件2種のリリースが出ました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

1月4日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

鄙のつるし飾りまつり(50円)
鄙のつるし飾りまつり(80円)

販売日 2013年1月11日(~未発表
販売部数 2,500部(50円)、3,000部(80円)

販売地域 稲取局1局のみ

シートはグリーン(50円)、ブルー(80円)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後からのい鉄乗車(4) 

さて、急行列車でのもらいものです。いすみ鉄道社長ブログに1月2・3日の乗客にはプチプレゼント(数に限りあり)があるとのことでした。それは何だったかというと、ポスターカレンダーでした。今日は3号、4号と2回乗ったので、2本もらうことができました。1本はすでに持っている写真バージョンですが、もう1本は小中学生の絵画コンテストの入賞作品バージョンをいただきました。こちらは福袋にも入っていないので、まだ持っていなかったのです。

それから、千葉ンプさんと急行うち房そと房さんからもいただきものをしてしまいました。
Isumi_kiha52_20130103_16
ライオネスコーヒーキャンディーとチャオです。どちらもコマーシャルソングが頭に浮かびます。ライオネスコーヒーキャンディーといえば、あのリスが出てくるCMですよね。ギンビスのアスパラとか、しるこサンドとか、ココナッツサブレとか。小学生の頃のおやつってそんなものでした。急行うち房そと房さんからは、売店で売っている駅弁屋さん仕様のお茶をいただきました。身体が温まりました。ありがとうございました。

Isumi_kiha52_20130103_17
アテンダントさんが車内販売をしますが、あまり売れません。お守り&絵馬セットをもう1セット買って、その場で書いてぶら下げてきました。ということで、日の段階で6枚ぶら下がっているはずです。

下り急行列車は、ホームの先にすぐ踏切がある駅がないためか、西大原、新田野、上総中川、城見ヶ丘とも、すべて徐行通過をしました。やっぱり、通過を体験すると「急行に乗っているな」という実感がわきます。今まで、いすみ鉄道で駅を通過するという体験はできませんでしたからね。

Isumi_kiha52_20130103_18
15:33に急行4号は大多喜に到着しました。すぐに、15:34の上り普通列車が発車していきました。自分は、その後の大多喜始発16:04の24Dに乗車します。

Isumi200_20130103_19
その24Dは、205号スナフキンでした。上総中野方の大型ヘッドマークは、すでに外されていました。この3日間、動いていたのは201号と205号の2両だけでしたね。206号リトルミイは調子が悪いのでしょうか。202号フローレンは、検庫の中でバラされているので動けないようですが。

Isumi200_20130103_20
その24Dに乗って国吉へ戻る途中で、新しい制限速度標識が立っているのに気づきました。急行用の黄色い標識で、通過時の制限速度を表示していました。

年末年始プレゼントの1日乗車券最大6日間使用も今日で終わりです。結局、12月30日から1月3日まで5日間、毎日少しずつ使わせてもらいました。い鉄三昧ともいえる年末年始を過ごすことが出来ました。
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

午後からのい鉄乗車(3) 

国吉駅での用事を済ませました。さて、この先どうしましょうか。今日の目的は「急行4号」に乗車して、途中駅通過を体験することなのです。だから、大原駅へ行けばよいのです。次の「急行3号」でもいいですし、今回のダイヤ改正で次の普通列車で行っても、ギリギリ「急行4号」に乗れるようになりました。

餅つきのときに鳥塚社長さんが来て餅をついた後、「穴を開けるとお金になる魔法の紙が来ました。ご希望の方はどうぞ」と、予定になかった「特別補充券」の発売を始めました。どうせ使うだろうからと、そのとき急行券を切ってもらっていたので、それを使って「急行3号」で行くことにしました。

13:58に「急行3号」がやってきました。
Isumi_kiha52_20130103_11
ヘッドマークが「準急 清澄」から「準急 京葉」に変わっていました。

Isumi_kiha52_20130103_12
午前中に鳥塚社長から買った、特別補充券の急行券を使用します。

Isumi_kiha52_20130103_13
昨日買った絵馬を飾っておきます。ところで、駅を通過したのは新田野だけでした。西大原は、駅のすぐ脇に踏切があるためか、一旦停止してから発車しました。

この車内で、千葉ンプさんと急行うち房そと房さんに会いました。ご無沙汰しております。折り返し、「急行4号」もお二方と一緒でした。
Isumi_kiha52_20130103_14
今までは6分の折り返しだった急行3~4号も、今回の改正で14:53発と大幅繰り下げです。そのおかげで、売店でゆっくりと硬券急行券を買うとが出来ました

Isumi_kiha52_20130103_15
急行4号に乗って、大多喜を目指します。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後からのい鉄乗車(2) 

まもなく急行2号がやってきます。この1月から時刻変更があり、急行2号の大多喜到着は12:40になりました。
Isumi_kiha52_20130103_06
大多喜方はヘッドマーク無しです。

Isumi_kiha52_20130103_07
大原方は「準急 清澄」でした。昨日は「急行 犬吠」だったのですが。正月三が日は、犬吠でいくのじゃないかと予想していたのですが、ハズレました。

急行3号まで、いったん側線に入るので、そちらを撮りに駅舎の外の公道へ向かいます。側線留置中だけでも「急行 犬吠」になってくれれば、昨日撮り逃した犬吠並びがとれるのですけれども。
Isumi_kiha52_20130103_08
やはり、そんなうまいことにはならず、ヘッドマークは「清澄」のまま留置されました。

まあ、しかたないよなぁと駅の方へ戻ると、公衆トイレの向こうにネコさんがいるではないですか。
Isumi_otaki20130103_09
なんとまあ、ふさふさしたネコさんだこと。

Isumi_otaki20130103_10
鳴くだけで逃げないようなので、お写真を撮らせていただきました。

国吉駅でお手伝いをしたとき、忘れ物をしたことに気づきました。予定を変更して、次の普通列車で国吉駅へ向かうことにしました。
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後からのい鉄乗車(1) 

2013年1月3日(木)。今日は、午前中は国吉駅でいすみ鉄道応援団の餅つきイベントのお手伝いです。今年は午前中では終わらなかったのですが、夕方から同居人の生家に行く予定もあったので、お手伝いは午前中で終わりにして、午後からいすみ鉄道に乗りに行きました。だって、途中駅通過の急行にまだ乗っていないのですから。

昼食用に、国吉駅の待合室で最近売り出し始めた「うなぎ弁当」を買ってきます。
Isumi_kuniyosi20130103_01
実際には、500円と1000円の2種類があります。
Isumi_kuniyosi20130103_02
左側のカラーの掛け紙があるのが1000円で、右側のうなぎご飯だけのが500円です。1000円の方を買いました。

Isumi300_20130103_03
国吉12:0の17Dに乗って大多喜へ行きます。

大多喜駅のベンチでうなぎ弁当「いすみの春」をいただきます。
Isumi_kuniyosi20130103_04
中身はこんな感じです。
Isumi_kuniyosi20130103_05
卵とのりでい鉄車両を作ってあります。線路上に細長いうなぎが敷いてあり、その他にうなぎの切り身が5切れ入っています。ご飯もうなぎの炊き込みご飯です。ただ、うなぎの上に載っている梅の花が、しょうがだと思ったらハムでした。生のロースハムを切り抜いたものでしょう。まずくはないのですけど、どうもタンパク質と炭水化物ばっかりという印象です。うなぎを楽しむだけなら500円の方でいいかなと感じました。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5000円福袋買いました 

いすみ鉄道では2013年1月2日から福袋を売っています。昨年は2000円1種類だけだったのですが、今年は2000円と5000円があるということで、5000円のを買ってみました。毎年、分解して、食品類は生家へのお土産にしているのです。
Isumi_box20130102_01
今年は、こんな内容がわかるようなポスターがありました。

実際の中身はこんな感じでした。まずは、生家に置いて来た食品類です。
Isumi_box20130102_02
ポスターにあったとおりで、ムーミントレイン、里山カレー、キハカレー、い鉄揚げ(ソース)で、その他カレー2種は猪突猛進カレーとびわカレーが入っていました。

Isumi_box20130102_03
食品以外は、この4点です。1枚もののポスターカレンダーと卓上カレンダー。キハTシャツはOTAKI52が入っていました。それから、上総いすみちゃんのポシェット。Tシャツとポシェットだけで、定価6500円ですから。おじさんにポシェットじゃ実用性はないし、ネタで買うにはちょっと高いしとためらっていた品ですから、福袋に入っていて強制的に入手できたのことは、ちょっとうれしかったです。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

60Dを撮影しながら大多喜へ 

さて、どこで撮影しましょうか。いろいろ考えた末、時間的にも余裕がある東総元~大多喜間のどこかにしましょう。結局、だれもいなかったので、東総元駅の下にしました。
Isumi_kiha52_20130102_16
1時間前に12Dで通ったときは、こちら側が順光だったのですけど、1時間で太陽がかなり動いてしまいました。

Isumi_kiha52_20130102_17
東総元駅に停車中の60Dです。上総中野方はヘッドマーク無しです。

Isumi_kiha52_20130102_18
今日から急行の時刻が変わりました。1号の発車まで20分以上ホームに停車します。撮影してから大多喜駅へ行き、福袋を買ってからでも、十分撮影時間がありました。

Isumi_kiha52_20130102_19
車庫に停まるキハ28を、ホームで待機するキハ52と一緒に撮って、とりあえず終わりにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

61Dに乗って 

今日と明日は、大多喜~上総中野~大多喜に、臨時普通列車61D~60Dがキハ52を使って運転されます。これに乗って、車を停めてある上総中野駅へ戻ります。

キハ52車内では、今日から絵馬とお守りのセット(1000円)の販売が始まりました。プチプレゼント(鳥塚社長さんが大量のカレンダーを持って乗り込んできましたから、あれでしょう)は、急行の乗車客だけですが、車内販売は臨時普通列車内でもありました。もちろん、速攻で買いました。
Isumi_kiha52_20130102_11
こんな感じで、絵馬とお守りがパッケージされていました。さっそく、開封します。

Isumi_kiha52_20130102_12
お守りの中身を外から触ると、けっこう大きいのです。「おお、これは大きな塗装片が入っているな」と取り出してみると・・・。大きいのは台紙でした。塗料片は、自分のは両面とも白かったです。一番外側の青い塗料の部分は、もう残っていないのかもしれません。

ところで、お守りの収納紙袋に書かれている中央の人物ですが・・・。ムーミンとフローレンに挟まれている・・・。やっぱり鳥塚社長さんの似顔絵なんでしょうか。今ひとつ似ていないような気もするのですが・・・。

61Dが上総中野駅に着きました。自分はここで降ります。
Isumi_kiha52_20130102_13
折り返し時間が短いため、乗車したままの人が多かったようです。さあ、これから自家用車で大多喜駅に福袋を買いに行くぞ。途中、どこかで60Dを撮影しながら行くことにしましょう。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大多喜駅にて 

上総中野駅から乗車した12Dを大多喜駅で降ります。側線には、今日61D~60Dで使用されるキハ52がスタンバイをしていました。
Isumi_kiha52_20130102_08
今日は平日だからヘッドマーク無しだと思っていたら、大原方だけ「急行 犬吠」のヘッドマークをついていました。もうちょっと早ければ、キハ28との犬吠並びが撮れたのですけど。

ふと振り返ると、今乗ってきた12Dの後部で作業をしています。
Isumi200_20130102_06
貫通扉を開けて、大型ヘッドマークの取り付けをしていました。

Isumi200_20130102_07
ヘッドマーク取り付け終了です。今日の日中は、205号スナフキンが青色バージョンの大型ヘッドマークをつけて走っていたようです。ちなみに、青緑バージョンのヘッドマークをつけた201号ムーミンは、大多喜9:25着の11Dで入庫してしまいました。

このあと、臨時61Dに乗って上総中野へ向かいます。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上総中野駅にて 

2013年1月2日(水)。今日は船橋の生家に年始の挨拶にいきます。でも、その前にいすみ鉄道に寄っていくことにしました。とりあえず、自家用車で上総中野駅に行きました。

8:41に9Dがやってきました。昨日の24Dから運用についている、205号スナフキンです。
Isumi200_20130102_01
上総中野方に大型ヘッドマークはありません。

Isumi200_20130102_02
大原方にも大型ヘッドマークはありません。昨日の夕方同様、大型ヘッドマークなしで運転されているようです。

この列車の折り返し、9:02の12Dに乗るので、暖かい車内で待つことにしました。
Isumi200_20130102_03
そこに、自転車のおじさん登場です。いすみ鉄道では閑散時間帯に210円で折りたたまないままの自転車を車内に持ち込める制度があるのですが、実際に活用している人を目にしたのは初めてだったと思います。

そうこうしているうちに、小湊鉄道の到着時刻が近づきました。8:58着です。乗り継ぎ時間4分なのですが、今日はどのヘッドマークなのか、これを楽しみに自家用車でここまで来たのです。
Kominato20130102_04
おお、オレンジ色の鶴2羽バージョンです。昨日撮影できなかったヘッドマークです。

Kominato20130102_05
昨日撮れなかった、最後の1つなので、停車しているところを撮って、急いで車内に戻ります。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕方のいすみ鉄道 

元日のいすみ鉄道から、大型ヘッドマークの取り付けが始まりました。日中はいすみ201の上総中野方に青緑バージョンがついていました。大多喜の車庫で、206号リトルミイの上総中野方に青バージョンがついているのを見かけたので、夕方の24Dから登場するのではないかと、その24Dを撮りに、夕方上総東駅まで行ってみました。

24Dがやってきました。
Isumi200_20130101_21
なんと、206号ではなく、今朝11Dでいったん入庫した205号が再び出てきました。どちら側にも大型ヘッドマークはありませんでした。残念でした。明日は、何号に大型ヘッドマークがつくのでしょうか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元日のポッポの丘 

国吉神社へおまいりしたあとで、『そうだ、ポッポの丘は年中無休となっていたけど、今日はやっているのだろうか』と思い、寄ってみることにしました。まだ、キハ38が来てから寄っていませんでしたし。

元日の今日も「年中無休」の言葉通りやっていました。しかも、駐車場の車の数がいつもより多いのです。元日から営業している施設があまりないので、みんなここにきたのでしょうか。手こぎ自転車は子ども達で盛況ですし、この寒いのに、ブランコで遊んでいる子どももいます。「次はプラレール見に行こう」なんて言葉も聞こえてきますから、丸ノ内線のプラレール売り場も、それなりに成功しているのかもしれません。

Pop20130101_01
キハ38 1です。今なら、まだ真横から撮れます。

Pop20130101_02
銚子電鉄の脇から撮ります。逆光なのが残念ですが。

Pop20130101_03
キハ38は「ギャラリー38」という展示場になっているようです。現在はイラスト展が行われています。

Pop20130101_04
その車内にはイラスト展の他に、こんな紙が揺れていました。まもなくやってくる、千葉モノレールの車両に取り付けられたもののようです。モノレールが運ばれてくると、キハ38も撮りづらくなってしまうかもしれません。

ポッポの丘でもう1つ変化したことがありました。
Pop20130101_05
いすみ204の車内にあった「鉄道グッズコーナー」がとなりの北陸鉄道に移動しました。そして、いすみ204の車内はテーブルとイスが置かれて、「カフェT.K.G.」の食事スペースになっていました。当初は、オープンテラスか園内の茶屋に運んで、とにかく屋外でたべるしかなかったのですが、屋内食事スペースができたのはうれしいことです。14時近くに行ったのですが、1名ご利用の方がいました。出入り口も、今までの階段からスロープに変わり、使いやすくなったようです。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

はつもうで 

国吉駅へ戻ってきて、まだ13:15です。家に戻る前に、国吉駅から歩いて10分ちょっとの神社に寄っていきました。

Kuniyosi20130101_01
こちらは、出雲大社上総分院です。そして、そのすぐ隣に、国吉神社があります。

Kuniyosi20130101_02
こちらが、国吉神社です。

Kuniyosi20130101_03
おまいりが終わると、絵馬をいただくことが出来ます。いすみ鉄道の永遠の走行をお願いしておきました。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の初乗り(3) 

養老渓谷駅ですが、元日の割には人の動きがあるようで、観光客がそれなりに降りていました。ところが、渓谷へ行く足がないのです。
Kominato20130101_11

養老渓谷や勝浦、大多喜付近の小湊バスが3日まで運休なのです。観光客の方々は、数少ないタクシーを呼んで、渓谷方面へ向かっていました。

12:02の上総中野行きがやってきました。
Kominato20130101_12

今度は初日の出バージョンのヘッドマークです。あと、オレンジ色の鶴2羽が飛んでいる、鶴と門松バージョンを撮れれば、今年も3種撮れたことになります。

Kominato20130101_13
もちろん、往復乗車券のかえり券には、養老渓谷駅の改札でスタンプをもらっています。小湊鉄道ではこれがないと、不正乗車扱いになってしまいますからね。

Isumi300_20130101_14
上総中野から12:44の大原行きに乗り継ぎます。行きと同じ302号スニフでした。

Isumi_kiha28_20130101_15

大多喜で側線に停まっているキハを撮ります。キハ28のヘッドマークが、今までの「そと房」から「犬吠」に変わっています。昨日から、初日の出にちなんで犬吠に一時変更しているそうです。

大原行き18Dを国吉で降りました。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の初乗り(2) 

養老渓谷まで来たのは、駅ねこさんたちに会うためです。

Yorokeikoku20130101_06
さっそく迎えてくれました。

Yorokeikoku20130101_07
この子がネネちゃんだったかな。

Yorokeikoku20130101_08
この子がゆうた君だったと思います。

Yorokeikoku20130101_09
みんな1列にならんで、ひなたぼっこをしています。

帰りの列車は12:02の上総中野行きです。まだ30分ほどあるので、足湯へ行きました。
Yorokeikoku20130101_10
房総半島の鉱泉特有のチョコレート色のお湯です。足と手を温めて、12:0の普通列車に乗ってきます。 
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の初乗り(1) 

2013年1月1日(火)。今年の鉄道初乗りに行きました。いすみ鉄道と小湊鉄道に乗って、養老渓谷駅まで行ってきました。

9時半頃、国吉駅に到着しました。9:58の下りに乗車しようと思っていたのですが、9:41の上り12Dがあったので、これに乗って上総東まで行くことにしました。
Isumi200_20130101_01
国吉駅へ来たときは気づきませんでしたが、上総東で降りて後ろへ歩いて行くと、後部に大型ヘッドマークがついていることに気づきました。今年は、冬の大型ヘッドマークはやらないのだろうと思っていたのですが、どうやら今日から始まったようです。この201号には、緑バージョンの方がついていました。

上総東9:51の13Dに乗って上総中野を目指します。
Isumi200_20130101_02
こちらは、いすみ300形でした。元旦は、いつもの休日よりは空いているようで、上総東からでもボックス席に座ることが出来ました。

Isumi_kuniyosi20130101_03
国吉まで戻ってくると、上りホームのベンチの上に、駅ねこクロちゃんが座っているのが見えました。おもわずシャッターを切りますが、なかなかこちらを向いてくれません。

Kominato20130101_04
上総中野で小湊鉄道に乗り継ぎます。大晦日かからは、高滝神社初詣のヘッドマークをつけているので、それを撮影しようというわけです。10:45の五井行きは、ツル1羽バージョンでした。

Kominato20130101_05
車内で、車掌さんから養老渓谷までの往復乗車券を買います。片道200円ですが、小湊鉄道はどんな短距離でも往復を買うと1割引になります。不正乗車防止のために、購入後すぐにゆき券にスタンプが押されます。かえり券も、有人駅では改札印をもらわないと無効になりますし、無人駅乗車の場合は車掌さんからすぐにスタンプをもらわないと無効になるという、小湊ローカルルールがある往復券です。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年の国吉駅 

2013年1月1日(火)。新しい年がスタートしました。やっぱり、新年初日からいすみ鉄道に乗らなくてはいけないですよね。まずは、国吉駅まで自家用車で行きます。

国吉駅では、現在工事が進められています。
Isumi_kuniyosi20130101_01
側線から分岐線が敷けるように、枕木が設置されています。

Isumi_kuniyosi20130101_02_2
現在ある側線と上り線の間に、1本線路が敷かれるようです。

この線路が、キハ30の動態保存線になるようです。この線路が完成してから、木更津にいるキハ30が運ばれてくるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »