« 茨城民鉄紀行(4)  | トップページ | 茨城民鉄紀行(6)  »

2012年11月 4日 (日)

茨城民鉄紀行(5) 

守谷からは、つくばエクスプレスのまつり会場行き電車に乗っていきます。
Ibaraki_20121103_21
この2本目のTXまつり会場行き電車に間に合うように、竜ヶ崎線を撤退してきたのです。前回、このまつりにきたのは、2008年ですから4年前のこと。その時は秋葉原から守谷までの乗車券を買って乗ってきました。守谷から乗るには、どこまで乗車券を買えばよいのかわかりませんでした。入場券でいいのかなと思っていたのですが・・・。

Ibaraki_20121103_22
駅前で係の方がこんな整理券を配っていました。なんと、無料で電車に乗れるのですね。これは知りませんでした。臨時に開放された自動改札から列になってのりばへの移動となりました。

Ibaraki_20121103_23
やってきた電車の表示は、「普通 守谷」でした。TXまつり行きとか特別な表示を期待したのですが、それはありませんでした。

Ibaraki_20121103_24
発車してすぐに、「右側をご覧下さい。4番線から、本日は特別に回送列車が同時発車しております。」と放送が流れます。しかも自動運転だそうです。車両基地への線路が単線になるところで、向こうもこちらも停車します。こちらが先に発車したときに、向こうの運転席を見ると無人でした。まさか、新交通システムではない普通の電車で無人自動運転をやっているとは知りませんでした。

途中で止まって、「これからさき車両基地内は手動による運転になります。本日の運転士は○○です」と放送が入りました。
Ibaraki_20121103_25
だんだんと車両基地が近づいていきました。降車位置の説明放送がありました。1・3・6号車が降車位置になるので、順番に降りるようにとのことです。4年前は1号車の先頭1ヶ所しかなくて、降りるのに何十分もかかった記憶があるのですが、記憶間違いかな。乗車していたのが4号車ということで、なかなか進みませんでしたが、それでも今日は10分程度で降りることが出来ました。
    

|

« 茨城民鉄紀行(4)  | トップページ | 茨城民鉄紀行(6)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/56039371

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城民鉄紀行(5) :

« 茨城民鉄紀行(4)  | トップページ | 茨城民鉄紀行(6)  »