« 人車軌道開業百周年(6)  | トップページ | 青葉の森で栗コーダー  »

2012年12月 9日 (日)

人車軌道開業百周年(7) 

急行3号が国吉駅に到着しました。ここで下り列車と交換です。
Isumi_rail20121208_31
やはり進行方向に、記念ヘッドマークをつけています。

Isumi_rail20121208_32
大原まで乗ると、折り返し時間が6分しかありません。写真を撮る時間も無いので、上総東で降りることにしました。

急行3号が発車してしばらくすると、何か青いものが降ってきて線路に落ちました。
Isumi_rail20121208_33
最初は何だかわからなかったのですが、近くを見渡してわかりました。

Isumi_rail20121208_34_2
駅前の簡易トイレの天井が、強風で吹っ飛んだのです。すぐに、いすみ鉄道に電話したのはいうまでもありません。「すぐに指令に連絡します」とのことでした。

これは、急行4号が遅れてくるかなと思ったのですが、それほど遅れずにやってきました。落ちたのが「上り線」と伝えてあったからかもしれません。
Isumi_rail20121208_35
ゆっくり入線し停車すると、運転士さんが降りてきて、障害物を撤去しました。その後、上総東で交換する上り普通列車に、安全の合図を送っていました。無事でよかったです。その後、大多喜まで急行4号に乗車して、今日のイベント参加を終わりにしました。
   

|

« 人車軌道開業百周年(6)  | トップページ | 青葉の森で栗コーダー  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人車軌道開業百周年(7) :

« 人車軌道開業百周年(6)  | トップページ | 青葉の森で栗コーダー  »