« いよいよ試験だ  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2012年9月 9日 (日)

[東98]系統に乗る 

さて、試験も途中出場してきたし、どうやって帰ろうか。いくつかプランを造っていたのだけれども、暑い中駒沢大学駅まで歩いて行く気がしない。やっぱり等々力からバスに乗ろう。大学近くの駒沢バス停から、まずは等々力行きのバスに乗って終点へ向かう。

そこから、歩いて等々力操車場へと向かう。目的の[東98]系統は、等々力からも乗れるのだが、どうせだから、始発の等々力操車場から全区間乗ってみたい。
To_bus_20120909_01
東急バスの等々力操車場には、2台の都営バスが停まっていた。あのどちらかが次のバスになるのだろう。

To_bus_20120909_02
操車場からちょっと離れた道路上にある、等々力操車場バス停のポール。[東98]系統は、都営バスと東急バスの共同運行。ただし、運賃は東急バスが210円均一なのに対して、都営バスだと200円均一と10円安い。15:47の便は都の印があるので、都営バスの担当だ。

To_bus_20120909_03
時間になって、操車場から出てきたのは、先ほど右側に停まっていた日野のバスだった。

等々力駅前、都立大学駅北口、目黒駅、赤羽台駅と、私鉄や地下鉄の駅前を通っていく。
To_bus_20120909_04
三田の慶応大学を過ぎると、正面に東京タワーが見えてきた。この先に、東京タワーバス停があったけれども、そこはタワーに近すぎて、全体を見ることは出来なかった。

スカイバスを何台も見て、終点の東京駅丸の内南口に着いたのは、16:43のことだった。等々力操車場から、ほぼ1時間かかっている。これで200円は、乗車時間から考えれば、すごく安い。
To_bus_20120909_05
ドーム屋根の修復工事が進む東京駅丸の内側。修復されたドームを見るのは、実は今回が初めてだったりする。後ろにあるJPタワーも、近くで見るのはこれが初めてだ。

東京中央郵便局の中も見たかったのだが、17:00の特急「わかしお」の時間が迫っていたので、京葉線地下ホームへと急ぐ。発車8分ほど前にホームに到着。何とか、窓側の空席もあって、座って帰ることができた。

|

« いよいよ試験だ  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/55619669

この記事へのトラックバック一覧です: [東98]系統に乗る :

« いよいよ試験だ  | トップページ | 支社版フレーム切手  »