« 人車軌道開業百周年(7)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2012年12月 9日 (日)

青葉の森で栗コーダー 

2012年12月9日(日)。今日は、午後から青葉の森文化会館で行われるコンサートに行きました。

午後~なので、行きがけにいすみ鉄道の急行1号を撮っていきます。
Isumi_kiha52_20121209_01
今日もスペシャルヘッドマークで走っていました。

青葉の森の駐車場には、12時頃到着しました。近くファミレスで昼食にして、開場時間を待ちました。今日のコンサートはこれです。
Aoba20121209_02
栗コーダーカルテットのコンサートです。しかも、能舞台でやるという、少々変わった舞台設定です。

Aoba20121209_03
13:30に入場が始まりました。今月のメールマガジン「笛仙人」で開催を知ったものですから、チケットを取ったのが先週のことです。最後列ですが、能舞台正面のそれなりに見やすい席をゲットできました。

能舞台の和の雰囲気に押されて、川口さんが思いっきり和風アドリブをやって、そのアドリブに自分自身がおかしくなって、演奏中に笑いが止まらなくなってしまうというハプニングがありました。関島さんだけが、笑わずにベースを吹き続けているという、何ともスリリングな場面でした。

Aoba20121209_04
「ピタゴラスイッチ組曲」も「アパオの海外出張」も生で聞けました。アンコールで「ちび笛メドレー」と「おじいさんの11ヶ月」を演奏してくれました。ここ何年間かに、自分でも演奏してきた曲を生で聴けて、感激でした。

Aoba20121209_05
場内でCDや楽譜を買った人には、サインをしてくれるとのことで、まだ持っていない「ウクレレ栗コーダー2」を買いました。サインは誰か1人だけになるのかと思いましたが、4人全員から順番にいただくことができました。これまた大感激です。
    

|

« 人車軌道開業百周年(7)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青葉の森で栗コーダー :

« 人車軌道開業百周年(7)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »