« 日本の鉄道完乗への旅(3)  | トップページ | 日本の鉄道完乗への旅(5)  »

2013年1月13日 (日)

日本の鉄道完乗への旅(4) 

倉敷市行きは13:07まで1時間弱ありません。そこで、車庫のある倉敷ターミナル駅まで歩いて行きます。あそこへ行けば、平日朝しか動かないキハ20が停まっているはずです。
Kanjo20130113_16
10分ほど歩くと、車両が近くに見えてきました。

Kanjo20130113_17
ドアが閉まっているので、ひまわりの絵がよくわかります。

Kanjo20130113_18
ボロボロになったディーゼル機関車が停まっています。これはJRの文字があります。JR貨物の機関車がここで朽ちているのでしょうか。

Kanjo20130113_19
こちらのDD50というのは、水島臨海鉄道のオリジナル形式でしょうか。機関車のことは詳しくありません。

Kanjo20130113_20
ひまわりではない、一般塗色の車両も、あと1両車庫で休んでいました。お目当てのキハ20は、さらに奥に停まっているようです。
    

|

« 日本の鉄道完乗への旅(3)  | トップページ | 日本の鉄道完乗への旅(5)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/56533762

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の鉄道完乗への旅(4) :

« 日本の鉄道完乗への旅(3)  | トップページ | 日本の鉄道完乗への旅(5)  »