« 青森・函館紀行(20)  | トップページ | 青森・函館紀行(22)  »

2011年10月 5日 (水)

青森・函館紀行(21) 

渡島当別に到着する。踏切を渡っても、まだ発車する様子がない。どうやら下り列車と交換のようだ。
Aomori20111003_11

あっという間に空が曇って雨が落ちてきた。函館では晴れていたのだけれども。歩いて数分で、駅裏にある男爵博物館に到着した。
Aomori20111003_12

入館料500円を払って中に入る。まず、川田男爵とこの博物館についての説明がある。どこでも自由に撮影して下さいとのこと。古い機械類がたくさんあって、乗り物好きにはけっこう楽しい博物館だ。
Aomori20111003_13
これが昔のトラクター。もちろん輸入品だ。

Aomori20111003_14
これが博物館になっている昔の牛舎。木組みがとっても美しい。

Aomori20111003_15
これが昔の孵卵器。ストーブの熱で温めたのだそうだ。このほかにも、いろいろな農機具や酪農機具があって、見ていてとても勉強になった。

|

« 青森・函館紀行(20)  | トップページ | 青森・函館紀行(22)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/52917962

この記事へのトラックバック一覧です: 青森・函館紀行(21) :

« 青森・函館紀行(20)  | トップページ | 青森・函館紀行(22)  »