« 青春18JR6社の旅(1)  | トップページ | 青春18JR6社の旅(3)  »

2011年7月24日 (日)

青春18JR6社の旅(2) 

3 知内9:38(白鳥93号)9:46木古内
 今度は、スーパーでない白鳥。JR東日本の485系を使っているやつだ。でも、今ではスーパーでない「白鳥」の方が希少になってしまった。
Jr6_20110724_06
 今度は6両編成で、空いている2人掛けはなかった。断って通路側に座らせてもらうのも、わずか8分なので面倒。自由席のデッキに立って過ごした。
Jr6_20110724_07

4 木古内10:56(スーパー白鳥26号)11:43蟹田
 今度のスーパー白鳥は6両編成だった。それでも、自由席は先ほど乗った22号より空いていた。日曜日の朝だからだろうか、人の流れは本州から北海道は多いけれども、その反対はそれほど多くないようだ。
Jr6_20110724_08
 停車する列車はなくなってしまったけれども、吉岡海底駅には明かりが灯っていた。最深部の青緑表示もしっかり確認することができた。
Jr6_20110724_09
 快適な50分間を過ごして蟹田に到着した。到着前に、青春18きっぷ利用者に対する、乗り越すと乗車した全区間の運賃・料金が必要になるので注意するようにとのアナウンスが流れた。

5 蟹田12:19(リゾートあすなろ津軽2号)12:49
 普通列車は14時過ぎまでないが、すぐにリゾート列車が接続する。今回は、この乗り継ぎを利用しようと、指定券を用意しておいた。
Jr6_20110724_10
 蟹田を発車すると、次の停車駅が青森。終点の新青森まで乗っても40分ほどのミニトリップ列車なのだ。車内販売はナシ。そして乗客は・・・。なんと、2両編成のリゾート列車に、自分しか乗っていないことがわかった。

 青森に到着したら、そのまま改札を抜けて昼食に行く。行ったのは、駅近くの「おさない」という食堂。前に青森に泊まったときに、何回か夕食を食べたところ。とにかく安くておいしい。今日は、刺身定食750円にする。ホタテとマグロの刺身を中心に、小鉢や味噌汁がついて、けっこうボリュームがあった。もちろん、おいしかった。

|

« 青春18JR6社の旅(1)  | トップページ | 青春18JR6社の旅(3)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/52297778

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18JR6社の旅(2) :

« 青春18JR6社の旅(1)  | トップページ | 青春18JR6社の旅(3)  »