« 青春18JR6社の旅(16)  | トップページ | 薩摩半島路線バスの旅(1-2)  »

2011年7月29日 (金)

薩摩半島路線バスの旅(1-1) 

2011年7月29日(金)。今朝は晴れていた。今日から、明後日の午前中まで2日半に渡って、薩摩半島路線バスの旅をやって、その後九州新幹線の未乗区間に乗って、日曜日の午後、福岡空港から帰る予定にしている。
 本当は、この4月から指宿で走っている、ボンネットバスを使った「ディスカバリーIBUSUKI」というツアーをするつもりだった。夏休み中は平日も運行とあったので、このツアーを組み入れて薩摩半島を楽しむ予定だった。予約を兼ねて、申込先の指宿観光協会に電話をすると、平日運転は8月1日からで7月中は土休日しか運転しないとのこと。それではと、sunQパスを使った、路線バスの旅に切り替えたのだった。区間は鹿児島から湯之元まで。今日はその初日になる。

0 枕崎6:20→8:17山形屋バスセンター(鹿児島交通)
 昨夜は枕崎に泊まったので、スタート地点の鹿児島までオプションとして特急バスに乗っていく。枕崎6:20の特急バスは、トップドアリクライニングシートだった。鹿児島市内だけでなく、最初から特急運転で停車する停留所が限られていた。
Satuma20110729_01
 枕崎市から南九州市に入ると、霧が出てきて辺り一面が白くなってきた。
 途中から乗ってくる人も多い。降りる人はいないから、みんな鹿児島市内まで通勤・通学に使っているのだろう。制服の高校生もかなり乗っている。座っていけるとはいえ、毎日峠越え1時間以上のバス通学はたいへんだと思う。
 峠のトンネルを出ると、目の前に鹿児島湾と大隅半島が見えるのは、ちょっとした感激だった。
 平日の通勤時間帯で道路は混雑している。終点の山形屋バスセンター到着は、予定の7:55からかなり遅れて8:17だった。
 バスセンターという名前から、窓口や売店が並んだターミナルを想像していた。ここで、朝食くらいとれるだろうと考えていたのだが、ビルの1階に窓口と乗り場が並んでいるだけで、売店などどこにもなく、空腹を我慢するしかなかった。

1 山形屋バスセンター8:30→10:33指宿駅前
 ここから、薩摩半島路線バスの旅が実質スタートする。指宿方面の山川桟橋行きに乗車する。やってきたのは、3扉の路線車だった。指宿といえば観光地。今乗ってきた特急バスくらいのグレードを期待していたのだが。
Satuma20110729_02
 それでも、乗客が少ないので、車内で桜島の写真を撮っていても、それほどはずかしくはなかった。ちょうど、s倉島が噴煙を上げたところで、灰色の噴煙が立ち上っていくのが見えた。
Satuma20110729_03
 喜入が近づくと日石(今はエネオスだよね)の石油備蓄基地のタンクがずらりと並んでいるのが見えてきた。
Satuma20110729_04
 このバスも、けっきょく20分近く遅れて、10:15到着の予定が10:33到着となった。
Satuma20110729_05

|

« 青春18JR6社の旅(16)  | トップページ | 薩摩半島路線バスの旅(1-2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/52341006

この記事へのトラックバック一覧です: 薩摩半島路線バスの旅(1-1) :

« 青春18JR6社の旅(16)  | トップページ | 薩摩半島路線バスの旅(1-2)  »