« 青春18JR6社の旅(9)  | トップページ | 青春18JR6社の旅(11)  »

2011年7月27日 (水)

青春18JR6社の旅(10) 

阿波池田では、お昼にはちょっと早いけれども、駅の隣にある「ちゃみせ」という店で祖谷そば450円をいただく。四国では数少ないそば文化だもの。
Jr6_20110727_06
出汁が、さぬきうどんのような薄味だったのが、ちょっとカルチャーショックだった。まあ、きのうのまねきの「そば」も、こういう出汁だったけれども。

24 阿波池田10:37(424D)11:23琴平
Jr6_20110727_07
数少ない、土讃線の普通列車で、徳島・香川県境を越える。まずは佃を過ぎて、吉野川を鉄橋で渡る。
Jr6_20110727_08
そして、どんどん坂を上る途中に箸蔵駅がある。地図を見るとわかるけれも、180度ターンしているので、この辺りから下の方に、先ほど渡った吉野川の鉄橋が見える。
 そして次が、この区間のメインイベント、坪尻駅だ。山の中のスイッチバック駅で、車両がワンマンタイプの1000形だから、前がよく見えるのだ。
 右側に上り坂の本線があり、左側に平らになった駅への引き込み線があるのが、正面からよく見えた。
Jr6_20110727_09
 発車は、運転士さんがエンド交換して操作するのだった。その先のトンネルを抜けて下り坂になると、どうやら県境を越えたようだ。
Jr6_20110727_10

|

« 青春18JR6社の旅(9)  | トップページ | 青春18JR6社の旅(11)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/52325790

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18JR6社の旅(10) :

« 青春18JR6社の旅(9)  | トップページ | 青春18JR6社の旅(11)  »