« 支社版フレーム切手  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2011年9月 6日 (火)

自主制作本を献本しました 

たしか8月22日の夕方、大多喜駅でお目にかかったのが最初でした。そして、9月5日に再び国吉駅でお会いしました。栗原大輔さんという精密画で乗り物を描くプロの方です。
http://www.geocities.jp/kikansyaporuko/index2.html

それで、この方を通じて、今度の日曜日に宮城県栗原市の栗駒で開催される「みんなでしあわせになるまつり2011」に、恥ずかしながら自分の自主制作本(旅行記)を献本させていただきました。
Minsia2011

いすみ鉄道グッズほかの鉄道グッズもこのまつりで販売されるそうなので、まあ鉄道旅行記でよろしかったら私もと申し出た次第です。売り上げは、全額
震災見舞金にしたいただくようにお願いしました。ということで、頒布は当方のウェブサイト通販での価格とは違います(たぶん、もっと安くなるかと)。いくらでもいいから完売して、少しでも震災見舞金に回して下さいとお願いしてありますので。

正規の頒布価で購入いただいた方には申し訳なく思いますが、冊数限定での見舞金ですので、そのあたりはどうかご理解下さい。素人の書いた鉄道旅行記ですが、旅立つ時間はないけど旅だった雰囲気に浸りたい方は、ぜひとも御購入いただき、心をしあわせにしていただければと思います。

販売場所は、会場内の
栗原大輔精密画美術館ブースです。当方も午前中には、ご挨拶に伺う予定です。あっ、そうそう。「2001新婚旅行はJR最長片道きっぷの旅」を、当日会場で、私がいるときに正規頒布価でお買い上げいただくという奇特な方には、スペシャルプレゼント(本にも掲載してあるブライダルトレインの記念入場券の実物)を差し上げます。忘れずに持っていかなくちゃいけないな。(ただし先着5名です。悪しからず)

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自主制作本を献本しました :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 支社版フレーム切手  »