« 茨城民鉄紀行(8)  | トップページ | 茨城民鉄紀行(10)  »

2012年11月 4日 (日)

茨城民鉄紀行(9) 

つくばエクスプレスから移動してくると、こちらの車両は色とりどりで見ていて楽しいです。ディーゼルなので動いている音もいいですね。

Ibaraki_20121103_41
展示車両の横並びです。なかなか人の列が切れないので、みんなそのチャンスをじっと我慢して撮っていました。

Ibaraki_20121103_42
お昼休みが終わって、101号の体験乗車が始まりました。走ってくるところを撮ります。

Ibaraki_20121103_43
101は停車中に車内見学もできます。キハ30型の外吊りドアは健在です。でも、ドアステップは埋められて、傾斜した床にっています。

Ibaraki_20121103_44
運転席直後も、ワンマン仕様に改造されています。こうしてみると、久留里線のキハ30がいかに原型に近いかわかります。

Ibaraki_20121103_45
そうそう、入口近くには、ロッド式のディーゼル機関車 DD502も展示されていました。ロッド式の機関車って、近づいてくるとき、ロッドがこすれるシュッシュッって音がするのです。今から30年以上前に、まだ茨城交通の混合列車が健在だった頃初めて聴きましたが、「えっ蒸気機関車が来るの、まさか?」って勘違いしてしまいましたもの。
    

|

« 茨城民鉄紀行(8)  | トップページ | 茨城民鉄紀行(10)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/56040584

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城民鉄紀行(9) :

« 茨城民鉄紀行(8)  | トップページ | 茨城民鉄紀行(10)  »