« 速報8  | トップページ | 新十津川から自宅へ(2)  »

2012年8月 2日 (木)

新十津川から自宅へ(1) 

2012年7月31日(火)。新十津川駅で青春18きっぷの旅をゴールして、これから2泊しながら自宅へ戻ります。

1 新十津川19:22→20:53石狩当別
Hokkaido_kiro_20120731_01
乗ってきた列車の折り返しで、石狩当別へ向かいます。ここで降りたもう一人のテツな方は、ザックにレインカバーを掛けて傘を差して駅舎を出て行きました。たぶん、滝川まで歩くのでしょう。ということで、折り返しは自分ひとりだけでした。
Hokkaido_kiro_20120731_02
そんな1人の車内で、南千歳で買ってきたまるいの駅弁「ほっきめし」で夕食にします。夏季限定の駅弁で、一度食べてみたかったのです。おいしかったです。

2 石狩当別21:03→21:46札幌
 帰りは快適な721系を期待したのですが、最新型735系電車でした。ロングシートですが、空いていたからいいでしょう。でも、北海道医療大学やあいの里教育大では、まとまった乗車がありました。大学も北海道ではまだ夏休みではないのでしょう。

3 急行「はまなす」札幌22:00→5:40青森
Hokkaido_kiro_20120731_03
「北海道&東日本パス」のうれしいところは、急行だけは料金券を買えば乗れるところです。カーペットカーは一度乗ったことがあるのですが、本当にカーペット、床が固いのです。硬い布団に慣れている人はいいのですが、自分にはちょっと向かないと感じました。寝台ならいいのですが、値段が高いので今日は指定席です。5号車のドリームカーがとれました。
Hokkaido_kiro_20120731_04
今日は機関車を含めて11両編成です。ディーゼル機関車、1号車、増21号車、2号車が寝台車3両。3~7号車の基本編成がすべて指定席。自由席は8・9号車として2両増結されていました。普段は自由席の3・7号車も指定席なので、この号車になってしまうと、ドリームカー(旧グリーン車の座席仕様)5・6号車とは格差が大きいです。
Hokkaido_kiro_20120731_05
青函トンネルを抜けて、茂辺地あたりを走っているとき見えた朝陽です。青森には定刻に到着しました。

青森では、駅前にあるビルの地下にある市営の市場に行って、そこの食堂で朝食をと思っていました。市場は5時から開いています。ところが、行ってみるとまだ準備中と行った感じで、品物を並べている作業をしている店がほとんど。食堂も準備中の札が出ていて、「営業は6時半からです」と書かれています。
 道路の向かいには、青森に来ると必ず食事をする「おさない」もあるのですが、ここも朝は7時から。結局、その近くの吉野屋しかこの時間に食事ができる場所はありませんでした。もちろん、駅のそば屋ならやってましたけれども。

|

« 速報8  | トップページ | 新十津川から自宅へ(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/55332936

この記事へのトラックバック一覧です: 新十津川から自宅へ(1)  :

« 速報8  | トップページ | 新十津川から自宅へ(2)  »