« 支社版フレーム切手  | トップページ | 川越日帰り旅(2)  »

2013年1月26日 (土)

川越日帰り旅(1) 

2013年1月26日(土)。今日は川越まで日帰りの旅です。何で川越なのか。それは、今日が快速「おさんぽ川越号」の運転日だからです。@nifty鉄道フォーラムの貸切列車でも走行経路に入れることが出来なかった、大宮駅地上戦から川越線への渡り線に乗れるのですから。

5時に起きて支度をして、5:50には自宅を出発して長者町駅へと、徒歩で向かいます。長者町6:16の普通千葉行きでスタートです。上総一ノ宮で京葉快速に乗り換えます。あれ、いつもとは違うなとよく見てみると、1編成しかない209系500番代ではないですか。
Kawagoe20130126_01
E233系とは違い、4扉中3扉を閉め切る装置がないので、全部の扉がかなり前から開けっ放しです。だから、車内は寒かったのです。

この快速に乗って、海浜幕張へ。そこから、普通に乗り換えて、となりの新習志野へ行きました。すでに、2番線には乗車する人の列が出来ていました。
Kawagoe20130126_02
行き先表示器です。列車名はスクロールするときに、チラッと現れました。これが、新習志野駅の表示でした。

Kawagoe20130126_03
ホームには、乗車位置を示すシールが貼られていました。今日と2月9日の2回しか運転日はないのですが、普段とは違う3扉車なので、対応したのでしょう。

Kawagoe20130126_04
やってきたのは、豊田のM40編成です。あのサハ入り6両貫通編成、スカ色電車です。定期運用はないので、臨時列車に使用されることが多いのですが、それでも千葉県にやってくることは、ほとんどない車両です。なんとか、進行方向右側のボックスに座席を確保できました。

武蔵野線は島式ホームが少ないので、行き先表示器や乗車案内を確認できるところがほとんどありません。そんな中、東川口駅が島式ホームだったので、ホームを見てみました。
Kawagoe20130126_05
ここは、新習志野駅以上にしっかりした乗車位置案内が貼ってありました。
 

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 川越日帰り旅(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/56632974

この記事へのトラックバック一覧です: 川越日帰り旅(1) :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 川越日帰り旅(2)  »