« 青森・函館紀行(9)  | トップページ | 青森・函館紀行(11)  »

2011年10月 3日 (月)

青森・函館紀行(10) 

箱館ハイカラ号で、駒場車庫前~湯の川と進んで折り返す。車掌さんからどちらまでと聞かれて、最初はどっく前まで行って折り返そうと考えていたのだが、ボンネットバスを撮るなら1本前で行っておいた方がよいという。それなら、直線が続く新川町で降りて、路面電車の写真を撮ろう。

湯の川では、遅れているのですぐ発車するから、「折り返し乗車するならそのまま乗っていて」と言われて、写真撮影をすることはできなかった。湯の川温泉からキャリーバッグを持った観光客がけっこう乗ってきて、半分以上の座席が埋まる。その後もぼちぼち乗車があって、五稜郭公園前を出ると、ほぼ満席になった。

Aimori20111002_11
新川町で降りて、走りゆくハイカラ号を撮影する。その後、隣の千歳町まで歩きながら、やってくる路面電車を撮影する。10時になったら五稜郭公園前に戻ろうと考えていた、その10時直前になって、また雨が落ちてきた。すぐにやってきた電車に飛び乗った。

Aimori20111002_12
ハイカラ号がどっく前から戻ってきた。しかしながら、ボンネットバスはまだバス停におらず、残念ながら並びは撮れなかった。これだけ雨が降っているので、ハイカラ号は、次の折り返しは運休になる可能性大だ。

Aimori20111002_13
バス停に行くと、ようやくボンネットバスがやってきた。初便は少し離れたところで時間まで待機しているよう。五稜郭公園前~杉並町の中間の待機場所ならば並びが撮れたかもしれない。

Aimori20111002_14
おしりはこんな感じ。ちなみに、いすゞシャーシに金産ボディだ。

Aimori20111002_15
車内はすべてロングシート。最後部まで伸びる長い座席だ。最後部は非常口の関係で、左右のロングシートのみになっている。

|

« 青森・函館紀行(9)  | トップページ | 青森・函館紀行(11)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/52895544

この記事へのトラックバック一覧です: 青森・函館紀行(10) :

« 青森・函館紀行(9)  | トップページ | 青森・函館紀行(11)  »