« 薩摩半島路線バスの旅(3-1)  | トップページ | 薩摩半島路線バスの旅(3-3)  »

2011年7月31日 (日)

薩摩半島路線バスの旅(3-2) 

内山田上で降りるとき、運転士さんに伊集院方面はどこで待てば良いかきいた。答えは「ここでなくて、小学校前まで歩いた方が確実だ」とのこと。ここは、経由によって分岐するところ。反対側のポールは立っていないから、通過されてしまう恐れがあるのだろう。どうせ、廃線跡を見学しながらだから、小学校前まであるこう。

 国道の陸橋の下にホームが残っているという記述がネット上にはあったのだが、もうすでにその遺構はなくなってしまったようだ。歩いている道路が廃線跡なのか、それとも草むらが廃線跡なのかさえもわからない。しばらく行くと、どうも踏切だったらしい痕跡に出会った。
Satuma20110731_06
 銀色の鋲が停止線?で線路の跡が左右に走っている新しいアスファルト部分だろう。この右側にあるお宅で、ちょうど洗濯物を干していたので、失礼しますと話しを伺ったら、まさにその通りだった。線路跡らしい砂利道が、その方の敷地内に続いていたので、許可をいただいて行けるところまで行ってみる。すぐに川に突き当たる。もう橋脚もなにも残っていないそうで、対岸は遊水池にするとき、すべてこわしてしまったとのこと。
 そこから、小学校前バス停までは、わずかだった。

16 内山田小学校9:44→10:34日置(鹿児島交通)
 定刻に1分遅れて、伊集院行きのバスがやってきた。けっこう乗っていたが、加世田で自分以外の人は降りてしまった。
Satuma20110731_07
 空いてしまうと、座席に目が行ってしまった。このバス、都バスの中古じゃないですか。
Satuma20110731_08
 だって、座席が「みんくる」なんだもの。都バス時代にはなかったはずの、日よけカーテンがついてはいるけれど。
Satuma20110731_09
 優先席は、赤い「みんくる」のモケットだった。
Satuma20110731_10
 伊作からさつま湖にかけては、廃線跡が煉瓦色に舗装されたサイクリングロードになっているのが確認できた。

 日置で降りる。ここから、いわさきバスネットワークの湯之元行きに乗り換える。運転士さんは、バス停は別だから、郵便局の脇で待つようにと教えてくれた。

|

« 薩摩半島路線バスの旅(3-1)  | トップページ | 薩摩半島路線バスの旅(3-3)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/52359228

この記事へのトラックバック一覧です: 薩摩半島路線バスの旅(3-2) :

« 薩摩半島路線バスの旅(3-1)  | トップページ | 薩摩半島路線バスの旅(3-3)  »