« 支社版フレーム切手  | トップページ | 久々の東急(1)  »

2012年9月 8日 (土)

医者にいってから東京へ 

2012年9月8日(土)。心臓の薬が残り少なくなったので、今日はまずかかりつけの地元の医者に行く。簡単な問診のあと心音を聞いて「問題ないですね」とのこと。処方箋を書いてもらって、帰りがけに薬屋で薬を買って帰る。これでまた2ヶ月はもつはずだ

明日は、いよいよ予備校通いした国家試験の本番だ。今週は仕事が忙しくて、あまり勉強できなかったので、今日の午後からホテルにこもって、最後の勉強をすることにした。長者町10:45の電車で出発する。ただ、このままホテルへいったのでは、チェックインの時間には早い。今日は、福島バスまつりとか高崎機関区の公開とかあるし、明日は長野で信州バス祭りがあるのだけれども、それらはすべてパス。

そこで、新橋の旧新橋停車場へ寄っていくことにした。
Sinbasi20100908_00

ここで今やっている企画展がこれ。
Sinbasi20100908_01
百年前の修学旅行。奈良女子高等師範学校の東京への旅行を中心に、完成したばかりの東京駅についての展示などが充実していた。図録も700円で売っていたので、つい買ってしまった。

その後、ホテルに入って、まずは1年分の過去問を解く。とりあえず80点以上はとれたから、何とかなるとはおもうのだけれども。それよりも、このホテルはやばい。窓の外には踏切が見える。4本も線路が走っているから、5分と待たずに電車が走る。つい、警報機の音が鳴ると窓の外に目が行ってしまう。やってくる電車の形式がいろいろあるものだから。

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 久々の東急(1)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医者にいってから東京へ :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 久々の東急(1)  »