« 山口&門司紀行(1)  | トップページ | 山口&門司紀行(3)  »

2011年11月19日 (土)

山口&門司紀行(2) 

2011年11月19日(土)。今日は産業観光ツアー【セメントの道】というコースに乗車します。これで、1日を過ごすのです。宇部新川駅待合室前8:58という連絡を受けているので、10分ほど前から待ちます。ところが5分過ぎてもやってきません。今日は雨、洪水注意報も出ていて、ところにより大雨とか。もしや、中止になったのかと思った頃、ようやくバスがやってきました。

Yamaguchi20111119_01
実施日により主催が、船鉄観光と宇部市営バスの2通りあるのですが、今日は船鉄観光の主催なので、やってきたのは船鉄の貸切車でした。

宇部から小野田を通り、厚狭駅新幹線口まで1時間は途中乗車停留所を回ります。厚狭駅でトイレ休憩と最終乗車客を迎えて、いよいよ最初の見学地「秋吉台科学博物館」へ向かいます。
Yamaguchi20111119_02

まずはホールで学芸員さんから、石灰岩についての解説があります。高校の地学の授業で聞いたことがあるような記憶がある内容でした。だいぶ忘れてましたけど。

その後、博物館内部を見学します。萩で捕獲されて標識を付けられたツキノワグマが、この秋吉台で捕まったそうで、その剥製が展示してありました。秋吉台(あきよしだい)、秋芳洞(あきよしどう)、秋芳町(しゅうほうちょう)というそうで、学芸員さんが強調していました。シュウホウドウと呼ばれたことは一度もないのだけれども、バスガイドさんでも間違えてシュウホウドウと呼ぶ方がいます。町名はシュウホウチョウです。字は同じでもアキヨシドウですので間違えないでください。とのことでした。

Yamaguchi20111119_03_2
博物館前から秋吉台を見ます。ここからは、あまり岩が見えません。

Yamaguchi20111119_04
しばらくしてバスがやってきました。次は、秋芳洞の入口にあるお店で昼食です。

Yamaguchi20111119_05
降車場所はバスターミナルではなく、サンデン交通の車庫でした。下関と秋吉台を結ぶ長距離路線バスも、ノンステップバスが使われているようです。

|

« 山口&門司紀行(1)  | トップページ | 山口&門司紀行(3)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/53283748

この記事へのトラックバック一覧です: 山口&門司紀行(2) :

« 山口&門司紀行(1)  | トップページ | 山口&門司紀行(3)  »