« 青森・函館紀行(21)  | トップページ | 青森・函館紀行(23)  »

2011年10月 5日 (水)

青森・函館紀行(22) 

別館の方へ向かう。ここは川田男爵の所縁の品が並んでいる。
Aomori20111003_16_2
これが川田男爵が日本で最初のオーナードライバーになった際に購入したロコモービル。灯油エンジンで発生させた蒸気で動く蒸気自動車なのだそうだ。

Aomori20111003_17
別館を出ると、先ほどの雨がウソのように止んで、太陽が差していた。

Aomori20111003_18
博物館の隣のレストラン「龍杉創」で昼食にする。じゃがいも料理が自慢だそうで、ポテトスープセット1300円を頼む。

Aomori20111003_19
左下がポテトスープ。単品なら500円。プレートとご飯とケーキ、それにセルフのコーヒーがつく。きちんとナプキンを敷いてナイフとホークをセットして、食後にケーキとコーヒーを持ってくれば、都会じゃ2000円以上はとるだろう。とてもおいしかったです。

Aomori20111003_20
男爵博物館と龍杉創(りょうざんそう)。公共交通機関で来るのは大変だけれども、来てよかったと感じた。

|

« 青森・函館紀行(21)  | トップページ | 青森・函館紀行(23)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/52918161

この記事へのトラックバック一覧です: 青森・函館紀行(22) :

« 青森・函館紀行(21)  | トップページ | 青森・函館紀行(23)  »