« 薩摩半島路線バスの旅(1-6)  | トップページ | 薩摩半島路線バスの旅(2-2)  »

2011年7月31日 (日)

薩摩半島路線バスの旅(2-1) 

2011年7月30日(土)。今朝も晴れだった。今日は、薩摩半島の南西部に乗る。海岸沿いを走る路線は、途中で断線しているので、往復乗車を繰り返すことになる。

8 枕崎8:25→9:24今岳(鹿児島交通)
 薩摩半島の南岸を走る国道を行くバス路線は、途中の今岳までしか行っていない。片道1時間弱のその路線に乗って、往復してこよう。
 やってきたのは、いすゞの中型バス。往復乗車をするので、趣旨と往復乗る旨を運転士さんに事前に伝えておく。「最近バスが人気なのかね。前もそういう人がいたよ」という。
Satuma20110730_01
 道路改修がすんでいるところもあれば、まだのところもある。坊は改修が済んで新しいトンネルがあるものの、バスは狭い旧道を走っていく。
Satuma20110730_02
 このバスも、少し破れてはいるが、国鉄~JRバス時代の車番表記が残っていた。このバスも移籍組なのだろう。
Satuma20110730_03
 仁田川から終点の今岳までの1区間が長かった。狭隘路を進んだ先に小さな集落があり、その集会場の空き地が終点の今岳バス停だった。9:20着のところ4分ほどお遅れての到着となった。

9 今岳9:25→10:23枕崎(鹿児島交通)
 時刻表では9:20着の9:20発。つまり、到着したらすぐ折り返しになっている。運転士さんに断って、バス停とバスの写真を撮らせてもらったので、1分かかってしまった。
Satuma20110730_04
 帰りの便は、集落ごとに乗車がかなりあった。枕崎へ出るのなら、これより早い1便に乗るのではと思っていたのだが、買い物の人はこの2便を利用するようだ。
 途中で、この旅最後になるだろう、開聞岳が海からそびえている様子を見ることができた。
Satuma20110730_05

|

« 薩摩半島路線バスの旅(1-6)  | トップページ | 薩摩半島路線バスの旅(2-2)  »

コメント

はじめまして。今岳までいかれたのですね。私の実家はそのバスの途中の栗ヶ野というところでして、懐かしく拝見させていただきました。
泊あたりは本当に道が狭くて、昔はすれ違いの際、バックする時に後ろを見る為に車掌さんが乗ってました。

バスもどんどん本数が減ってしまい、帰るときは空港からレンタカーを借りることが多くなりましたよ。

私も旅を乗り潰しの旅を2007年くらいから始めまして、時々でかけています。(今過去の旅を思い出してブログにまとめてたりします。)

今後もブログ楽しみにしております。
でわー

投稿: marron | 2011年8月 1日 (月) 13時23分

marronさん、こんにちは。

栗野ですか、たしか枕崎市から南さつま市に入ってすぐのところですよね。「ニンジンの里」とかいった看板が建っていたような気がします。

この発言の一番下の写真は、その栗野から枕崎市に入ってすぐくらいのところから撮ったのではなかったかと思います。

よろしかったら、また遊びに来て下さいね。

投稿: わらしべ長者町 | 2011年8月 1日 (月) 18時41分

そうです。あのあたりから、坊津ということになります。

うちの畑でもばーさんがにんじん作ってました。二層式の洗濯機でガンガン洗って出荷してましたよ(笑)

栗野小学校が一昨年くらいに廃校になってしまい、大変なことになっています。うちの父親は中学校は小泊のほうまで歩いて行っていたらしく。道はよくなってますけど、過疎化止まりません。

他のブログも楽しく読ませていただいてます。
あちこちに、コメント付けて歩かせていただきます。

投稿: marron | 2011年8月 1日 (月) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/52352117

この記事へのトラックバック一覧です: 薩摩半島路線バスの旅(2-1) :

« 薩摩半島路線バスの旅(1-6)  | トップページ | 薩摩半島路線バスの旅(2-2)  »