« ぐるっとちば南房総号の旅(1)  | トップページ | ぐるっとちば南房総号の旅(3)  »

2012年3月26日 (月)

ぐるっとちば南房総号の旅(2) 

千葉駅ですべての乗車が終わり、発車をすると挨拶の放送が入った。まずは指定券の席が2つになっているが、今の席が最後までその人の席になるとのお詫び放送が入る。
Gurutto20120325_10
指定券はこんな感じで、稲毛→館山と館山→稲毛の2枚になっている。そして、後半の券には席番が2本線で消されて届いていた。郵送の中にシステム上同じ席で発券できないお詫びが入っていたので、それは納得済みなのだけれども、車内で丁寧に案内があった。でも、なんで切れ目が館山なんだろう。内房線と外房線の協会は安房鴨川なんだけど。

下車駅ではないの、姉ヶ崎で停車した。ホームに「木更津」と書いた紙袋を持った人が立っていたから、観光案内の人が乗ってくるのだろう。ドアも開いた。
Gurutto20120325_06
窓の外を見ると、行き先表示器が「団体 浜金谷」となっていた。浜金谷行きって普段はないけど、ちゃんと表示できるんだ。

観光案内の第1弾は、木更津、袖ヶ浦、君津、富津の観光案内だった。大量のパンフレットともに配布されたのがこれ。
Gurutto20120325_07
「ちんみあさり」だって。ちなみに、今日のメニューに書かれているおもてなし(プレゼント)は・・・
珍味の時間です(東京湾観光連盟)
ダッペエ記念乗車はがき(館山市)
おやつの時間~甘(南房総市)
おやつの時間~甘・辛・甘(外房観光連盟)
外房の味覚 辛・甘(外房観光連盟)
何が当たるかな?(長生地域観光連盟)
おやつの時間~辛
となっている。果たして、この先何が待っているのやら。

Gurutto20120325_08
佐貫町を過ぎると、山の上に東京湾観音を見ることが出来る。手前でも見えるのだが、そちらは後ろ姿になってしまう。

Gurutto20120325_09
そして、東京湾の向こうに富士山を見ることが出来た。10分停車の上総湊まであとわずかだ。

|

« ぐるっとちば南房総号の旅(1)  | トップページ | ぐるっとちば南房総号の旅(3)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/54315776

この記事へのトラックバック一覧です: ぐるっとちば南房総号の旅(2)  :

« ぐるっとちば南房総号の旅(1)  | トップページ | ぐるっとちば南房総号の旅(3)  »