« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

5月の京葉快速 

今日で5月も終わりです。そこで、今月の2234Mをまとめてみました。4日ほど観察できませんでしたけれども。

Keiyo_rap_20110531_1
Keiyo_rap_20110531_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月31日(火)。今朝は台風変じて温帯低気圧の吹き返しで、北風が強いです。空は曇っています。

いつも通り、下り初電の2223Mが走っていきます。
Sotobo209_20110531_01

その直後の上り232Mは、再び209系に戻っていました。
Sotobo209_20110531_02

そして、京葉快速2234Mです。
Sotobo233_20110531_03
今朝は553編成でした。本当に54編成は姿を見せなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

国吉駅にて 

今日は茂原へ買い物に行く前に、ちょっと国吉駅へ寄ってみました。

国吉駅のあじさいは、ようやく花をつけ始めたところです。まだ花の色は白のまま。でも、ほんの少しだけ、青くなり始めたのもありました。
Isumi_kuniyosi20110530_01
写っている列車は、14:06の下り21Dです。

駅ネコのクロちゃんは、ときどき小雨が降る天気なので、売店の方の話しによると、あまり遊び回らず待合室で過ごす時間が長かったそうです。
Isumi_kuniyosi20110530_02
クロちゃん、今日も元気そうでなにより。って、それお客さん用の座布団じゃないですか。クロちゃん専用の座布団に載らないと、怒られちゃうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

「フレーム切手」は郵便事業株式会社の登録商標です。

本日は2
件のリリースが出ました。すべて通販ショップ扱いはありません。

5月30日14:00に郵便局株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

さくらんぼ生産量日本一 佐藤錦発祥の地『山形県 東根市』
販売日 2011年6月6日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 東根市、新庄市、寒河江市、村山市、尾花沢市、山形市、上山市、天童市、最上郡、東村山郡、西村山郡、北村山郡内の計138局 

シートはオリジナルです。


5月30日15:00に郵便局株式会社東海支社からリリース文が配信されました。 

絞りの里 有松・伝統の戦いの地 桶狭間
販売日 2011年6月1日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 名古屋市緑区・昭和区・瑞穂区・熱田区・港区・南区・天白区内の計114局

シートはグリーン(50円)です。それにしても、今日の2件はどちらもタイトルが長いです。そして、販売部数に比べて販売局数が多いです。平均、1局10枚以下だものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月30日(月)。今朝は大雨かと思っていたら、なんと曇りです。雨は落ちていませんでした。土曜出勤の代休なので、大雨ならゆっくり寝ている予定だったのですが、でかけてきました。

下り初電の2223Mが走っていきます。
Sotobo209_20110530_01

その直後の上り232Mは、今朝は113系でした。
Sotobo113_20110530_02
千葉方が211編成です。

Sotobo113_20110530_03
安房鴨川方がS224編成でした。5月26日に115編成が廃車回送されて、今現在房総に残っている113系は4両編成が12本。総動員しても、8連6本しか組めません。実質4本くらいしか運用には出ていないようです。

そして京葉快速2234Mです。
Sotobo233_20110530_04
順当に551編成でした。いつになったら3編成ローテーションを破って54編成の再登場になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市電保存館(2) 

横浜市電保存館へ初めて来ました。「禁煙」の表示はあるものの「撮影禁止」の表示はありませんでした。実際に子供の写真を撮っているお父さんもたくさんいますし、撮影はOKのようでしたので、自分も写真を撮りました。

Siden20110529_06
薄暗いですが、屋根のある場所で保存されているので、状態はいいです。

Siden20110529_07
かなり新しい型です。1600型だそうです。

Siden20110529_08
横浜市電最後の日まで走った1500型だそうです。

Siden20110529_09
引きがないので、正面からすべてを撮ることは出来ませんが、こんな形で各車両が並んでいます。

規模はそれほど大きくないので、ゆっくり見学しても1時間あれば大丈夫かなといった感じでした。空いていれば、保存図書の閲覧とかして楽しめるのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市電保存館(1) 

久里浜から横須賀線で大船へ。そこから根岸線に乗り換えて、磯子で降りました。そこからバスで市電保存館に向かいます。でも、これが間違いでした。根岸で降りればバスの本数が多かったのですね。バスは30分に1本しかなく、25分ほど待って78系統の根岸駅行きに乗って25分ほどかかって着きました。

Siden20110529_01

保存館の上は、住宅になっているようです。1階が市電保存館です。
Siden20110529_02

入口には、ポールが1本建っています。
Siden20110529_03

これは、かつての市電の架線柱だったのだそうです。奇跡的に残っていたものを、移設して保存しているそうです。
Siden20110529_04

入館料は100円です。中は親子連れで混雑していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急ファミリー鉄道フェスタ(4) 

2011年5月29日(日)。久里浜の京急ファインテック久里浜事業所で、毎年恒例の「京急ファミリー鉄道フェスタ2011」が開催されました。

会場へは、京急バスが無料のシャトルバスを運行しています。行きは京急久里浜駅前から出るので、JR久里浜駅から行くなら、直接歩いて行ってもそれほど大変ではありません。帰りは、JRと京急の中間くらいが下車場所になるし、片道くらいはバスに乗ってもいいかなと、シャトルバスを利用しました。

Keikyu20110529_16
お昼前には雨が本降りになったので、早めに帰る人が大勢並んでいます。

Keikyu20110529_17
バスに貼られた番号を観察すると、20台近いバスが使われているようです。

Keikyu20110529_18
途中で、リムジン塗色?の赤バスが1台だけ使われているのを見かけて、久里浜駅前で狙ってみます。

Keikyu20110529_19
赤バスはなかなかやってきません。

Keikyu20110529_20
ようやくやってきました。前中ドアでハイバックシート。普段はどこで使われているのでしょうか。選んで乗れるわけではなく、20台近いバスの1台なので、運がよくないと乗れないバスでした。乗りたかったな。

この後、大船経由で前から一度行ってみたかった、横浜市電保存館へ行くことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急ファミリー鉄道フェスタ(3) 

2011年5月29日(日)。久里浜の京急ファインテック久里浜事業所で、毎年恒例の「京急ファミリー鉄道フェスタ2011」が開催されました。

Keikyu20110529_11
今年は保存車両の車内見学ができませんでした。そのおかげで、昨年までとは違い、人が入らない写真が撮れました。

Keikyu20110529_12
お子様限定の運転席体験車両です。昨年はステンレス車両でしたが、今年はこれでした。

Keikyu20110529_13
「快特」「エアポート快特」「アクセス特急」と優等列車の行き先表示が勢揃いです。

Keikyu20110529_14
中間車の連結面や、棒形の中間連結器が見られるのも、イベントならではです。

Keikyu20110529_15
物販会場では、いろいろと売っていました。京急百貨店のブースでは、昨年の切手シートを今年も売っていましたが、何と2003年11月に京浜急行が売り出した「羽田空港駅開業5周年」の写真付き切手(売価1600円)が、切手代のみの800円で売られていました。デッドストック品かな。さすがに、今更買いませんでしたけど。

そして、お楽しみの秩父鉄道の硬券つかみ取り。1回300円です。今年は羊山公園の絵入り急行券を作らなかったとのことで、ちょっと残念です。出てきたきっぷは、昨年末から今年4月くらいまでのものでした。今年は、精算券とか往復切符とか、あまりおもしろいものはつかめませんでした。ちなみに、小人中央駅名が3枚、小人両側駅名が1枚。往復券の半券が1枚。大人中央駅名が15枚。大人両側駅名が20枚。急行券が46枚の86枚でした。今年は、1回しか挑戦しませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

京急ファミリー鉄道フェスタ(2) 

2011年5月29日(日)。久里浜の京急ファインテック久里浜事業所で、毎年恒例の「京急ファミリー鉄道フェスタ2011」が開催されました。

軌陸車がたくさん展示されていました。
Keikyu20110529_06
架線検測車だそうです。

Keikyu20110529_07
これは何でしょう。クレーンを積んでいます。

Keikyu20110529_08
これは高所作業車でしょうか。

Keikyu20110529_09
こんな風に縦列に停まっていました。

Keikyu20110529_10
マルチプルタイタンパーなどの保線車も一同に展示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急ファミリー鉄道フェスタ(1) 

2011年5月29日(日)。久里浜の京急ファインテック久里浜事業所で、毎年恒例の「京急ファミリー鉄道フェスタ2011」が開催されました。

今年は、限定バスコレの販売もないので、まっすぐにバスの展示会場へ行きました。早い時間でないと、すっきり撮影することは不可能です。
Keikyu20110529_01
京浜急行バスは、バリアフリー対応中距離バスということで、高速仕様の路線車が展示されていました。

Keikyu20110529_02
普段は、横浜と浮島を結んでいる路線で使われているようです。

Keikyu20110529_03
車内はハイバックシートにシートベルト付き。枕カバーもあり、カーテンも装備されています。最後列のみベンチシートなので、そこは外れでしょうか。

Keikyu20110529_04
臨港バスは、ノンステップのハイブリッド車でした。

Keikyu20110529_05
あと、もう1台。京急バスの路線車(ノンステップのハイブリッド車)も展示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月29日(日)。今朝は小雨が降っていました。出かける予定があったので、上総一ノ宮駅近くのコインパークに車を停めて、上総一ノ宮駅で撮りました。

勝浦始発の232Mは、113系から209系に戻っていました。
Sotobo209_20110529_01

京葉快速2234Mですが、今日もE233系でした。
Sotobo233_20110529_02
552編成です。ということは、明日は551編成でしょう。たぶん。雨がひどかったら、明日はお休みにしようと思っています。

この2234Mから接続する、上総一ノ宮6:44の久里浜行き総武快速に乗って、京急ファミリー鉄道フェスタへ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月28日(土)。今朝は雨です。でも、今日は出勤なのでいつも通りの早起き。ということで、広町踏切まで出かけます。

いつもの通り、2223Mが走っていきます。空は雲が厚いです。もちろん、雨が降っています。
Sotobo209_20110528_01

雨がレンズに着かないように、片手で覆って撮影するものだから、すぐにフレーミングがずれます。
Sotobo113_20110528_02
232Mは今日も113系だったのに、後ろが切れてしまいました。千葉方は106編成でした。

Sotobo113_20110528_03
安房鴨川方は217編成でした。

Sotobo233_20110528_04
京葉快速2234MはE233系の553編成でした。本当にきっちり3編成ローテーションをしているみたいです。いつになったら54編成が来るのか、まったくわかりません。6月10日以降、ヘッドマークが付くまでやってこないのかもしれません。

明日は、いすみ鉄道の特製ヘッドマークキハ52も魅力ですが、中止にならない限り京急のファミリーフェスタに行く予定です。秩父鉄道の硬券つかみ取りが楽しいんだよな。この時期は、羊山公園の絵入り急行券がたくさん入っていて。今年もあるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月27日(金)。今朝はどんよりとした曇りでした。

下り初電の2223Mが走っていきます。だいぶ下草が伸びてきて、足回りが見えなくなってきました。
Sotobo209_20110527_01

その直後の上り232Mです。久しぶりに113系がやってきました。
Sotobo113_20110527_02
千葉方が218編成でした。

Sotobo113_20110527_03
安房鴨川方は236編成でした。

そして、京葉快速です。
Sotobo233_20110527_04
3編成ローテーションが順調なようで、今日はE233系の551編成でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

「フレーム切手」は郵便事業株式会社の登録商標です。

本日は1
件のリリースが出ました。通販ショップ扱いはありません。

5月27日14:00に郵便局株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

Welcome to Kamogawa vol.3
販売日 2011年6月1日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 鴨川市内の計13局  

シートは大型です。千葉県内では、久々の支社版フレーム切手の販売です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月26日(木)。今朝は薄曇り。雲を透かして太陽の場所がわかるような天気でした。

下り初電の2223Mが走っていきます。
Sotobo209_20110526

その直後の上り232Mは、今日も209系でした。
Sotobo209_20110526_02

そして、京葉快速ですが、今朝もE233系でした。
Sotobo233_20110526_03
今朝は552編成です。201系の54編成ですが、入場してパンタグラフを菱形からシングルアームに交換しているらしいです。ということで、次に登場するときはきっとシングルパンタになっているのでしょう。これで、運用が終われば、即自力回送で廃車になるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月25日(水)。今朝は晴れました。

下り初電の2223Mが走っていきます。
Sotobo209_20110525_01

その直後にやってくる上り232Mは今日も209系でした。
Sotobo209_20110525_02

そして、京葉快速2234Mですが・・・。
Sotobo233_20110525_03
E233系の553編成でした。この編成が投入されてから、3日ローテーションが続いているようです。観察できなかった22日に54編成が入ったのなら別ですが、観察している限り553編成投入以降54編成は外房線に来ていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

「フレーム切手」は郵便事業株式会社の登録商標です。

本日は5
件のリリースが出ました。すべて通販ショップ扱いはありません。

5月25日14:00に郵便局株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

山形花笠まつり 
販売日 2011年6月1日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 山形市、上山市、天童市、東村山郡内の計68局  

シートはシルバーです。


5月25日15:00に郵便局株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。 

浪漫函館紀行
販売日 2011年6月1日(~未発表
販売部数 2,000部
販売地域 鹿部町、七飯町、知内町、木古内町、函館市、北斗市内の全81局と札幌中央局、札幌大通公園前局、札幌大通局、札幌駅パセオ局、北海道庁赤れんが前局、新千歳空港内局、小樽堺町局の計88局

シートはオリジナルです。


5月25日15:00に郵便局株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。 

北海道ガーデン街道
販売日 2011年6月1日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 愛別町、旭川市、足寄町、池田町、上士幌町、浦幌町、音更町、帯広市、上川町、上富良野町、更別村、鹿追町、士幌町、清水町、占冠村、新得町、大樹町、鷹 栖町、当麻町、豊頃町、中札内村、中富良野町、美瑛町、東神楽町、東川町、比布町、広尾町、富良野市、本別町、幕別町、南富良野町、芽室町、陸別町内の全 182局と札幌中央局、札幌大通公園前局、札幌大通局、札幌駅パセオ局、北海道庁赤れんが前局、新千歳空港内局、小樽堺町局の計189局

シートは大型です。


5月25日15:00に郵便局株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。 

大和五條
販売日 2011年5月27日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 五條市、吉野郡内の計51局 

シートはオリジナルです。


5月25日15:00に郵便局株式会社信越支社からリリース文が配信されました。 

ふるさと新潟
販売日 2011年6月1日(~未発表
販売部数 1,500部
販売地域 新潟市東区・中央区・秋葉区、五泉市、阿賀町内の全81局と松浜局、新崎駅前局、太郎代局、亀田局、横越局、沢海局、新潟中央卸売市場内局、亀田袋津局、亀田城山局、酒屋局、白根局、庄瀬局、臼井局、味方局、白根中央通局、新飯田局、白根大通局の計98局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

さよなら地上アナログ波2ヶ月前 

 7月24日の地上アナログ波停止まで、あと2ヶ月となりました。すでに、1月から地上波を見ない生活に入っています。夜はテレビをつけないので、静かにネットor寅さんDVDマガジン鑑賞の日々です。6月一杯で、NHKの受信契約も解約しようと考えています。

 とくに見たいドラマがあるわけでもないなら、インターネットとCS(HDでない従来のやつね)のよくばりパックで十分です。ということで、UHFアンテナも工事してないし、いまだに29インチブラウン管テレビです。そのうち、ブラウン管の大型テレビも昭和の遺品になるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月24日(火)。今朝は雨です。でも、それほど強い降りではないし、54編成が来るかもという情報をいただいては、出かけないわけにはいきません。

下り初電の2223Mが、雨の中走っていきます。雨はそれほど降っていません。
Sotobo209_20110524_01

上り232Mは、今日も209系でした。
Sotobo209_20110524_02

そして、京葉快速です。
Sotobo233_20110524_03
E233系の551編成でした。これで3日ローテーションなら、明日は553編成か54編成です。

JR東日本千葉支社は、6月10日~20日に、201系にヘッドマークをつけることを発表しました。そうなると、ヘッドマークをつける前に、もう何回か外房快速に入ってもらえないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月23日(月)。今朝はどんよりとした曇りでした。

下り初電の2223Mがいつものように走っていきます。土曜日に撮影したあやめは、草刈りがあって刈り取られていました。
Sotobo209_20110523_01

その直後の上り232Mです。さすがに連続113系は途切れたようです。
Sotobo209_20110523_02

そして、今朝の京葉快速です。
Sotobo233_20110523_03
E233系の552編成でした。どうやら3編成ローテーションのようです。昨日は553編成か54編成のどちらかだったのでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

「フレーム切手」は郵便事業株式会社の登録商標です。

本日は1
件のリリースが出ました。通販ショップ扱いはありません。

5月23日15:00に郵便局株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

葛飾の花菖蒲III 初夏を彩る花菖蒲 
販売日 2011年6月1日(~未発表
販売部数 4,000部

販売地域 葛飾区、足立区内の全112局と西新橋局、日本橋南局の計114局 

シートは大型です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行田の藏めぐりの収穫 

行田の「藏めぐりスタンプラリー2011」に参加して、ゲットしたものです。タダでもらったモノもあれば、買った物もありますけど。

Gyoda20110522_26
昼食は、シャロンという洋菓子屋さんでパンを買いました。300円以上の購入で「行田ラスク」プレゼントとのこと。そちれも1ついただいてきました。写真は購入したパンの1つ「シベリア」。なんだかなつかしくなって買ってしまいました。自分のよく知っているのは真ん中があんこなんですが、これは羊羹になっているものでした。あんこよりもあっさりで、おいしかったです。水城公園のベンチに座って食べました。

Gyoda20110522_27
行田といえばゼリーフライですね。今回は、2ヶ所で買いました。基本はおからのころも無しフライにソースをつけたもののようです。水城公園近くの駒形屋で買ったのは、そのプレーンなもの。串にささって1個60円でした。

Gyoda20110522_28
そしてこれが、NPO法人忠次郎蔵で買ったもの。ひじき?とかいろいろと混ぜてあります。少し大きめで串はありません。これは1個100円でした。

ちなみに、ゼリーフライのキャラクター「こぜにちゃん」が登録されたそうで、いろいろなキャラクターグッズが売ってました。800円のバッグをついつい買ってしまいました。

Gyoda20110522_29
大多喜は本多忠勝の大多喜城下、十万石のまち。そこでは十万石最中が有名です。そして、行田も忍城下の十万石のまち。こちらには、十万石饅頭という銘菓があって、スタンプラリー参加者にはお店をたずねると1個無料でいただけました。この2日間は饅頭まつりだそうで、普段は1個100円以上するこの十万石饅頭が1個60円とのこと。もちろん、1個もらっただけでなく、お土産に買っていきましたよ。

Gyoda20110522_30
そして、小川源右衛門藏で買ったのがこれ。ここは、各社のノベルティのデッドストックを並べて売っているのです。一昨年は、サントリービールのペンギンペアグラスを買いました。今年は、サントリーオールドのグラスです。これ、確か小学生くらいです。特製ラベルのオールド1本に1個ついていました。子供心にきれいだなと気に入って、父親に無理言って(あまり父はウイスキーは飲みませんでしたが)1本、たしかカワセミのを買ってもらって、グラスをもらった記憶があります。その、思い出のグラスが1個100円で売ってました。とりあえず3種類あったので、3個買ってしまいました。

この他にも、スタンプラリー完成記念品が、牧禎舎の藍染めきんちゃく。スクールイサミでは、足袋に入れるステッカーがもらえたり、藏ギャラリー「門」ではポストカードのプレゼント。今津藏では今津印刷のうちわをくれました。この日は暑かったので、これはかなりうれしかったです。

ということで、行田では楽しい1日を過ごすことが出来ました。最後が雨だったのは残念ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

行田のボンネットバス(3) 

奥貫蔵10:30の赤バスに乗車します。

Gyoda20110522_21
スタンプラリー用紙のバス乗車券を整理券に交換しました。

Gyoda20110522_22
所有者のKさんが2台とも運転できるはずがありません。赤バスは、ものづくり大学の先生がドライバーで学生さんがガイドさんでした。右側にチラッと見えているのが、学生のガイドさんです。

Gyoda20110522_23
赤バスは所要時間30分とのことで、けっこう遠くまで行きます。埼玉古墳公園の脇を行きます。

Gyoda20110522_24
車窓から古墳を見ることが出来ました。

Gyoda20110522_25
その先で、一面麦畑が広がる中を走っていきます。

最後は、大仏の見えるところへも迂回して、結局40分かかって、スタート地点へ戻りました。ドライバーの大学の先生、ごくろうさまでした。それから、ガイド役の学生さんもネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行田のボンネットバス(2) 

行田をボンネットバスが走ります。
Gyoda20110522_16
青バスが1回目の運行を終えて、奥貫蔵に戻ってきました。

Gyoda20110522_17
水城(すいじょう)公園の脇を走るボンネットバスです。

Gyoda20110522_18
戻ってきたバスは、頭から熊信の駐車場に入ります。1台が出発してから、方向転換です。昼間は2台並びがなかなか見られません。

Gyoda20110522_19

今日は13:30を回ると急に暗くなって、雨が降ってきました。風も強かったです。そんな中、「まちづくりミュージアム」の前に、本日最後の青バスがやってきました。
Gyoda20110522_20
これに乗せてもらって、奥貫蔵まで戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行田の藏めぐり 

今日のスタンプラリーは15時までです。先にボンネットバスに乗って、それからラリー完成を目指します。
Gyoda20110522_11
武蔵野銀行です。

Gyoda20110522_12
今津印刷の今津藏です。印刷屋さん
の藏です。

Gyoda20110522_13_2
新町ホッとステーションの石蔵です。一昨年は、ここはラリーポイントではなかったような気がします。

Gyoda20110522_14
新町会館です。もと銀行の洋風建築ですが、今年から建物の老朽化で2階の公開が中止になっていました。

Gyoda20110522_15
小川源右衛門藏です。酒屋さんの藏で、掘り出し物のノベルティグッズが並んでいます。一昨年はサントリービールのペンギンタンブラー2個セットを、たしか300円だか500円で買いました。

このほかにも、たくさんの藏があり、スタンプラリーは全16ヶ所を回ることになっています。もちろん、全部まわりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行田のボンネットバス(1) 

奥貫蔵隣の熊信の駐車場が、ボンネットバスの発着所になっていました。すでに、Kさんのボンネットバスが停まっていました。
Gyoda20110522_06
オーナーであり、本日のドライバーでもあるKさんに挨拶をします。今日の方向幕は「体験乗車」になっていました。

Gyoda20110522_07
奥貫蔵に乗車案内がありました。どうやら、今年は受付場所は1ヶ所しかないようです。一昨年はここでも参加料を払ってスタンプラリー用紙をもらえたのですが・・・。

Gyoda20110522_08
バス停があり、青バスと赤バスの時刻が書いてあります。1回しか乗れないそうなので、10:30の赤バスに乗るべく、受付を済ませてくることにします。

Gyoda20110522_09
受付場所の「足袋蔵まちづくりミュージアム」へ向かう途中、足袋蔵ギャラリー「門」の駐車場に赤バスことKさん所有の日産ディーゼルU690が停まっていました。

受付を済ませて、奥貫蔵に戻ると、ちょうど10:00の青バスが出発するところでした。
Gyoda20110522_10
ちなみに、Kさん所有の2台のボンネットバスが、正面を向いて並んだのは、朝のこのときだけでした。う~ん、こんなことなら、もっとしっかり並びを撮っておくのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行田へ 

昨夜は船橋の生家へ泊まりました。昨日と今日、5月の第3土日は、行田の「ぎょうだ藏めぐりまちあるき」スタンプラリーがあります。ここでは、ここ数年スタンプラリーとあわせて、ボンネットバスが走ります。一昨年、初めて行ってなかなか楽しかったのです。昨年は、心臓の手術をして退院直後とあって、自宅で療養してました。今年は再びと、でかけたのでした。

Gyoda20110522_01
上野駅の地平ホームからでる普通列車に乗るのは久しぶりです。

Gyoda20110522_02
前5両、11~15号車は籠原で切り離しです。でも、この車両にセミクロスシートの1000番台がつながっていました。吹上までなので、こちらに座って行きます。

Gyoda20110522_03
吹上で降りて、列車を見送ります。行田といっても目的は市街地。最寄り駅は秩父鉄道の行田市駅。熊谷~行田市は300円するのですが、吹上からのバスなら230円で、1時間に3~4本と本数も多いのです。やはり、こちらを選択してしまいました。

Gyoda20110522_04
吹上駅前から佐間経由の行田車庫行きに乗ります。経由は2つありますが、こちらの方が本数も多いです。

Gyoda20110522_05
途中の新兵衛地蔵入口で降ります。ここは、佐間経由でないと通りません。このバス停の目の前に、ボンネットバスの発着所になっている奥貫蔵があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

本日の観光急行1号 

今日は11時過ぎには出かけなければいけないので、観光急行1号だけ様子を見てきました。

Isumi_kiha52_20110521_01
大多喜駅で発車準備中です。今日は土曜日なので、ヘッドマークは「夷隅」です。

城見ヶ丘~上総中川間の、かやぶき屋根が見えるポイントで撮影します。でも、夏至に近くなるこの時期は、もうこちら側に太陽が当たらないのですね。しかも、車両の長さを判断誤ってしまいました。
Isumi_kiha52_20110521_02

ここで帰ろうと考えていたのですが、急遽裏道を通って、国吉~新田野間の水田脇に移動です。
Isumi_kiha52_20110521_03
いろいろな濃さの緑の中を走るキハです。

Isumi_kiha52_20110521_04
もう1枚サイドで撮って、これで今日の撮影は終了です。

明日はムーミン列車応援団の総会だそうです。応援団のWEBで知りました。一応、会員らしいのですが、連絡はありませんでした。何でだろうと考えたら、国吉駅に出入りしているうちに「自然入会」してしまい、年会費や義援金はすべて銀行振込。だから、未だに正式な入団申込書を書いてなかったのですね。これじゃ、連絡がないはずです。ということで、明日は別な用事を入れてしまっていたので欠席します。とはいっても、連絡先のない幽霊団員ですから、数的には問題ないかと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展「ローカル線~木原線からいすみ鉄道」 

今日は第3土曜日。7月までの第3土曜日は、仲間内の勉強会の司会を引き受けてしまったので、午後から千葉にいなくてはいけない。11時に自宅を出れば間に合うので、それまでキハを見に行ってこよう。でも、その前に大原の「いすみ市水彩ギャラリー」で5月29日まで開催されている写真展『ローカル線~木原線からいすみ鉄道』を見に行こう。

8時40分に家を出る。コンビニで用事を済ませて、ちょうど9時に水彩ギャラリーに到着した。9時開館のはずだけれども、すでに3人ほどの方が鑑賞されていた。

いすみ市新田野在住の渡邉一弘さんの作品展で、1980年頃から今年までの写真40数枚が展示されていた。だいたい、どこでとったかわかるのだけれども、1枚だけ悩んでしまった。よ~く考えて、答えが出た。木原線時代の上総東駅だった。当時は、交換設備のない棒線駅。今、下りホームのあるところは草原だったんですね。それがわかると、とても懐かしくなってしまった。

チャンピオンズで改築される前の、東総元駅舎の夕景も、なかなかいい写真だった。

自分も木原線の最終日といすみ鉄道の初日は、当時住んでいた勝浦のアパートから、出勤前に原付で上総中野駅や総元駅へ行って撮影していたもの。そんな話しを、9時過ぎにやってきた撮影者の渡邉さんと話すことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月21日(土)。今朝も晴れています。このところ、朝の天気はいいですね。

下り初電の2223Mです。草むらにアヤメが咲いていたので、それを入れて撮ろうとしたのですが、草むらは足場が悪いです。もう少し、電柱にかからないようにシャッターを押すつもりが・・・。しかも傾いてるし。
Sotobo209_20110521_01

直後にやってくる上り232Mです。何と5日連続113系の登場となりました。
Sotobo113_20110521_02
千葉方は217編成です。

Sotobo113_20110521_03
安房鴨川方がS221編成でした。

そして、今朝の京葉快速ですが・・・。
Sotobo233_20110521_04
E233系の551編成でした。3編成ローテーションなら、明日は553編成の2回目の登場となるはずですが・・・。明日は出かける予定があって、残念ながら観察することが出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月20日(金)。今朝も晴れました。

下り初電の2223Mはいつもの通り209系の8両編成です。
Sotobo209_20110520_01

その直後にやってくる上り232Mですが、何と4日連続113系でした。こんなこともあるのですね。
Sotobo113_20110520_02
千葉方が211編成です。

Sotobo113_20110520_03
安房鴨川方がS224編成です。この編成も、復帰して走り始めたのですね。

そして、京葉快速2234Mですが・・・。
Sotobo233_20110520_04
今朝はE233系の552編成でした。やっぱり、E233系3本でローテーションなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

譲渡された作業用車両 

昨日、いすみ鉄道から小湊鉄道に譲渡された作業用車両ですが、間近に観察できたのでおもしろかったです。

Kominato_nakano20110519_21
この写真は、譲渡式典後に小湊の方が側線を運転しているところです。

最初はモーターカーだと思っていたのですが、始動時にエンジンを掛けて排気が上がりましたから、ディーゼルカーのようです。車体中央部に給油口のようなものがありました。

また、車体中央株に大きな鉄板があります。これは、どうやらジャッキアップ式の回転機構のようです。実際に見たのは、今はなき南部縦貫鉄道の見学会で除雪用小型ディーゼルカーがジャッキアップして、片側にしかついていないラッセルヘッドの向きを変えていました。今は、伊予鉄道の坊ちゃん列車用機関車がこの機構で回転しています。

たぶん、この作業車もクレーンが片側にしかついていないので、クレーン作業がしやすいようにジャッキアップして前後を入れ替えることができるのではないかと思います。いすみ鉄道では見られなかったけれども、小湊鉄道のどこかのイベントで実演してくれたら、ぜひ見に行きたいですね。

Kominato_nakano20110519_22_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

軌道バイク発進! 

譲渡イベントも終わって、鳥塚社長さんは社用車で帰って行かれました。自分は11:50の上り列車までホームで待ちます。参加者の大半は自家用車でここまで来たようで、半分くらいの方はもう帰ったようです。

小湊鉄道の車止めの前には、軌道バイクがあります。
Kominato_nakano20110519_11
ふだんは、養老渓谷にあるのでは。どうしてココにあるのだろう、と思っていたら・・・

Kominato_nakano20110519_12
人がやってきて、エンジンをかけようとしているではありませんか。えっ、動くんですか?

Kominato_nakano20110519_13
エンジンがかかって、走り始めました。3人乗っています。

Kominato_nakano20110519_14
駅名標の前を通過していきます。

Kominato_nakano20110519_15
先ほど譲渡された保線作業車の脇を通って、養老渓谷駅へと走っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保線作業車の譲渡式 

10:50頃、鳥塚社長さんが「それではお集まりいただいた鉄道ファンのみなさま、説明しますのでお集まりください」と声がかかりました。
Isumi_nakano20110519_06
たぶん、30人くらいの人が集まったと思います。房総中央鉄道館の館長さんや鶏卵牧場の社長さん、千葉日報の記者さん(たてぶえ列車のとき取材に来られた方でした)など、見知った顔もかなりありました。これから、側線をいすみ鉄道側から小湊手道側に向けて、保線作業車を走らせるとの説明がありました。

Isumi_nakano20110519_07
いすみ鉄道の運転士さんにより、いすみ鉄道側から出発です。

Isumi_nakano20110519_08
小湊鉄道側に到着してエンジンが切られます。

Isumi_nakano20110519_09
そのエンジンキー?を、いすみ鉄道から小湊鉄道へバトンタッチします。

Isumi_nakano20110519_10
両社の社員さんによる記念撮影です。載せてもいいかなと迷いましたが、いすみ鉄道社長ブログに載っていますし、明日の千葉日報にも載るでしょうから、公開可と判断しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上総中野駅へ 

今日は上総中野駅で、いすみ鉄道から小湊鉄道への保線作業車の譲渡式を行うとのことです。11時開催といすみ鉄道社長ブログに載っていました。今日は今日は9時半から14時までスケジュールが空いていたので・・・。素チャラか社員は時間休をとって、上総中野へ向かったのでした。

せっかくだから、大多喜まで行っていすみ鉄道で上総中野へと考えていたのですが、時間切れです。路上駐車できそうな東総元近くに車を停めて、ここからいすみ鉄道に乗っていきます。
Isumi_moomin20110519_01
東総元10:21の13Dは、ムーミン運転士さんと社長さんが乗っていました。それから、保育園児がたくさん乗っていました。保育士さんたちが「もうすぐムーミンが見えるよ」と子供たちに声をかけていました。

Isumi_moomin20110519_02
この時刻は、小湊鉄道もやってきます。いすみ207とキハ207の並びです。まあ、車番は写真からでは読めませんけど。

Isumi_moomin20110519_03
ホームにはたくさんの人がいます。「なんで平日の昼間にこんなにたくさんいるの?」と今日のイベントを知らない方はびっくりしておりました。

Kominato_byc20110519_05
小湊鉄道の車止めの前には、ふだんココでは見かけない、軌道バイクが停まっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月19日(木)。今朝は久しぶりに気持ちのよい晴れです。

下り初電の2223Mがいつものように走っていきます。
Sotobo209_20110519_01

その直後にやってくる、勝浦始発の上り232Mは、3日続けて113系でした。
Sotobo113_20110519_02
千葉方は116編成です。

Sotobo113_20110519_03
安房鴨川方はS223編成でした。

そして、京葉快速2234Mですが・・・。
Sotobo233_20110519_04
ついにやってきました。E233系の553編成です。見た目は551・552編成と区別が付きません。

Sotobo233_20110519_05
運転席左側、列車番号表示の上に編成番号が書いてあります。553は房総初お目見えのはずです。

これで、E233系の分割編成が3本とも運用に入りました。201系54編成はどうなるのでしょう。京葉線内閉じ込めの運用につくようになるのか。それとも、当分は4編成でローテーションを組むのか。明日はどの編成が来るのか、楽しみになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月18日(水)。今朝は雨上がり、もうすぐ晴れてくるよといった雰囲気の薄曇りでした。

下り初電の2223Mがいつものように走っていきます。
Sotobo209_20110518_01

そして、今朝は時間通りに232Mがやってきました。
Sotobo113_20110518_02
千葉方がS221編成です。

Sotobo113_20110518_03
安房鴨川方が113編成でした。

そして、京葉快速の時間です。
Sotobo233_20110518_04
今朝はE233系の551編成でした。553編成の試運転も始まったようなので、まもなくやってくるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

「フレーム切手」は郵便事業株式会社の登録商標です。

本日は2
件のリリースが出ました。すべて通販ショップ扱いはありません。

5月18日15:00に郵便局株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

黒部ダムと仁科三湖 
販売日 2011年5月23日(~未発表
販売部数 2,000部

販売地域 松本市、大町市、安曇野市、上松町、南木曽町、木祖村、王滝村、大桑村、木曽町、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村、池田町、松川村、白馬村、小谷 村の全93局と塩尻局、洗馬局、奈良井局、本洗馬局、平沢局、贄川局、広丘局、塩尻大門南局、塩尻中町局、北熊井局の計103局 

シートはオリジナルです。


5月18日15:00に郵便局株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。 

利尻・礼文の風景
販売日 2011年5月23日(~未発表
販売部数 2,000部
販売地域 幌延町、豊富町、稚内市、礼文町、利尻富士町、利尻町、枝幸町、浜頓別町、猿払村、中頓別町の全39局と札幌中央局、札幌大通公園前局、札幌大通局、札幌駅パセオ局、北海道庁赤れんが前局、新千歳空港内局、小樽堺町局の計46局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月17日(火)。今朝はどんよりとした曇りです。雲は厚いですが雨は降っていません。何とかISO800なら撮れそうなので、でかけました。

下り初電の2223Mがいつものように走っていきます。
Sotobo209_20110517_01

2223Mと長者町で行き違うのが232Mです。長者町6:16なので、広町踏切はほぼ2分後に通過です。時刻通りやってきました。
Sotobo209_20110517_02
今日も209系です。でも、撮り終わってから??? どこか変です。編成番号を確認するとC617。写真を見ると、たしかに6両編成です。232Mは8両編成の運用です。何かあったのでしょうか。

すると、5分後に踏切が鳴り出しました。こんな時間に列車はないはず・・・。そうか、さっきの上りは232Mじゃなくて、遅れていた228M(長者町6:03)なのでは。
Sotobo113_20110517_03
本当の232Mが通過していきました。6:23のことです。いつもより5分ほど遅れています。千葉方が115編成でした。

Sotobo113_20110517_04
安房鴨川方が236編成でした。

そして、京葉快速2234Mも遅れてくるのでしょう。このまま5分遅れだと、広町踏切通過は6:37になりそうです。
Sotobo233_20110517_05
実際は予想より1分早く、6:36に通過していきました。今日はE233系552編成です。このところ、しっかり5日パターンになっているようです。553編成は、いつ動き出すのでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

「フレーム切手」は郵便事業株式会社の登録商標です。

本日1
件のリリースが出ました。通販ショップ扱いがあります。これも久しぶりかも。

5月17日15:00に郵便局株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

京都市営地下鉄開業30周年 
販売日 2011年5月23日(~未発表
販売部数 2,000部

販売地域 京都市(旧京北町域を除く)内の計218局  

シートはグリーン(50円)です。5月25日から通販ショップでの扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月16日(月)。今朝は薄曇りです。一面雲が広がっていますが、雲は薄く太陽の場所が雲を通して透けています。

下り初電の2223Mは、いつもの通りの209系8連です。
Sotobo209_20110516_01

その直後にやってくる上り232Mは、今日も209系でした。
Sotobo209_20110516_02

そして、京葉快速の時間です。いただいた情報通りやってきました。
Sotobo201_20110516_03
201系の54編成です。前回は雨降る中の撮影だったので、今日やってきてくれたのはうれしいです。

Sotobo201_20110516_04
うわさでは、明日51編成が廃車回送だとか。54編成の活躍もあと1ヶ月となるのでしょう。県民の日近辺で、大原駅の昼間空いている側線に、ブルーライナー201系と113系といすみ鉄道のキハ52並べて、撮影会とかやってくれないですかね。JR東日本千葉支社さん。やっぱムリだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

観光急行「そと房4号」に乗車 

今日のしめくくりは、観光急行「そと房4号」に乗車します。目的は、急行券コレクションです。いすみ鉄道の今回の観光急行運転に際し、用意された急行券は、「大原から」(急行券)、「大多喜から」(急行券)、「大原から大多喜」(急行券・指定券)、「大多喜から大原」(急行券・指定券)、車内販売用急行券の5種類のようです。全部集めるには、最低5回乗らないといけません。まあ、余分があれば乗車しなくても売ってくれるそうですが、そこまでして集めようとは思っていないのです。乗った列車の記録と記念ですから。

自動券売機で国吉まで320円の乗車券を買い、売店で急行券を買います。今日の4号は空いているようで、指定席もありますよと言ってくれますが、国吉までなので自由席でいいでしょう。まだ自由席の急行券は持っていませんので。
Isumi_kiha52_20110515_16
社長ブログにもあったように、裏面には「普通急行列車・準急行列車」の文字があります。ちなみにゴールデンウィークに使った急行券・指定券には「準急行」の文字はありませんでした。

Isumi_kiha52_20110515_17
観光急行3号がやってきました。これは、けっこうよい乗車率でした。そして、車内整備が終わり、4号に乗車します。8ボックスのうち4ボックス16席は指定席。それでも、自由席は4ボックスあるわけで、楽にボックス席に座れてしまいました。4号の乗客は10人ちょっとといったところ。空いているキハ52は、ローカル線普通列車の気分です。

車内の観光案内は、ゴールデンウイーク同様、鳥塚社長さんです。新田野の手前で、「復興応援切符」の車内販売があります。ゴールデンウイークに乗ったときは、すでに購入済みだったので買わなかったのですが、その後の社長ブログで、3000部つくったのにまだ400部弱しか売れていないようで。ちょっと支援が足らないなと感じて、今日1部追加購入しました。これからも、急行乗車時には1部ずつ買い足すんだろうな。せっかく車内販売に回っても、売れないと車内販売する社員の方の士気もあがらないものね。

今日も国吉で降ります。全区間乗らないのも「普段着の乗り方」でいいでしょ。と、自分では思っています。
Isumi_kiha52_20110515_18
観光急行4号が国吉を発車します。

Isumi_kiha52_20110515_19
終点大多喜まで、あと13分ほどの旅です。みなさん、楽しんでくださいね。

待合室へ行こうとすると、クロちゃんが出てきました。記念撮影ボードの前でポーズをとってくれます。4人ほどが「モデル」クロちゃんを囲んでの撮影会が始まってしまいました。
Isumi_kuniyosi20110515_20

今日はこれでおしまい。16時前には帰宅となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国吉駅から大原駅へ 

「ポッポの丘」での昼食が済んで、国吉駅へ向かいました。13:18に上下の交換があります。

Isumi_moomin20110515_11
13:13くらいに下り19Dがやってきました。

Isumi_moomin20110515_12
しばらくして、上り18Dがやってきました。

上下の列車がいってしまうと、しばし待合室が静かになりました。するとどこかへいっていてクロちゃんが戻ってきて、食事をしていました。
Isumi_kuniyosi20110515_13

今日の観光急行4号に乗ろうと思います。13:35頃、市営駐車場に車を停めて国吉駅入口バス停へ向かいます。
Isumi_bus_20110515_14

13:43のいすみ市循環バス内回りに乗って大原駅へ向かいます。
Isumi_bus_20110515_15
いすみ市医療センターを経由するようになってから乗車するのは初めてです。ポンチョなので、国吉駅入口バス停のすぐ先の細道を左折していくのだと思っていたのですが、もっと先の広い道を行きました。これなら、代車で路線車になっても何とか通れそうです。

14:08に大原駅前に到着しました。運賃200円を払って降ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼食は「ポッポの丘」で 

昼食をとりに「ポッポの丘」へ行きました。ゴールデンウィークにいったとき、カレーとタコスのスタンドが出ていたのです。まだレストランはないから、ここでは食事はできないと思っていたので、その時は他ですませてから行きました。タコスがなかなかおいしそうだったので、再訪の機会をねらっていたのです。

Pop_20110515_01
今日は日差しが強いです。万葉線の電車も色鮮やかに見えます。

Pop_20110515_02
ここも空が真っ青です。順光で見ると、車体の色がきれいです。

Pop_20110515_03
今日の昼食はコレです。タコス400円、コーヒー120円、鶏卵牧場のゆでたまご50円です。タコスは、キャベツと挽肉たっぷりで、ピリ辛味。1個でけっこうなボリュームがありました。オープンエアのパラソル付きベンチで食べるのはとても気持ちよいです。天気のよい日は、ここでの昼食がクセになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の観光急行2号 

引き続き、観光急行2号は上総中川~国吉間の水田で撮ることにしました。ここには、すでに撮影者が何人かおりました。

Isumi_moomin20110515_06
下り15Dです。中途半端な水鏡になってしまいました。テーマは青空だということを忘れてシャッターを押してしまいました。

Isumi_moomin20110515_07
上り14Dです。もうちょっと後ろでシャッターを押した方がよかったようです。

Isumi_kiha52_20110515_08
そして、少し遅れて観光急行「そと房2号」がやってきました。

Isumi_kiha52_20110515_09
せっかくだから、後追いも撮っておきます。でも、もう少し先に行ってからシャッターを押した方がよかったですかね。

このあと、昼食をとりに「ポッポの丘」に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の観光急行1号 

今日は晴天です。ゴールデンウィーク中に撮影に来たときは、こんな晴天はなかったので、今日は青空と車両をテーマに撮影に行きました。車両そのものは、試運転のときから撮っているので、今日は追いかけはせず、ゆっくりと撮影をします。

観光急行1号は、大多喜~城見ヶ丘間の鉄橋で撮ることにしました。少ししたから上を見上げて青空がたくさん入るように撮ってみました。

Isumi_moomin20110515_01
下り11D大多喜行きです。201号ムーミンでした。

Isumi_moomin20110515_02
上り12D大原行きです。全検からまだあまりたっていない、きれいな206号スナフキンです。

Isumi_moomin20110515_03
下り13D上総中野行きです。207号スニフです。この列車が大多喜に着くと、観光急行1号が発車です。

Isumi_kiha52_20110515_04
そしてやってきた観光急行「そと房1号」です。土曜日は「夷隅」、日曜日は「そと房」での運転がデフォルトとのことで、今日は前後とも「そと房」のヘッドマークでした。

欲を言うと、少し雲があった方がアクセントになったのですけど。真っ青な空に、赤とクリームの車体は、とっても映えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月15日(日)。今朝は良い天気です。昨日に引き続き、晴天です。

下り初電の2223Mです。今日は車体が光って、モハがトイレ付きになっているのがよくわかります。
Sotobo209_20110515_01

勝浦始発の232Mは、今日も昨日と同様209系でした。
Sotobo209_20110515_02

そして、京葉快速です。
Sotobo233_20110515_03
今朝はE233系の551編成でした。

こんな天気のいい日に、113系にも201系にも会えないと、ちょっと損をした気分になってしまいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

HMC東京の青バス 

HMC東京の青バスがついに始動をしたという情報が入り、会議からの帰宅の途中に茂原駅で降りて様子を見てみました。

茂原駅18:15の長南行きは、旧都の赤バス447号でした。
Hmc20110514_01

茂原駅18:45着の長南からのバスは、旧都の赤バス640号でした。
Hmc20110514_02

本当に青バスが動き始めたのかなと、車庫を歩道からのぞいてみます。
Hmc20110514_03
おお、青バス2台にナンバーがついているではないですか。907と908です。しかも、907は大多喜行きの行き先が出ています。どうやら、19:00の大多喜行き最終に入るようです。

Hmc20110514_04
先ほど、茂原駅に到着した640号が車庫に帰ってきました。青バス、赤バス、いすみシャトル、いすみ市民バスと4色が並びました。

Hmc20110514_05
大多喜行き最終の19:00のバスがやってきました。先ほど車庫で見た907号です。ビックリしたのは、車庫では表示していなかった、終バス(通称:赤バス)のサイン(行き先表示の赤枠)を出していたことです。さすが、都会のバス(旧横浜市営バスとのことで)の転用車ですね。終バス表示も健在なのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千葉モノレール記念きっぷ 

今日は午後から千葉で会議です。会議に出るだけなら11時に家を出ても間に合うのですが、9時での電車で長者町を出発しました。会議の前に、買い物をしようと思ったからです。なにをかというと・・・

本日から千葉モノレールで記念きっぷが発売されます。新聞にも載っていて、巷ではかなり話題になっているようです。そういう色物きっぷなら、1つぐらい話題に買っておこう。ついでに、久しぶりに千葉モノレールに乗ってみようと思って、早く出かけたのです。
Chiba_mono20110514_01_2

千葉駅のビューアルッテで、新しいビューカードにチャージしたり、古いビューカードのスイカチャージを払い戻したりして、モノレールの千葉駅に着いたのは10:10頃のこと。エスカレータを上がったところで、整理券を配っていました。もらった整理券はコレ。
Chiba_mono20110514_02

さらに上の階の改札階にいくと「ただいま501番から600番の方、列に並んでいただいております」とメガホンから声が流れています。これは、まだだいぶかかりそうだと判断して、1日乗車券600円を買って、まずは県庁前を往復していきます。10:40頃戻ると、現在の整列は801から900番の方だそうで。30分以上かかって300人かよ。まだ時間があるなと、今度は千葉みなとまで往復してきます。

それでも、まだ順番は来ません。センシティタワー側に出て、頭上を行くモノレールの撮影などをして時間を過ごします。
Chiba_mono20110514_03

ようやく順番が来て、列に並びます。でも、この列が長い。4回折れ曲がっています。ようやく手にしたのがコレです。
Chiba_mono20110514_04
実はコラボしている原作を全く知りません。うち、地上波は映らないので,CSでやっていれば見られるのですけど。購入が終わったところで「となりにポスター展示しているから見ていって下さい」と声をかける方がいました。そこで、そちらに行ってみると、みんな写真を撮っています。それじゃ、自分もということで・・・
Chiba_mono20110514_05

なんだかよくわからないけど、すごい人数が並んだことだけは間違いなさそうです。自分が買い終わったのが11:50頃。整理券を持っている人は、自分の後ろにあと50人程度。もう少し遅く来たら、整理券ももらえなかったようです。ちなみに、自分の買った券番は3153と3154です。並んでいる人数からいって3500枚くらいが整理券販売分だったようです。

ちなみに、いま千葉モノレールのウェブサイトを見たら、明日は有人4駅で朝6時から各駅100部を売るそうです。また、通信販売分は無制限に増刷決定で、5月31日までに申し込めばかならず買えるそうです。「21部以上ご希望の場合は、宅配便着払いで対応」とあります。100部でも200部でも、欲しいだけ売っちゃうよということなんでしょう。限定5000部を見込んで大量買いしたテンバイヤーが、動乱を起こさなければいいですけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月14日(土)。今朝は晴れています。今日は1日よい天気になるそうですので、いすみ鉄道にはキハ52撮影の人がたくさんくるのでしょうね。自分は、午後から千葉で会議がるので、9時過ぎには出かける予定です。今日はいすみ鉄道には行けません。

下り初電2223Mはいつものように209系8連です。この列車は209系限定運用なので、おもしろみはないのですが、もし別な編成が来たらそれこそ事件ですから、記録だけはとっておきます。
Sotobo209_20110514_01

その直後に来る上り232Mです。昨日は113系でした。一度113系が入ると2~3日続くことが多かったのですが、今回は1日で209系に戻ってしまいました。この列車は、209系・113系の共通運用になっています。
Sotobo209_20110514_02

そして、京葉快速2234Mです。
Sotobo233_20110514_03
今日はE233系の552編成でした。この順序だと、明日は551編成の可能性が高いですが、さて、どうなるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月13日(金)。今朝は曇りでした。雨も降ってないし、それほど雲も厚くはありません。

下り初電の2223Mが走っていきます。
Sotobo209_20110513_01

その直後に来る上り232Mは勝浦始発です。今日は113系が充当されていました。
Sotobo113_20110513_02
千葉方が218編成です。

Sotobo113_20110513_03
安房鴨川方が217編成でした。

そして、京葉快速ですが・・・
Sotobo233_20110513_04
今朝はE233系の551編成でした。54編成、もう1回くらいは房総に顔を出して欲しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

「フレーム切手」は郵便事業株式会社の登録商標です。

本日、久しぶりに2
件のリリースが出ました。すべて通販ショップ扱いはありません。

5月13日14:00に郵便局株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

2010.11.16 祝 ユネスコ無形文化遺産登録記念 結城紬 
販売日 2011年5月25日(~未発表
販売部数 1,500部

販売地域 結城市、桜川市、筑西市、常総市、下妻市、古河市、坂東市、守谷市、つくばみらい市、結城郡、猿島郡、栃木県小山市内の計121局  

シートはオリジナルです。題材は茨城県結城市ですが、隣接する栃木県小山市でも販売するそうです。


5月13日15:00に郵便局株式会社北陸支社からリリース文が配信されました。 

能登半島 輪島 御陣乗太鼓
販売日 2011年5月20日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 輪島市内の全15局と羽咋局、高浜局、七尾局、中島局、穴水局、珠洲局の計21局

シートはオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月12日(木)。今朝は台風1号の影響で大雨・・・と思っていたのですが、雲は厚いものの小雨です。台風1号も熱帯低気圧になってしまったのですね。大雨なら止めようと思っていたのですが、そんな天気なのででかけてしまいました。

下り初電の2223Mです。雲が厚いから暗いです。
Sotobo209_20110512_01

勝浦始発の232Mは、今日も209系でした。
Sotobo209_20110512_02

京葉快速2234Mの時間です。昨日54編成だったので、今日はE233系だよなと思っていると、やはりやってきたのはE233系でした。
Sotobo233_20110512_03
552編成でした。553編成が来るようになると、もう54編成が来ないのでしょうか。それとも併用される期間があるのでしょうか。今月中にあと何回54編成に会えるのか。とにかく、もうしばらく観察を続けていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本が届いて一気読みです 

今日、帰宅してみると注文しておいた本が届いていました。
Isumi_toriduka_book
あとで読もうと思っていたのですが、夕食後一気読みしてしまいました。自分も55までには、地元に根付いたことのできる仕事に転職と考えていたのですが、まだまだスキルや経験が足らないようです。もっと計画を練って人生考えないといけないです。がんばろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月11日(火)。今朝は小雨が降っています。どうしようかなと迷いながら、でかけてきました。

下り初電2223Mの頃は、まだ小雨でした。
Sotobo209_20110511_01

勝浦始発の232Mは4日連続113系でしたが、今日はまた209系に戻りました。
Sotobo209_20110511_02

6:20を過ぎると雨が強くなってきました。そして、京葉快速2234Mの時間です。
Sotobo201_20110511_03
今朝は4日ぶりに、201系54編成が姿を見せました。

Sotobo201_20110511_04
急いで後追いを撮ろうとすると、どうしても傾いてしまう癖がとれません。

今日の交通新聞ニュースによると、JR東日本の201系は6月末で全車引退となるそうです。現在残っている2編成のうち1編成が今月中に運用から外れ、残り1編成も6月末までに引退になるそうです。今月中に1編成が運用から外れたあとは、京葉線内だけの運用になるのか、それとも今まで通り外房線にやってくるのか。そこまでは書いてありませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月10日(火)。今朝も曇りです。風が少し強いです。昨夜の天気予報だと、朝から大雨かと思ったのですが、双ではありませんでした。

下り初電の2223Mが行きます。一瞬、風が強くて、あおられてしまいました。
Sotobo209_20110510_01

勝浦始発の232Mは4日連続で113系が入っていました。
Sotobo113_20110510_02
千葉方は115編成でした。

Sotobo113_20110510_03
安房鴨川方は236編成でした。

京葉快速2234Mはというと・・・
Sotobo233_20110510_04
4日連続E233系の投入となりました。今日は551編成です。今日、新津から新習志野に553編成がやってきたそうです。ついに、E233系の分割編成が3本揃いました。果たして、201系54編成は、あと何回房総にやってくるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月9日(月)。今朝は曇りです。

下り初電の2223Mはいつもの通りE233系の8連です。
Sotobo209_20110509_01

勝浦始発の232Mは、3日連続113系が充当されました。
Sotobo113_20110509_02
千葉方は116編成でした。

Sotobo113_20110509_03
安房鴨川方はS223編成でした。

そして、今朝の京葉快速2234Mは・・・
Sotobo233_20110509_04
E233系の552編成でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いすみ・小湊 小さな旅(7) 

アートハウスでの小湊鉄道の写真展見学も終わりました。
Isumi_rail_20110508_31
今でこそ違いますが、移築当時はかやぶき屋根だったそうです。

養老渓谷駅に戻り、「かえり」のきっぷを見せて足湯に入ります。鉄道のきっぷを持っている人は、無料で利用できるのです。ちなみに、鉄道利用でない人は入場券を購入しなければなりません。

やがて14:49の上総中野行きがやってきました。
Isumi_rail_20110508_32
今度は2両編成です。

Isumi_rail_20110508_33
上総中野では数分の停車で折り返していきます。

Isumi_rail_20110508_34
上総中野から乗った22Dも2両編成です。前が201ムーミン。後ろが202フローレンです。202の貫通ドアがちょうど閉まったので、ムーミンとフローレンのツーショットを撮っておきます。

Isumi_rail_20110508_35
大多喜駅には、観光急行4号が到着していました。ホームで撮影していたtassさんに声をかけて、4号のヘッドマークは何を出していましたとたずねると「ひので」を出していたというのです。いやぁ、やられてしまいました。ゴールデンウィークのラストプレゼントだったのですね。ちなみに、入庫前は前後とも「夷隅」を出していました。

これで、今日の小さな旅は終わりです。短い時間ですが、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ・小湊 小さな旅(6) 

あそうばらの谷へ向かって歩いて行きます。魚屋さんの前からは、あと400mです。
Isumi_rail_20110508_26

坂を下って、赤い橋を渡ります。橋の上からは、藤の花が見えました。
Isumi_rail_20110508_27

川面を見ると、何と小さな魚が円を描いてグルグルと泳いでいます。いったい何をしているのでしょう。これにはちょっと驚きました。
Isumi_rail_20110508_28

橋を渡って、右側が入口でした。
Isumi_rail_20110508_29

アートハウスの建物は、昔の庄屋さんの家を移築したものだそうです。
Isumi_rail_20110508_30
その中で、このような写真展が行われているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ・小湊 小さな旅(5) 

小湊鉄道に乗車してすぐに、乗車券を購入します。今回は、上総中野から養老渓谷までの往復乗車券です。
Isumi_rail_20110508_21
小湊鉄道は、どんなに短距離でも往復乗車券を買うと1割引になります。無人駅が多いので、車内乗車券も片道用と往復用の2種類を車掌さんは持っています。まだ、往復用の車内乗車券を買ったことがなかったので、それを購入したかったのです。

また、小湊鉄道では往復乗車券による不正乗車防止のため、乗車スタンプのない往復券は無効になります。だから、車内で買っても、すぐに「ゆき」に乗車スタンプを押してくれます。「かえり」は有人駅から乗るときは改札で、無人駅から乗るときは乗車後すぐに車掌さんから乗車スタンプをもらわなければいけないルールになっています。

養老渓谷駅に到着しました。ここは、何匹も駅ネコさんのいる駅です。
Isumi_rail_20110508_22

やっぱりいました。
Isumi_rail_20110508_23
毛のふさふさした、薄茶のネコさんです。昨年の12月、イルミネーションに来たときに会ったネコさんです。

Isumi_rail_20110508_24
ベンチの下にも、三毛さんがいました。

養老渓谷駅から小湊鉄道の写真展をやっている「アートハウス あそうばらの谷」へ歩いて行きます。その途中にある魚屋さんの前にも、ネコさんがいました。
Isumi_rail_20110508_25
気持ちよさそうに店番をしていました。今日の暖かさは、ネコさんにとっても格別の気候なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ・小湊 小さな旅(4) 

国吉駅では12:03の上総中野行きに乗車します。駅ネコのクロちゃんは、大勢のお客さんでにぎわっているからか、待合室にはいませんでした。しかし、乗車列車の到着寸前になって、下りホームをてくてくと歩いてきたのです。
Isumi_rail_20110508_16
天気のよい日は、下の草原で遊んでいることが多いのです。ただ、のぞいたけど見当たらなかったんだよね。どこにいたのかな?

上総中野では、小湊鉄道への乗り継ぎまで1時間ほど待ち時間があります。この間に、いすみ鉄道ホームのおオープンなベンチで昼食にします。大原駅のいすみ鉄道売店で売っていたお弁当を買ってきました。
Isumi_rail_20110508_17
こちらは、がんこ親父の地ダコ飯です。350円でした。ショウガが大好きな同居人が食べました。

Isumi_rail_20110508_18
こちらが『忠勝弁当』お茶付きで1000円です。掛け紙のキハ52が泣かせます。お茶波はプラスティック容器にお湯を入れてティーバックから出す、あの駅弁屋さんが持っていたタイプです。さすがに大原からお湯を入れて持ってくるのは勘弁と、お湯無しでもらってきました。

この『忠勝弁当』。作っているのはいすみ市行川の「かさや」という仕出し弁当屋さんです。昔はスーパーもやっていたのですけど。自分の職場でも、年に何回か「かさや」さんの仕出し弁当を頼みます。値段の割においしいのです。とくに、煮物がおいしいと評判なんです。この弁当にも、タケノコ、タコ、黒豆と煮物が入っています。タコはなかなかおいしかったです。

次回作は、鶏卵牧場の卵とコラボで「カツ煮弁当」か、そのものズバリ「カツ丼弁当」を期待しておきましょう。

弁当を食べているとき、やけにキジが「キンキン、キンキン」とうるさいなと思ったら、駅のすぐ脇で鳴いていました。人間に対して、縄張りを主張していたわけではないのでしょうけど。
Isumi_rail_20110508_19_2

小湊鉄道は13:29に上総中野にやってきて、13:33に発車するダイヤです。ところが到着が遅れて、やってきたときは、すでに13:32になっていました。
Isumi_rail_20110508_20
写真を撮ってから、急いで小湊鉄道ホームに回って乗り込みました。折り返しの発車も2分ほど遅れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

いすみ・小湊 小さな旅(3) 

大原から折り返しの観光急行2号に乗っていきます。今度はかなり乗っています。どうせ国吉で降りるので、ロングシートに座っていきます。

Isumi_rail_20110508_11
国吉駅で急行を降ります。とにかく、空が真っ青です。気持ちよい天気です。

Isumi_rail_20110508_12
今日使った乗車券はコレです。4月29日に発売になった1日乗車券です。さすがに、1桁番号のはもったいなかったので、買い置きしてあった中で一番番号の大きい13番を使用しました。

Isumi_rail_20110508_13
急行券・指定券もホームで改札を受けると、パンチが入ってしまいます。ここまでやるなら、車内検札(今は車内改札っていうのだよね)の、あの浮き出しの改札印も作って押して欲しいなあ。

Isumi_rail_20110508_14
もちろん、車内で買った急行券も、乗車時にはパンチを入れられてしまいます。

Isumi_rail_20110508_15
これが乗車記念の絵はがきです。上が1号(と3号)用で、下が2号(と4号)用です。それぞれ、先頭になる方が正面を向いている写真が使われています。ちなみに、乗車時にこの絵はがき1枚とキハ52といすみ鉄道の説明が書かれたパンフレットが渡されます。いすみ鉄道社長ブログに、絵はがきは1人2枚(保存用と使用に)渡しているとありましたが、あれは最初だけだったようで、今日は1人1枚の配布でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ・小湊 小さな旅(2) 

指定席は16~19番の4ボックスです。自分たちは、16番A・Dの窓側2席です。

Isumi_rail_20110508_06
さっそく買ってきたHI-Cを座席のセンヌキで開けます。ビンのHI-Cって、ビンのコカコーラより貴重かもしれません。これも、いすみ鉄道の売店で売っています。

Isumi_rail_20110508_07
大多喜駅でHI-Cを飲んだ証拠写真?です。

Isumi_rail_20110508_08
車内には社長コレクションの昭和の中吊り広告がゆれています。これは「国鉄」の中吊りですね。

Isumi_rail_20110508_09
国吉駅で7分停車です。とにかく今日は明るくて暖かいです。

Isumi_rail_20110508_10
西大原を発車すると「折り返し急行2号をご利用されるお客様。車内で急行券を販売いたします。どうぞご利用下さい」と放送が入ります。そんな、駅でなくても買えるなんて、もう買うしかないじゃないですか。

渡されたのは、車内販売用の急行券です。点線で切る準常備券とかいうやつでしょうか。注目すべきは並んでいる駅名です。全部の駅が書かれているのではないのですね。将来的に急行が停まるとしたら、ここに書かれている駅なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ・小湊 小さな旅(1) 

2011年5月8日(日)。今日は同居人といっしょに、いすみ鉄道の急行乗車と養老渓谷駅の駅ネコさんを訪問する、地元の小さな旅にでました。

自宅を8:40頃、自家用車で出発します。9:10過ぎに大多喜の町営駐車場に着きました。9:18の急行券販売開始には間に合ったようです。

Isumi_rail_20110508_01
無事に観光急行「そと房1号?」の指定席券を入手できました。D型硬券ですね。地紋は緑の「こくてつJNR」です。ちゃんと大多喜→大原になっているから、2・4号用の券は別に用意されているのですね。

9:29の12Dが発車していきます。線路脇のサツキ?が燃えています。
Isumi_rail_20110508_02

しばらくして、検修庫からキハ52が出てきて、2番線に据え付けられます。
Isumi_rail_20110508_03

乗車できるのは、発車10分前との放送が入ります。それまでは、みな自由に外観を撮影しています。
Isumi_rail_20110508_04
唯一の列車名サボが「そと房」です。乗車後の車内放送でも「急行そと房」と言っていたので、ヘッドマークはいろいろとありますが、一応「そと房」が正式名称のようです。

Isumi_rail_20110508_05
今日の大多喜方は「きぼう」になっていました。

ホームでの改札が始まりました。いよいよ乗り込みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月8日(日)。今年のゴールデンウイーク最終日は、天気予報も当たり朝から晴れています。

外房線下り初便の2223Mが車体を輝かせて走っていきました。
Sotobo209_20110508_01
今朝は、シャッターのタイミングがちょっと遅れてしまいました。

勝浦始発の232Mは昨日と同様113系が入りました。
Sotobo113_20110508_02
千葉方はS221編成でした。

Sotobo113_20110508_03
安房鴨川方は113編成でした。

そして京葉快速2234Mですが・・・。
Sotobo233_20110508_04
E233系の551編成でした。552、551ときたので、明日は54編成が来るでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事業会社版フレーム切手 

「フレーム切手」は郵便事業株式会社の登録商標です。

6日に郵便事業会社から1件のリリースが出ました。

5月6日に郵便事業株式会社東海支社からリリース文が配信さました。

花フェスタ記念公園
販売日 2011年5月20日(~6月30日
販売部数 1,000部

販売地域 可児支店ゆうゆう窓口、可児支店花フェスタ記念公園内臨時出張所の計2ヶ所

シートは大型です。販売終了日前でも、売り切れ次第販売終了だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

今日の観光急行4号 

今日の最後の観光急行4号はどこで撮ろう。結局、動くのが面倒になって、国吉駅で撮ることにしました。

Isumi_kiha52_20110508_11
上り20Dがやってきました。この列車が、上総東で4号と行き違います。

14:48に観光急行4号がやってきました。
Isumi_kiha52_20110508_12

後ろへ回ると、やはり「準急 清澄」になっています。
Isumi_kiha52_20110508_13

10分の停車時間に鳥塚社長さんとお話しできました。「これ(清澄)はね、雨の日スペシャル。こんな日に、乗りに来たり撮りに来てくれた人に、何かプレゼントがないとね」とのことです。明日は天気がよさそうだから、通常の日曜日「急行 そと房」になるのかな。それとも、ゴールデンウイーク最終日スペシャルがあるのでしょうか。ちょっぴり期待しつつ、明日は1号に乗りに行こうと考えています。

残念なことに、10分の停車時間中に再び雨が降ってきました。本当に雨の日スペシャルになってしまいました。そして、定刻15:58に、観光急行4号は大多喜に向けて出発していきました。
Isumi_kiha52_20110508_14

ところで、国吉駅といえば駅ネコのクロちゃんです。今日はお客さんも少なく、いじられることもないからか、専用の座布団の上でお休みしていました。
Isumi_kiha52_20110508_15
明日は停車時間中に面会に来るからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の観光急行3号 

観光急行2号の撮影を終えて、いったん自宅へ戻りました。昼食をとってから、またもや出撃です。だって、いすみ鉄道社長ブログで『明日のヘッドマークは、午前中は「夷隅」「きぼう」 午後は?』なんて書くのだもの。もしかしたら、まだ大多喜駅で公開されただけで、実際に列車につけて走ったことがない「ひので」あたりになるんじゃないかと期待して、でかけたのです。雨も止んでいるので、上総中川駅近くの行川踏切で花を入れて撮ることにしました。

Isumi_kiha52_20110508_06
なっ、なんとっ、「準急 清澄」ですよ。「ひので」以上にびっくりです。しかも、大原方です。大原方は「そと房」か「夷隅」しか出さないと思っていましたから。

「準急 清澄」って夏の臨時列車だったようです。詳しいことはわかりませんが、自分の持っている「国鉄・JR臨時列車ハンドブック」(新人物往来社)に1枚だけ写真が載っていて、その撮影日が1964年7月19日になっています。昭和40年前後に走っていた列車なのでしょう。

大原方に違うヘッドマークがついたのなら、先回りしなくてはいけません。国吉駅の停車時間を利用して、国吉~新田野間の踏切へ先回りしました。

Isumi_kiha52_20110508_07
おおっ、間違いありません。「準急 清澄」がついています。

Isumi_kiha52_20110508_08
後追いも1枚撮ってみると、大多喜方は午前中に大原方についていた「急行 夷隅」になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の観光急行1・2号 

今日も観光急行の運転日。明日は乗りに行こうと思っているので、今日は撮影をしておきましょう。雨も降っているから、ヘッドマーク中心のアップ狙いで行きました。

観光急行は、これからも原則として土日に運転されるそうで、土曜日は「夷隅」で日曜日は「そと房」の愛称になるようです。ただし、これは大原方のヘッドマークのことで、大多喜方は何が着くかお楽しみみたいです。今日は土曜日なので「夷隅」で運転です。実は「夷隅」は、オーナー様試乗会の時撮っただけなのです。

Isumi_kiha52_20110508_01
1号を国吉~新田野間の田んぼの脇で撮ります。天気が悪いかわり、車体の色が濃い緑によく映えます。

Isumi_kiha52_20110508_02
2号は上総東駅の大原寄り踏切から撮ります。ところが、傘が風にあおられて、シャッターがちょっと遅れてしまいました。もう少し、下り坂を下ったあたりで撮るつもりだったんですけど。ピントもずれてます。

2号は上総東で上り14Dと交換です。駅の方に歩いて行って、交換風景を撮影します。
Isumi_kiha52_20110508_03
車掌さん(社長さん)が顔を出して、発車の笛を吹きます。

Isumi_kiha52_20110508_04
出発信号が青に変わりました。エンジンを吹かして発車です。

Isumi_kiha52_20110508_05
車掌さん(社長さん)とアテンダントさんが手を振ってくれました。ん?すれ違いの列車に振っていると思ったのだけれども、写真を見てみると・・・もしかして、私に振ってくれたのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨時快速「お座敷外房号」運転 

今日と明日の2日間。新宿~安房鴨川間に、お座敷電車ニューなのはなを使用した臨時快速「お座敷外房号」が運転されます。

今日は、そろそろ心臓の薬が切れるので医者に行かねばなりません。そこで、医者から外房線、そしていすみ鉄道の観光急行の午前便を撮ってこようと、9時前に自宅を出ました。医者は簡単に済んで、処方箋をもらいました。すぐに、浪花へ向かいます。雨も降っているので、駅近くの踏切から撮ることにしました。

Ozasiki_sotobo20110508_01
とくにヘッドマークがあるわけではないので、記録として撮れればそれで満足です。けど、6両の長さを把握していれば、もう少しアップで撮れたのですけど。

それにしても、ガラガラでしたね。1両に数名しか乗っていませんでした。大網の次の停車駅は大原ですから、大原で降りた人はいたとしてもそれほど多くはないでしょうから。それとも、たくさん降りていすみ鉄道の観光急行に乗り換えるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月7日(土)。今朝は小雨です。これくらいなら、帽子をかぶれば大丈夫かなとでかけてきました。今日、明日は臨時快速「お座敷外房号」の運転日。ゴールデンウィーク最後が外房線なのですが、観光にはあいにくの天気になってしまったようです。

Sotobo209_20110507_01
下り初電の2223Mが小雨の中、走っていきました。

勝浦始発の232Mは久しぶりに113系が入りました。
Sotobo113_20110507_02
千葉方が211編成です。

Sotobo113_20110507_03
安房鴨川方が106編成でした。

そして、今朝の京葉快速2234Mですが・・・。
Sotobo233_20110507_04
E233系の552編成でした。54編成の次は552編成が来るという、かつてのパターンに戻ったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

キハ52 県民の日体験乗車 

「ちば県民だより」5月号によると、千葉県の夷隅地域振興事務所地域振興課が県民の日(6月15日)のイベントの一環として、『昭和の汽車旅「キハ52車両」県民の日体験乗車』という企画を行うそうです。

6月14日(火)、16日(木)が一般対象で有料
6月15日(水)が中学生以下(保護者は可)対象で無料
なのだそうです。各日180名限定で往復葉書またはちば電子申請サービスより先着順の申し込みだそうです。

180名ということは、60人×片道3回なのか。それとも大多喜~上総中野1往復。大多喜~大原2往復なのか。詳しいコースは掲載されていません。これは乗るよりも、特製ヘッドマーク期待で撮りに回った方がいいですかね。

5月16日から受付開始とのことですので、興味のある千葉県民の方は、ご自分で詳しい内容を調べて申し込んでみてはいかがですか。

参考URL
http://www.pref.chiba.lg.jp/sc/110512

参考URLは「県民だより」に載っているものです。まだ受付開始前だからか、今日現在はアクセスしても何も情報が載っていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月6日(金)。天気予報はよくはなかったのですが、薄日が差す朝でした。

Sotobo209_20110506_01
下り初電の2223Mの車体も、そこそこ光っていました。

勝浦始発の232Mは、今日も209系でした。
Sotobo209_20110506_02

そして、京葉快速2234Mですが、今朝は201系54編成です。
Sotobo201_20110506_03
まだ元気に走っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

「フレーム切手」は郵便事業株式会社の登録商標です。

本日は1
件のリリースが出ました。通販ショップ扱いはありません。

5月6日14:00に郵便局株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

スポレク”エコとちぎ”2011
販売日 2011年5月10日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 栃木県内の計311局 

シートはブルーです。それにしても、311局で1000枚とは。1局3枚平均ですから、入荷しない局もあるのでしょうね。もしくは、大会関係者への販売だけでほぼ終わってしまって、一般販売はほとんどないということもあるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

昭和再現イベント:特別編(2) 

20分ほどの滞在で、夢のコラボレーションも終了です。

Pop_20110505_26
これで本当に終わりです。方向幕も「回送」にしました。

Pop_20110505_27
それぞれの車のオーナーのみなさん、それから鶏卵牧場の村石社長さん。どうもありがとうございました。本当に、夢のような時間を過ごすことが出来ました。

ちなみに、鶏卵牧場のウェブサイトはこちらです。
http://keiranbokujo.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント:特別編(1) 

オーナーさんたちの希望で、帰りに「ポッポの丘」に寄ってみたいということになりました。営業時間は17時までなので、時間は大丈夫です。どうせなら敷地内に車を入れて、撮影をしたいということで、自分が先行して交渉することになりました。鶏卵牧場の村石社長さんとは、仕事上ですっごく薄いですがつながりがあるので、いざとなればと思ったのですが・・・そんなことを持ち出すまでもなくOKをいただくことができました。しかも、スタッフ用のジャンパーまで貸してくれて、立入禁止区域で撮ってもいいと許可までくれました。村石社長さん、ありがとうございます。

Pop_20110505_21
オート三輪とボンネットバスが、「ポッポの丘」に向かってやってきます。

Pop_20110505_22
「ポッポの丘」までは、あと一息です。

Pop_20110505_23
まずは、ボンネットバスを設置します。このあたりでいかな。

Pop_20110505_24
となりにオート三輪を並べます。う~ん、夢のようなコラボレーションです。

Pop_20110505_25
いすみ204も昭和63年製なので、ギリギリ昭和ではあるのですが・・・。ここはあえて、昭和20年代に造られた北陸鉄道だけ入れて撮ると、より昭和チックになります。村石社長さんは、ずっとビデオを回していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント第2日(6) 

駅前では、ボンネットバス&オート三輪展示の特別バージョンが実施されていました。

Isumi_kiha52_20110505_26
プラス人力車バージョンです。ちゃんとモデルさん?も乗車しています。

Isumi_kiha52_20110505_27
モデルさんが、見学していた子供さん2人に変更です。「はい、楽しそうな顔して」と、無理な注文がギャラリーから飛びます。

Isumi_kiha52_20110505_28
たまたまおられたカローラのオーナーさんが快く展示を引き受けてくれました。昭和の3台並びです。

Isumi_kiha52_20110505_29
もう少し、サイドから撮ってみました。色も青系、黄色系、赤系とみごとに3色揃って、なかなか渋いです。

Isumi_kiha52_20110505_30
最後に正面からです。

16:15に大多喜を出発することになりました。とあるところに寄り道したいというオーナーさんたちの希望で、交渉役を買って出たのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント第2日(5) 

大多喜駅へ行くと、キハ52がまだ1番線にいました。ヘッドマークをしっかり撮ろうと、入場券を買ってホームに入ります。
Isumi_kiha52_20110505_21_2

「準急 京葉」は1959~1962年に運転されていた、両国~房総方面への準急列車だったそうです。
Isumi_kiha52_20110505_22_2
当時使用されていた車両は、キハ52と同系列のキハ20(両運)やキハ25(片運)だったそうで、ちょうどこのキハ52につけるにはピッタリのヘッドマークだとのこと。これは「こどもの日のスペシャルプレゼント」だと、鳥塚社長さんが言っておられました。

16:07の大多喜始発の上り24Dが側線を移動し始めました。そろそろキハ52も入庫の時間です。改札を出て南廊踏切へ向かいます。

Isumi_kiha52_20110505_23
24Dが2番線に据え付けられました。いよいよ、キハ52が入庫の入替を開始します。

Isumi_kiha52_20110505_24
ホームを離れ、ゆっくりと南廊踏切へと近づいていきます。

Isumi_kiha52_20110505_25
ポイントを切り替えて、検修1番線へとゆっくりと入って行きました。これで、今日のキハ52の運行は終わりです。明日は運転お休み。次の運転は7日(土)になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント第2日(4) 

「ポッポの丘」を出て、観光急行4号の撮影に向かいます。どこにしようか迷ったのですが、「準急 京葉」のヘッドマークをしっかり撮りたかったので、ここからほど近い、上総中川駅近くの公民館の駐輪場で撮ることにしました。ここは一段高くなっていて俯瞰気味に撮れるからです。

カメラを持って構えていると、何とボンネットバスがやってきました。バスの中のスタッフの顔に「なんであんた、ここにいるの」といった驚きが見えました。こっちだって、いきなりバスがやってきてびっくりしたんですから。
Isumi_kiha52_20110505_16

さあ、どうしよう。俯瞰でヘッドマークを撮るか。バスとの並びになる後追いを撮るか。ここは、初志貫徹とすることにしました。ただし、徐行してくれたら、後追い並びもオマケで撮ってしまうことにします。

Isumi_kiha52_20110505_17
観光急行4号がやってきました。ヘッドマークは変更されることなく「準急 京葉」のままです。ヘッドライトだけが、水田に反射しているのも個人的にはいい感じです。

Isumi_kiha52_20110505_18
徐行してくれたので、すぐに振り向いてボンネットバスとの後追い並びも撮影できました。

Isumi_kiha52_20110505_19
この後ボンネットバスは、大多喜駅前での展示に向かいました。自分も、大多喜駅前の展示を見に、町営駐車場へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏卵牧場「ポッポの丘」訪問(3) 

いすみ204の前に囲いには、鶏が放し飼いされています。自由にクローバーの葉っぱを食べさせることが出来るようになっています。手に持って食べさせると、とても力が強いことに驚かされます。
Pop_20110505_11

それから、駐車場の隅にはヤギがいました。こいつは、とりあえず触らなければ何もしないようです。
Pop_20110505_12

結局ここで何を買ったかというと、鶏卵牧場オリジナルのメモピタと絵はがきです。牧場に、こんなお土産があるなんて、きっとこの近くを走る鉄道会社の社長さんの入れ知恵アイデアに違いありません。
Pop_20110505_13
これが1個100円のメモピタです。3種類あります。これより大型の200円バージョンも3種類ありました。

Pop_20110505_14
絵はがきは5枚1セットで200円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏卵牧場「ポッポの丘」訪問(2) 

倉庫の隣はトイレです。そのトイレの両脇に、缶飲料の自動販売機があります。
Pop_20110505_06
い鉄カラーの自販機が、2種類正面を向いて並んでいるところは、実はほとんどないのです。この並びは、ある意味貴重なツーショットです。

Pop_20110505_07
その隣が、いすみ鉄道のWEBショップで210万円で売り出された、いすみ204の廃車体です。みごとにここで活躍しています。

Pop_20110505_08
中ではパシナのいすみ鉄道DVDが再生され、いすみ鉄道グッズが販売されています。

いすみ204と貫通路でつながっているのが、北陸鉄道のモハ3752です。
Pop_20110505_09

こちらでは、地元の農産品や加工品を売っていました。
Pop_20110505_10

いすみ204とモハ3752の連結部分の運転席は、どちらも入れるようになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏卵牧場「ポッポの丘」訪問(1) 

この5月1日に、いすみ市作田に開業した鶏卵牧場いすみ「ポッポの丘」に行ってきました。

Pop_20110505_01
高台に見える2両の鉄道車両が目印です。いすみ204と北陸鉄道モハ3752が目印です。

Pop_20110505_02
駐車料金、入場料とも無料です。年中無休で10:00~17:00にやっています。

Pop_20110505_03
入ってすぐ左手は加越能鉄道のデ7052です。廃車は2007年なので、廃車時は加越能鉄道から第3セクターの万葉線になっていましたが。

Pop_20110505_04
中は鶏卵牧場の「うみたてたまご」の販売所です。1個50円の高級卵jから、キズ物の段ボール箱詰め放題800円まで、新鮮な卵がいろいろとならんでいました。それから、鶏卵牧場のオリジナルグッズも置いてありました。メモピタと絵はがきです。

Pop_20110505_05
その隣が倉庫です。倉庫は、JR貨物のコンテナです。倉庫も鉄関連なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント第2日(3) 

国吉駅へ戻るボンネットバスを見送ります。
Isumi_kiha52_20110505_11

丸いお尻をこちらに向けて、国吉駅へと去って行きました。
Isumi_kiha52_20110505_12

この次は、ボンネットバス体験乗車で国吉の市街地を巡っているところを撮りましょう。昨日と同じ行路だとすると、いすみ郷土資料館前が良さそうです。資料館の駐車場に車を停めてまってみます。

Isumi_kiha52_20110505_13
郷土資料館のサツキの植え込みを入れて撮ってみました。なかなかこいのぼりが泳いでいる場面がなかったので、少しは季節感を表せるでしょう。

パチンコABCに車を停めて、歩いて国吉駅へ行きます。出店スタンドで、今日は太巻き寿司を買って昼食にします。13:18の上り下りの交換を、再びABC駐車場から眺めながら撮影しました。
Isumi_kiha52_20110505_14

その後、自家用車で国吉~上総中川間に移動して、観光急行3号を撮影します。天気もよくないので、アップで狙ってみました。
Isumi_kiha52_20110505_15
それなりによく撮れたかなと思います。見方によっては、単行に見えません。長大急行「そと房」に見えるかな?

この後、観光急行4号までの時間に「ポッポの丘」へ行ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント第2日(2) 

今日はおっかけはしません。それよりも、ボンネットバスと2号の並びは今日もやるのでしょうか。やるとすれば、ボンネットバスが移動するはず。国府台の交差点付近に潜伏して、バスがやってきたら尾行すべく待機します。予想は当たりました。
Isumi_kiha52_20110505_06
目の前をボンネットバスが通過していきました。さあ、尾行開始です。

何のことはありませんでした。昨日の午後と同じ、新田野の坂の下でした。ここは、午前中は逆光なのですが、今日は曇っているので関係ありません。
Isumi_kiha52_20110505_07

やがて、上り14Dがやってきました。この列車が、上総東で観光急行2号とすれ違う列車です。
Isumi_kiha52_20110505_08_2

それから数分して、キハ52の警笛が聞こえてきました。そして、姿を現したキハ52には、あの「準急 京葉」のヘッドマークがつけられていました。
Isumi_kiha52_20110505_09
ムムっ。車掌室から顔を出して、こちらの様子をうかがっているのは誰だ?

Isumi_kiha52_20110505_10
そして、キハ52とボンネットバスが並びました。このあと踏切を通るとき、車掌室の主は、撮影している自分たちに向けて思いっきり警笛(エール)を鳴らしてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント第2日(1) 

2011年5月5日(木)。今日はいすみ鉄道の「昭和再現イベント」第2日です。いすみ鉄道やボンネットバスには昨日乗ったので、今日は自家用車で沿線を周り撮影をする予定です。

まずは、国吉~上総中川間の第二五之町踏切にいきました。8:45に着いたときには誰もいませんでした。上り14Dを藤の花を入れて撮ってみますが、藤の花は色も淡いので緑に溶け込んでしまいます。
Isumi_kiha52_20110505_01
左上の木に、藤のツルがたくさん伸びて咲いているのですが、写真にするとよくわかりません。今日は曇っていて青空もないので、やはりキハ52は車両中心で撮った方がいいようです。

Isumi_kiha52_20110505_02
第二五之町踏切から右手の高台を望むと、5月1日に開業した「ポッポの丘」が遠くに見えます。今までも、いすみ鉄道の車窓に、小さくいすみ204の姿を見ることが出来たのですが、2両になったのでよりハッキリ見つけることが出来るようになりました。今日は、あとで行ってみるつもりです。

Isumi_kiha52_20110505_03
やがて観光急行1号がやってきました。数分遅れているようです。いつも通り、大原方のヘッドマークは「そと房」です。

Isumi_kiha52_20110505_04
大多喜方は何だろう。写真に撮っているときは、漢字2文字だったので「夷隅」だなと思ったのですが、あとで画像を確認すると「準急 京葉」でした。あれっ、このヘッドマークは今までつけたことあったかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月5日(木)。今朝は曇りです。それでも6時前には、太陽の明かりを通すような雲だったのですが、6時を回ると厚い雲に変わりました。

下り初電の2223Mです。曇っているので、車体の銀色がまったく輝きません。
Sotobo209_20110505_01

勝浦始発の232Mは、今日も209系でした。
Sotobo209_20110505_02

そして、京葉快速2234Mです。
Sotobo233_20110505_03
今朝はE233系の551編成でした。明日は54編成がやってくるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント第1日(7) 

上総中野16:26の26Dで折り返してきます。小湊鉄道から乗り継ぎの人がかなりいて、1両でほぼ満席になりました。ボンネットバスを大多喜駅前に展示すると聞いていたのでので、大多喜駅で下車しました。

Isumi_kiha52_20110504_31
観光本陣の大型車駐車スペースに、オート三輪と一緒に展示してありました。イベントは国吉駅とあっただけですから、大多喜駅前の展示は、見られた人にはサプライズ企画なのでしょうね。

Isumi_kiha52_20110504_32
オーナーのKさんによると、4月の佐原町並み号のあと工場に入れて整備したそうです。運転席の窓ガラスが青色の新しい物に交換されました。屋根上のランプが黄色だったのが、コーナーがオレンジ、上が青になりました。4月の佐原の写真と比べると、その違いがよくわかります。

Isumi_kiha52_20110504_33
都自動車あらためHMC東京の赤いバスと、一瞬ですが赤バスどうしのご対面です。

17:15に大多喜を出発して、本日の保管場所へと向かっていきました。
Isumi_kiha52_20110504_34
旧大多喜郵便局(電報電話局だったかな)の前を走っていく、オート三輪とボンネットバス。

Isumi_kiha52_20110504_35
Kさんありがとう。今日1日楽しかったです。また、明日も追いかけさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

昭和再現イベント第1日(6) 

しばらくして、遅れている上り20Dが走っていきます。向こう側が見えないほどたくさんの乗客が乗っています。
Isumi_kiha52_20110504_26

やがて、20Dと上総東で交換した観光急行4号がやってきました。
Isumi_kiha52_20110504_27
30人近い人がみな一斉にシャッターを押します。

撮影を終えて車で大多喜へ向かいます。今度は町営第二駐車場から大多喜駅まで歩きます。すでに、キハ52は到着していました。
Isumi_kiha52_20110504_28
大多喜方ヘッドマークが「きぼう」から「夷隅」に代わっていました。でも、「ひので」を見ることはできませんでした。

まだ1日乗車券で、大多喜~国吉の往復を乗っただけだったので、15:59の23Dで上総中野へ向かいました。

Isumi_kiha52_20110504_29
小湊鉄道は、2両編成のまま運行を続けるようです。

ここには、先日まで国吉駅の側線に停めてあった作業車が来ていました。
Isumi_kiha52_20110504_30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント第1日(5) 

大多喜駅に到着すると、13:45の観光急行3号がすでに入線しています。社員の方が「急行券はすべて売り切れです」と案内していました。
Isumi_kiha52_20110504_21

それから町営駐車場に車をとりに行って、城見ヶ丘~上総中川間の踏切に行きました。10名弱の方が撮影していました。
Isumi_kiha52_20110504_22

「きぼう」のヘッドマークをしっかり撮りたいので、上総東駅へ先行して停車している姿を撮影することにしました。

Isumi_kiha52_20110504_23
上総東駅のスプリングポイントを通過する観光急行3号。

Isumi_kiha52_20110504_24
上総東駅を発車する観光急行3号。車掌室から顔を出しているのは誰でしょうか。

その後、観光急告4号も2号同様、ボンネットバスとのツーショットを撮るという。場所は秘密だそうだけれども、ここから国吉方面へゆっくり走っていけば見つかるだろう。その予想は当たって、新田野の坂の下にボンネットがいて、大勢の人が並んでいました。自分も1本離れた道に駐車して、そこから歩いて行きました。
Isumi_kiha52_20110504_25_2
ぜったいにバスは走らないよなというような、草の生えた道にボンネットバスが停まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント第1日(4) 

やがて、ボンネットバスか帰ってきて、12時頃から試乗会が始まりました。1回25名定員です。最初は混んでいるので、撮影することにしました。
Isumi_kiha52_20110504_16
試乗客を乗せて、国吉駅から国道へ出るボンネットバスです。

その間に昼食をとります。駐輪場を利用した臨時売店ができています。地元旅館組合の「たこ飯」にしました。
Isumi_kiha52_20110504_17
タケノコとわかめの味噌汁がついて500円です。「たこ飯」単品だと400円だったと思います。ちょっと薄味ですが、そのおかげでタコの味がいっそう引き立ちます。おいしかったです。

Isumi_kiha52_20110504_18
試乗客を乗せたボンネットバスが帰ってきました。けっきょく2回見送って、空いてきた3回目に乗車しました。都合4回運行して、今日の試乗会は終わりになったようです。

Isumi_kiha52_20110504_19_2
試乗会も終わって、今度は順光になる位置に向きを試乗会前とは変えて、展示をしてくれました。

午後は少し曇ってきたので、大多喜まで行って車をとってきて、沿線での撮影に切り替えました。国吉13:18の下り19Dに乗って大多喜に向かいます。
Isumi_kiha52_20110504_20
いすみ200型の単行は、かなりの混雑でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント第1日(3) 

そして、観光急行1号の時刻になりました。いよいよ昭和の再現です。ちなみにキハ52とボンネットバスが1965(昭和40)年製で、オート三輪が1966(昭和41)年製だそうです。
Isumi_kiha52_20110504_11
大原方のヘッドマークは「そと房」になっています。
Isumi_kiha52_20110504_12
大多喜方のヘッドマークは修学旅行列車「きぼう」になっていました。

その後、ボンネットバスは観光急行2号とのツーショット撮影のため、関係者を乗せて国吉駅前を出て行きました。自家用車が国吉なら追跡も出来たのですが、今日は大多喜に置いてきたのでそれも出来ません。
Isumi_kiha52_20110504_13

しかたないので、観光急行2号は、国吉駅で撮影することにします。
Isumi_kiha52_20110504_14
唯一、弁当付き予約パックを受け付けている急行です。窓も開いて満席のようです。

Isumi_kiha52_20110504_15
国吉駅に停車すると、約10分の停車時間を利用して、たくさんの乗客がホームに降りてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント第1日(2) 

国吉駅へ到着してしばらくすると、中川に停まっていたボンネットバスが到着しました。
Isumi_kiha52_20110504_06

しばらくして、オート三輪も到着です。
Isumi_kiha52_20110504_07
午前中は順光になる、この位置に揃えて停めてくれました。

Isumi_kiha52_20110504_08
大多喜行き11Dがやってきました。ただし、今の時期は大多喜~上総中野間が延長運転されていますから、正確には上総中野行きですけど。

キハ52の急行が来るまでの間、それぞれの車のオーナーさんが、いろいとと工夫をしてくれました。
Isumi_kiha52_20110504_09
ボンネットバスは、空冷ダクト付きのボンネットを開けてくれました。

Isumi_kiha52_20110504_10
オート三輪は、ベンチレータを開けてくれました。ちょっと前輪を切った形で停めてくれたのも、オート三輪らしくてなかなかいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和再現イベント第1日(1) 

2011年5月4日(水)。今日は、いすみ鉄道の「昭和再現イベント」の第1日。国吉駅の駐車場は閉鎖されて、パチンコABCの駐車場を使うようにとのこと。実は、ABCの駐車場から国吉駅へは正規の道を歩くとちょっとあるのだ。そこで、今日は大多喜の町営駐車場に車を停めて、いすみ鉄道で国吉駅へ向かうことにした。

1日乗車券は何枚も買い置きがある。今日のイベントにふさわしい買い置きはこれでしょうと、使ったきっぷはコレです。
Isumi_kiha52_20110504_01

大多喜駅前の藤棚には、藤の花が咲いていました。
Isumi_kiha52_20110504_02

上りホームへ行くため、構内踏切を渡ろうとしたとき、シャッターが開いている検修庫にいるキハ52が目に入りました。大原方のヘッドマークは「そと房」のようです。
Isumi_kiha52_20110504_03

大多喜8:22の下り9Dは202号フローレンの単行でした。
Isumi_kiha52_20110504_04

そして、8:21の上り10Dは203号パパ&ママの単行でした。これに乗って国吉駅へ向かいます。
Isumi_kiha52_20110504_05

国吉へ向かう途中、中川の踏切のところで、ボンネットバスが線路と平行に停められて、いすみ200型とツーショットを撮影していました。社員の方が早くから動いているようです。今日のイベントは、楽しくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の京葉快速ほか 

2011年5月4日(水)。今朝はなかなかよい天気です。自宅に戻ったので、朝の撮影にでかけました。

下り初電の2223Mです。
Sotobo209_20110504_01

勝浦始発の上り232Mです。今朝は209系でした。
Sotobo209_20110504_02

そして、京葉快速2234Mです。
Sotobo233_20110504_03
今朝はE233系の552編成でした。
Sotobo233_20110504_04
今月は、54編成に代わって553編成が登場するのか。それとも、廃車になった52編成から抜き取られた方向幕で、51編成が修理されて外房快速に復帰するのか。何らかの動きがあるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

「フレーム切手」は郵便事業株式会社の登録商標です。

5月2日は1
件のリリースが出ました。通販ショップ扱いはありません。

5月2日15:00に郵便局株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

白根大凧合戦
販売日 2011年5月11日(~未発表
販売部数 1,000部

販売地域 新潟市東区・中央区・秋葉区、五泉市、阿賀町内の全81局と松浜局、新崎駅前局、太郎代局、亀田局、横越局、沢海局、新潟中央卸売市場内局、亀田袋津局、 亀田城山局、酒屋局、白根局、庄瀬局、臼井局、味方局、白根中央通局、新飯田局、白根大通局、高田局、牧村局、沖見局、三郷局、前島記念池部局、上越大和 局、高田本町局、高田駅前局、高土町局、高田南本町局、高田本町一局、高田寺町局、高田昭和町局、上越鴨島局、稲田局、川浦局、上杉局、高士局の計116 局 

シートはブルーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

佐渡から自宅へ(4) 

4 松本14:25→15:47小淵沢
松本から「スーパーあずさ」で茅野へ。そこで普通列車に乗り換えと考えていたのですが、茅野で乗り換える普通列車は6両編成で、待っている人もほとんどいません。茅野で乗り換えて20分立つことになるくらいなら、ここから普通列車に座っていこうと方針変更です。「しなの」に5550円で乗れれば、料金回数券の元はすでにとっていますから。
Sado_chiba20110503_11
塩尻駅では、隣のホームになにやらヘッドマークをつけた列車が入ってきました。「発車まで1分ほどお待ちください」の放送が入ったので、カメラを持ってホームで急遽撮影です。
Sado_chiba20110503_15
塩尻~辰野間の臨時列車で「小野おんばしら号」と書かれていました。撮影できたのは、松本から普通列車に変更したご褒美でしょうか。この列車のことは、まったく知りませんでした。

5 小淵沢16:18→18:58新宿
小淵沢からは「ホリデー快速ビューやまなし号」に乗っていきます。これも運休が続き、運転日は5月3~5日の3日間だけになってしまいました。青春18きっぷでもないので、ここは奮発してグリーン車指定席にしました。荷物が大きいので、座席の後ろに置けるように5号車3番を指定してマルスをたたいてもらったら、あっさり取れてしまいました。Suicaグリーン券区間ならホリデー料金750円ですが、この列車は一般の普通列車グリーン料金で1900円です。でも、別途指定席料金がかかるわけではありません。普通グリーン料金は大人・小人、指定席・自由席すべて同額です。

小淵沢駅のこの時間は、上りの発車ラッシュです。16:05が定期「あずさ」。
Sado_chiba20110503_12
16:10が臨時「はまかいじ」。
Sado_chiba20110503_13
そして16:16が臨時「ホリデー快速ビューやまなし号」です。
Sado_chiba20110503_14
ホームにいたたくさんの乗客も、最初の「あずさ」に半分以上の人が乗っていってしまいました。そして、どの列車も2~3分遅れての発車となりました。

相模湖で18時を回ったので、ちょっと早いですが夕食にします。小淵沢で買ってきた「まんぷく甲斐?」という弁当です。「元気甲斐」は何度も買ったことがあるので、今日は別なものにしてみました。豚のメンチカツと牛の甘辛煮の弁当で、牛肉用にワサビがついているのが、味にアクセントが出てなかなかよかったです。

新宿駅は5番線に到着です。このホームから山手線の乗り場は遠いので、湘南新宿ラインと山手線を大崎で乗り継いで品川へ出ました。品川からは、19:46の外房線直通快速で茂原へ行きます。いつもの通り、ホームの向かいに停まる普通列車(今日は209系でした)に乗り換えて、自宅最寄りの長者町に21:49に到着となりました。

新潟から新宿まで、どの列車も到着が数分ずつ遅れました。これも臨時列車が多くなるゴールデンウィークだからでしょうか。人の流れも、それなりに休日モードで増えて乗り降りに時間がかかったからでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡から自宅へ(3) 

2 直江津10:16→11:53長野
直江津からは、普通「妙高4号」に乗っていきます。「妙高」は指定席より自由席の中間車の方が座席がいいので、始発から乗るため「妙高ミズバショウ」を直江津で降りたのです。
Sado_chiba20110503_06
やはりこの時間の乗車は多く、高田と新井でほぼ満席になりました。妙高高原からはデッキに立つ人もいましたから、指定席をとらないなら直江津乗り換えで正解だったようです。山は黄砂の影響か、どこもかすんで白っぽく見えました。

長野では東口のデッキの先にあるチケットショップへ行きます。なんでも24時間営業の自動販売機があって、そこで信州特急料金回数券を売っているという情報があったからです。たしかにありました。
Sado_chiba20110503_07
1枚550円です。これで、松本乗り換えで茅野まで特急自由席に乗っていけます。
Sado_chiba20110503_08
これで30分長野での滞在時間が延びたので、昼食をとることにしました。駅近くの「戸隠そば」というお店でおいしいそばを食べました。

3 長野13:00→13:54松本
長野からは特急「しなの14号」に乗っていきます。今日は8両編成です。
Sado_chiba20110503_09
信州特急料金回数券は、「しなの」に限り指定席の空席にも乗車できるので、そうしようかと思っていたのですが、自由席も空席多数なのでそちらに座っていくことにしました。姨捨から冠着トンネルまでの善光寺平の風景を楽しみにしていたのですが、こちらも白くかすんで見えました。
Sado_chiba20110503_10

長野は定刻に発車したのですが、行き違いの特急が遅れたため、松本へは3分の延着となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡から自宅へ(2) 

2011年5月3日(火)。今日は1日かけて自宅へ帰ります。どういう経路で帰るか、計画ではいろいろと迷いました。ただ、ゴールデンウィークの臨時列車の運行がなかなか決まらず、どれも机上のプランばかりでした。水上からのレトロ列車(今日はDL重連レトロ号)に乗ろうかと考えていたのですが、水上で2時間以上乗り継ぎ時間ができてしまいます。しかも、運行するのかどうか、なかなか決まりませんでした。

そこで、ぐるっと大回りして、信越、篠ノ井、中央東経由の都区内までの乗車券と小岩から長者町を用意しました。ホテルの無料朝食が6:30からだったので、7時ちょうどにホテルを出て新潟駅へ向かいました。

1 新潟7:34→9:42直江津
まずは、新潟から臨時快速「妙高ミズバショウ」号に乗っていきます。
Sado_chiba20110503_01
これはカーペット車NO.DO.KA.を使った全席指定席の快速です。かなり早い時期に運転が決まったので、指定席を買っておきました。車両は、昨年の3月に安房鴨川~館山間で全席自由席の臨時普通列車として運転したときに乗ったことがあります。けっこう床が固いので長時間乗車はつらいかなと思ったのですが、まあ変わった車両に乗るのは楽しいので、乗ることにしました。実際、今日は7割くらいの乗車率で、足が伸ばせましたから意外と楽でした。
Sado_chiba20110503_02
新津では、ちょうど「SLばんえつ物語号」が新潟への回送準備をしていました。そういえば、この期間はC57じゃなくてD51だったんですね。
Sado_chiba20110503_03
柿崎の停車時間に、特急「北越」に追い抜かれます。
Sado_chiba20110503_04
そのとき、後ろの展望席を見ると2人しかいません。直江津までわずかですが、展望室を楽しむことにしました。
Sado_chiba20110503_05

定刻に3分ほど遅れて、直江津に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡から自宅へ(1) 

佐渡のバス旅が終わり、これから自宅へ戻ることになりましす。今日は、両津港19:30のフェリーで新潟に渡って、そこで泊まります。
Sado_chiba20110502_01

フェリーは1等いす席を予約してあります。窓口に行くと、1等いす席だけ「満席」の表示がありました。予約しておいてよかったです。フェリーの1等は3360円です。超早朝割引のジェットフォイルよりも安いのです。
Sado_chiba20110502_02

船室に入って満席の理由がわかりました。1等いす席は15席しかないのです。かなり広い空間に、一人掛けのリクライニングシートが横5脚で3列並んでいるだけなのです。
Sado_chiba20110502_03
リクライニング角度も大きく、ゆったりしています。ただ、これは今回乗った「おけさ丸」だけで、もう1隻の「おおさど丸」は2人掛けリクライニングシートになるそうです。ほどよくリクライニングを倒して、バス旅のまとめをポメラで打ちながら2時間半を過ごしました。
Sado_chiba20110502_04

新潟港からは22:10の新潟駅行きバスがあります。これに乗れないとたいへんなので、急いで下船します。バス乗り場に行くと、今日は3台運行だそうで、どれも同時に発車しますと運転士さんが呼びかけていました。まだ空いていた3台目に乗っていきます。思ったよりも路線バス利用者は多くなく、3台運行ということもあって、立ち客なしで新潟港を発車しました。10分ほどで新潟駅前に到着し、予約してあったホテルに向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

路線バスで巡る佐渡の旅(4-4) 

32 岩首16:24→17:22両津港佐渡汽船
やってきたバスの行き先表示は「貸切 岩首」。
Sado20110429_111
折り返しのバスは「貸切 両津」。普通の乗車券では乗れないのかなあと運転士さんにたずねると「これしか表示がないの。大丈夫だから」とのこと。横幕と連動している関係なのでしょう。
Sado20110429_112
「ここまでは貸切の大型バスも入れる」という運転士さんの言葉通り、柿野浦から先は整備された道路が続いていました。これまた運転士さんの言葉通り、両津港に着くまで自分以外のお客さんはありませんでした。

33 両津港佐渡汽船17:43→18:06和木北
予約したフェリーの出航は19:30です。時間があるので、平日ならではの路線に乗ってこようと考えました。この近くでは両津高校へ行く路線があります。両津高校行きは朝だけ。両津港後発は夕方だけなのですが、北へ向かう海府線だけは両津高校を経由する形になるので、夕方でも両津港から乗っていけます。さすがに、高校で降りて高校生と一緒にバスを待つのは避けたかったので、そのまま折り返しバスと行き違う手前のバス停で降りることにしました。
Sado20110429_113
両津の湾が見渡せる和木北バス停で降りて、佐渡滞在の最後に、海岸でパノラマ写真を撮りました。
Sado20110429_114

34 和木北18:28→18:47両津港佐渡汽船
夕方の上り便は乗客がおらず早着ぎみなのは、ここ数日で体験済みなので、早めにバス停に戻ってバスを待ちました。ところが、このバスは定刻に姿を現しました。さらに途中から2人の観光客が乗ってきました。
Sado20110429_115

これで4日間にわたる「路線バスで巡る佐渡の旅」は終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(4-3) 

31 柿野浦15:10→15:14岩首
Sado20110429_106
柿野浦はバスの折り返し場はあるものの、待合室はありませんでした。運転士さんは大きなバッグを持って、木造の建物の中へ入っていきます。もう1往復する行路のようで今晩はここで泊まるのでしょう。東海岸線への待ち時間は1時間ほどあります。どう見ても岩首の方が待ちやすそうなので、戻ることにしました。
Sado20110429_107
桜の頃ならきれいなのでしょうね。崖上に桜が植えられている細道を走って、岩首に戻ります。

見学 養老の滝
バスを降りるとき運転士さんに「この奥に滝があるから行ってくるといいよ」と言われました。近くの商店にも、滝の絵がかかっています。
Sado20110429_108
案内板には1kmとあります。往復2kmのハイキングです。商店でおやつのパンと飲み物を買って相談すると、大きな荷物を預かってくれるとのこと。お言葉に甘えて、身軽になって坂道を登っていきます。20分ほど舗装道路を歩いていくと、ようやく滝への入り口にたどり着きました。遊歩道を歩いて数分で、養老の滝に着きました。二段になっていて、滝見橋に立つと滝壺も見ることができました。
Sado20110429_109
5分ほどそこで見学してから、来た道を下っていきます。あと少しというところで、スクールバスを車庫にしまっているところに出会いました。そういえば、岩首小学校の表示があったよなと思い出して、左の細道に入っていきました。どうやら、朝礼台がある楕円形の広場が校庭のようです。その下の木造の建物がどうやら小学校のようです。正面に回ると、佐渡市立岩首小学校の表札がかかっていました。
Sado20110429_110

その後商店に寄って、お礼を言ってバッグを引き取りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(4-2) 

28 八幡温泉前13:11→13:57浦津
Sado20110429_101
次は、まだ乗っていない赤泊線に乗って、南岸の浦津まで行きます。けっこうな乗りで空席がほとんどありません。荷物が大きいので2人掛けの席がよかったのですが、数少ない優先席以外の空席に座って、床に荷物を置いていきます。ところどころ狭い道のある峠越え路線ですが、昨日の岩首線に先に乗ってしまうと、そんなにすごい道だとは感じませんでした。正面に海が見えてくると、まもなく浦津でした。

29 浦津14:00→14:15多田
Sado20110429_102
ここからは前浜線に乗り換えます。この時間は赤泊線から前浜線へ乗り継ぎ便に指定されているので、絶対に乗り継げます。浦津で降りたのは、自分を含めて3人。この乗り継ぎを使ったのは、地元の方ではなく自分だけでした。やってきたバスの車内は、中学生が4人だけです。そう、今日は平日だから学校があるのです。でも、この時間にきたくできるなんて、半日だったのでしょうか。この便は、実は昨日乗った便です。昨日は貸し切りだったけれども、平日だと中学生が下校に利用することもあるのですね。
Sado20110429_103
多田で見た越後の山々は、昨日よりはくっきりしているようでした。

30 多田14:33→14:51柿野浦
Sado20110429_104
ここからの乗り継ぎも昨日と同じです。昨日は本行寺で降りてしまいましたが、今日は終点の柿野浦まで行きます。車内も昨日とは違い5人ほどの人が乗っています。昨日降りたところを過ぎると、道路はバス1台がやっとの海沿いの細道に変わりました。とにかくすごい道です。
Sado20110429_105
そんな道の途中にある集落、岩首で最後のお客さんが降りてしまい、後は自分だけです。次に乗る東海岸線は岩首始発なので、ここか柿野浦のどちらかで待つ予定です。岩首バス停には待合室があるのを確認して、終点へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(4-1) 

2011年5月2日(月)。今朝は外を見ると屋根も道路も乾いています。太陽こそ見えないけれど、傘なしで過ごせそうでうれしいです。今日が佐渡のバス旅、最終日です。

26 材木町8:57→10:13佐渡病院前
今日はゆっくりの出発です。まだ乗っていない七浦海岸線に乗ります。この路線の一部は、七浦海岸線に入る前に、相川を循環していきます。平日の朝の便も循環していくので、ホテル最寄りの材木町から乗車しました。
Sado20110429_96
佐渡金山までは一昨日通った道を走っていきます。一番前に座れたので、トロッコの遺構を撮影していきます。佐渡金山から下ってくるとき、トンネルから続く線路敷きを確認できました。そして、そこに小さな鉄橋が残っているのがわかりました。
Sado20110429_97
そこを過ぎると、左折して相川中学校方面へのバイパスを走ります。ここは循環線だけが走る道で、この旅で初めて通りました。高いところを走っているので、なかなか景色がよかったです。
いったん相川に戻って、その後七浦海岸線に入っていきます。途中から、乗客がどんどん乗ってきます。やはり平日だからでしょう。佐渡病院前行きなので、みな病院へ行くのかと思ったら、佐和田の市街地をでて残っていたのは4人だけでした。次に乗るのは、南線か小木線なのですが、どちらも11時台までありません。次の便は佐渡病院始発なので、自分も終点まで乗っていって乗り継ぐことにしました。

27 佐渡病院前10:57→11:23八幡温泉前
やってきたのはワンステップバス。病院前から乗ったのは3人でした。金井から1人乗ってきて、そのまま佐和田へ向かいます。市街地を通らずバイパス経由で佐和田バスステーションへ入っていきました。この経路も、今回の旅で初めて通りました。
Sado20110429_98
やはり、平日は休日とは違う経路に乗れるチャンスがあるようです。佐和田バスステーションからはたくさんの人が乗ってきて、後方の席へ行くのを嫌って立っていく人も何人かいました。

入浴&昼食 八幡温泉「八幡館」
八幡館の日帰り入浴は700円です。そのほかに個室での休憩と昼食がついて2500円のコースがあります。昨日電話をして、1人でも大丈夫とのことで予約しておいたのです。
Sado20110429_99
日帰りだとタオルは別料金ですが、こちらは「ご利用でしたら、タオルとバスタオルもお貸しします」とのこと。それなら、持参したタオルを濡らして持ち歩くこともなかろうと借りました。温泉はちょっぴり茶色い色の付いたお湯です。露天風呂もあり、内風呂と併せて30分近く入っていました。ちょっとヌルヌルした泉質で、出た後もポカポカしていました。
Sado20110429_100
その後、2階の個室へ移って食事です。箱弁とイカのみそ板焼きです。どれもおいしかったです。刺身のエビがとびきり新鮮で、頭まですっかり吸わせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(3-5) 

23 本行寺前15:18→16:42佐和田バスステーション
海岸沿いの道をバスがやってきます。
Sado20110429_91

すぐ来るのかと思ったらけっこう時間がかかります。ようやくバスが来ました。
Sado20110429_92
バスの乗れたのでホッとしました。この岩首線も1日2本の路線です。多田で右折して峠越えにはいるのですが、途中の丸山からは狭隘路とカーブの連続です。
Sado20110429_93
畑野で南線と交差しますが、その先も狭隘路でした。平野部に降りれば広い道を走ると思っていたのですが、この路線はそうではありませんでした。佐渡病院を過ぎて、本線と合流してからようやく広い道を走っていきます。その本線に合流してから、ようやく1人乗っていきました。ここまで、ずっと運転士さんと2人だけだったのです。

24 佐和田バスステーション16:54→17:07相川
Sado20110429_94
佐和田を定刻に発車しました。途中で1カ所降りる方がいました。日曜日の夕方は途中で乗ってくる人がいないのでしょう。定刻17:14着のはずですが、ずいぶん早く相川に着きました。おかげで、次のバスに余裕で乗れました。

25 相川17:16→17:20材木町
Sado20110429_95
停留所で3つほど先がホテルの最寄りバス停です。乗車時間はわずかですが、フリーパスもあるし、歩くにはちょっと距離があるので乗っていくことにしました。天気が悪かったこと以外は、順調に3日目も終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(3-4) 

21 羽茂高校前13:30→14:16多田
佐渡の南岸をバスで走るには、何本も乗り継がなければならないのです。そのどれもが1日2~4本と少ないのです。一気に乗ることもできますが、フリーパスは明日まで使えるので、今日は途中までにしておきます。
Sado20110429_86
大橋までは来た道を戻ります。大橋で左折して、いよいよ佐渡の南岸を行きます。途中の浦津までは赤泊線も走っているので、6本あるのですが、浦津からは3本になります。そしてサンライズ城が浜~多田間は1日2本しかありません。乗っている方向としては、これが初便なんです。今日は病院帰りの乗客もおらず、途中区間で1人だけ利用がありましたが、ほぼ全区間貸切状態でした。

22 多田14:32→14:40本行寺前
Sado20110429_87
今日はここから岩首線に乗って峠越えをしてホテルへ戻る予定です。その前に、その岩首線の反対方向へ向かって松ヶ崎ヒストリーパークへ行ってみようと思います。運転士さんにヒストリーパーク最寄りバス停を訪ねると「本行寺前で降りればいいが、自由乗降区間なので入口で停めましょう」と言ってくれたまし。ありがたくお言葉にあまえることにしました。実際、本行寺バス停から入口までは数十メートルでした。

見学 松ヶ崎ヒストリーパークと本行寺
Sado20110429_88
松ヶ崎に建つ鴻ノ瀬鼻灯台です。この松ヶ崎は、流人となった日蓮聖人や世阿弥の上陸の地とされています。

Sado20110429_89
越後の山々がうっすらと見えました。

Sado20110429_90
日蓮宗のお寺です。八重の潮路桜と日蓮像が本堂脇にあります。

まだ少しバスの時間まであるのですが、先ほどの入口まで戻ります。運転士さんに、折り返しもここから乗りますと言ってしまったので、そこにいないと心配されてしまうでしょうから。ところが、バスを待っているうちに、またしても雨が降り出してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(3-3) 

19 宿根木11:21→11:31小木
やってきたバスに乗客はありませんでした。このバスが沢崎へ行くときは、誰も観光客が降りなかったのでしょう。
Sado20110429_81
バスは佐渡汽船の小木港まで行きますが、手前の小木で降りました。

乗船 たらい船
フリーパスの利用券が使えるので、小木のたらい船に乗ります。利用券(500円分)だと割引で400円になるので、100円のキャッシュバック付きなんです。乗ってわかったことは、これは艪が前なんですね。しかも船縁に艪を当ててはいけないそうで。艪を押すように左右に漕ぐのだそうです。やってみますかと言われて挑戦しましたが、難しい。どうしても船縁に当ててしまいそうになります。押すようにですから、それなりに力が入ってしまいます。「力を抜いてください」と言われるのですが、まったくコツがわかりませんでした。
Sado20110429_82
乗り物に乗ったとはいえ、たらいだけ撮ってもしょうがないので、今回は小さい写真で顔出しです。

見学 海事博物館
Sado20110429_83
時間があったので、近くの海事博物館に入ります。200円でした。とっても古い資料館といった感じです。最後にあった、かつて小木~珠洲を結んでいたホバークラフトの模型がありました。そういえば、そんな航路があったような記憶があります。館内が撮影禁止で、この模型の撮影ができなかったのは残念です。
Sado20110429_84
別棟にあった「幸丸」は撮影可能でした。これは日本最後の和船だそうです。1940年(昭和15年)に建造され1961年(昭和36年)まで、寺泊~小木で使われていた150石積の和船だそうです。風の状態により2~5時間で結んでいたのだそうです。廃船の理由が台風による破損だそうですから、もしそうでなければ、もっと後の時代まで使われていたかもしれないのですね。

20 小木12:21→12:32羽茂高校前
次に乗る前浜線の始発バス停が羽茂高校前というところです。そこまで小木線のバスに乗って戻ります。1時間ほど待ち時間があるのですが、案内状に羽茂タウンマップというのがあり、飲食店が数軒あることがわかったので、なんとかなりそうです。
Sado20110429_85
バスは先ほどとまったく同じでした。羽茂高校前で降りて進行方向に数分歩くと、夜は焼き肉もできる町の食堂といった雰囲気の店がありました。けっこうな人気です。無事に昼食をとることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(3-2) 

徒歩 小木民俗資料館バス停→宿根木バス停
まずは、小木民俗資料館を見学します。入館料は500円とけっこうするのですが、復元された千石船は一見の価値ありだと思います。
Sado20110429_76
民俗資料などは、大正9年に建てられた学校を利用した建物に陳列されていました。千石船は隣の大きな建物の中にあります。宿根木は廻船の日本海航路で栄えたところで、船大工や造船技術者が多く住み、一村が千石船産業の基地として栄えたのだそうです。
Sado20110429_77
復元された千石船「白山丸」です。1858年に宿根木で建造された「幸栄丸」を実物大復元したものだそうです。中に入れるようになっていて、とくに下の階は天井が低いということを実感できました。またあの長い帆柱をどうやって立てるのか、その構造も下の階に潜って、初めてわかりました。ビデオでの解説もわかりやすく、500円で十分楽しめました。

博物館を後にして、宿根木の集落へ向かいます。ここは、町並み保存地区に指定されています。博物館からまっすぐ降りる階段歩道もあったのですが、集落が見渡せるところから階段を下りることにしました。
Sado20110429_78
ここから階段を下りて集落の中に入っていきます。バスまで20分しかなくなってしまったので、公開されている民家へ入るのは無理になってしまいました。内部の様子は、さっき博物館でビデオを見たので我慢しましょう。
Sado20110429_79
三角家と呼ばれている建物です。土地の形に合わせて、船大工が造船技術を使って建てたのだそうです。たしかに、右の辺は微妙にカーブしています。現在でも実際に居住されているので、見学はできません。このような特徴的な家が何軒も建っている、町並み保存地区なのです。
Sado20110429_80
海岸へ行くと、白い船つなぎ石が何本も建っていました。複製だとは思いますけど、1本ではなくこれだけ立ててあると、雰囲気がよくわかります。

バスの時間が近づき、バス停へと歩いて行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(3-1) 

2011年5月1日(日)。今朝は当初からの天気予報通り、朝から雨です。これで3日連続、雨に降られています。大粒ではないのですが、それでも傘を差さないとかなり濡れてしまう状態です。傘を差して、ホテルから一番近い材木町バス停へ向かいます。今日から、また新しい佐渡2dayフリーパス乗車券を使います。つごう4日間で佐渡を回るのが今回の旅なのです。フリーパスは事前に、佐和田の窓口で買っておきました。

16 材木町7:45→8:05佐和田バスステーション
岩谷口からの初便です。一般の乗客に混じり観光客もけっこう乗っていて、空席はいくつかしかありませんでした。伊豆大島へ行ったときもそうでしたが、島の旅では路線バスを使う旅行者がまだまだ多いと感じています。
Sado20110429_71


17 佐和田バスステーション8:25→9:54沢崎
佐和田からは、小木線から宿根木線に直通して、佐渡の南端の沢崎まで1時間半かけて走るバスに乗車します。土休日だけは、山の上にある太鼓体験交流館にも寄り道する便です。最初はほぼ満席だったバスも徐々に乗客が減っていき、小木からは観光客だけになりました。その人たちも、みな宿根木で降りてしまい、そこから先は自分だけです。
Sado20110429_72
強清水を過ぎると、右折して山へと細道を上がっていきます。思ったより展望はきかず、海を見ることはできませんでした。太鼓体験交流館で折り返して、来た道を降りてきます。終点の手前、深浦というところは立派な斜張橋を渡っていきます。
Sado20110429_73
集落は、海沿いの入り江にあるのです。平日ですと、そこまで下っていく便があるのですが、土休日は集落まで降りる便はなく高いところを走っていくだけです。終点の沢崎も目の前に灯台が見え、そこが終点かと思ったら、その手間で右折して海沿いの集落の中が終点でした。残念ながら、集落からは高台に建つ灯台は見えませんでした。
Sado20110429_74

18 沢崎10:00→10:09小木民族博物館
Sado20110429_75
乗ってきたバスで、宿根木の一つ先にある小木民俗資料館バス停まで戻ります。ここは高台にあるので、ここを見学してから海沿いの宿根木集落まで散策するのです。途中の宿根木からは、先ほど降りた観光客が乗ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

路線バスで巡る佐渡の旅(2-8) 

見学 有料施設外の佐渡金山遺構
帰りのバスまで30分以上あるので、先ほどのツアーで車窓見学だったいくつかを実際に見に行きました。

Sado20110429_66
明治37年に架けられた石積みのアーチ橋です。1938年(昭和13年)まで実際に使われていたそうです。

Sado20110429_67
搗鉱場跡といわれる、品位の低い鉱石を粉砕して、水銀を用いて金を回収する工場の跡だそうです。

Sado20110429_68
無名異坑の入口です。無名異焼の原料は、金山から産出される酸化鉄(無名異)を粘土に混ぜたもの。この坑道は酸化鉄が多く、幕末から明治にかけて、この坑道から無名異焼きの鉱土が採取されていたそうです。

15 佐渡金山17:33→17:41材木町
Sado20110429_69
折り返しとなるバスが坂道を登ってきました。

Sado20110429_70
金山からの両津行き最終バスです。運転士さんが、最終ですので乗り遅れの方がないよう、3分遅く発車します。ご了解くださいと説明して回ります。その言葉通り、3分遅れの16:33に発車しました。今夜停まるホテル最寄りの材木町でバスを降りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(2-7) 

見学 佐渡金山:道遊坑コース
平成元年の閉山まで採掘されていた坑道だそうです。こちらは、ほぼ水平に作られたトンネル内を走るトロッコで鉱石を運び出したそうで、鉄的には興味深いものが多かったです。

Sado20110429_62
坑道内に置かれた、バッテリーロコと鉱石運搬用トロッコです。

Sado20110429_61
トロッコが通過する際、触れると変わるタッチ式の信号機がそのまま設置されていて、触って試せるようになっていました。

Sado20110429_63
高任(たかとう)縦坑のやぐらです。規模が縮小されてからは、エレベータ1基になってしまったそうです。後ろに少しだけ道遊の割戸が見えています。

Sado20110429_64
かつての整備工場の中には、バッテリーロコと十字型ターンテーブルが3基も設置されていました。もちろん、ターンテーブルは動きます。一番右側を動かしてみました。

Sado20110429_65
後半はトロッコの線路敷きが順路です。線路の上を歩けるというだけで、鉄にはとても楽しいことなのです。

鉄道には縁がないと思っていた佐渡で、これほど線路や車両に会えるとは、思っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(2-6) 

大立縦坑の機械室を出たところで、谷の向かいの山を見ると二つに裂けています。これが道遊の割戸と呼ばれる採掘跡で、鉱脈が薄い板状のものがほぼ縦に走っていて、それを露天掘りで採掘した跡なのだそうです。ただし、これは通常「道遊の割戸」と言われているものを裏から見たものだそうです。この高い位置だから見られるのでしょう。
Sado20110429_56

再びマイクロバスに乗って移動です。しばらく車窓からの見学が続きます。やがて、「立入禁止」と書かれた道にバスは入っていきます。間ノ山地区という破砕場や分析所があったところです。ここを過ぎると高任(たかとう)地区です。途中、ジグザグの登り坂があるのですが、バスを回転させる余裕がないため、二段目はバックで登るというスイッチバック方式で上がっていきます。鉄には、これだけでも興奮ものです。

登ったところが道遊坑の出口のところで、ここは後で歩いてくることができるそうです。未舗装の道をさらに上ると、そこが高任神社のある場所。そこから歩いていくと、道遊の割戸を正面から見ることができます。
Sado20110429_57
下の方も、あんなに採掘されていたなんて知りませんでした。道遊坑にまでつながっているそうです。

再びマイクロバスで戻っていきます。佐渡金山そのものは平成元年(1989年)に閉山したそうで、分析所などは閉山まで使われていたそうです。その分析所のガラスには三菱のスリーダイヤモンドが描かれています。なんでも、建設当時はガラスが貴重品で、盗んで使われないために入れてのだそうです。
Sado20110429_58

マイクロバスでさらに下って、北沢地区に行きます。ここは、自分で来ても自由に見学できるところです。一部の施設は、このツアーではなく相川の散策ガイドさんといっしょでないと入れないそうです。
Sado20110429_59
青化精錬所・浮遊選鉱場跡です。実際はこれらの施設を覆う巨大な建物がありました。この北沢地区には、トロッコの修理工場などもあり、修理したトロッコを上の線路にあげるためのインクラインがあったそうです。それ以外にも、石炭や物資の輸送にも使われたそうです。
Sado20110429_60

これで見学が終わり、マイクロバスで再び佐渡金山入口まで送っていただき、ツアーの終了となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(2-5) 

機械室の入口に鉱脈が走っています。あまりに入口に近かったので掘らなかったのだそうです。佐渡金山は白い石英層の中に黒い金鉱石が入っているので、よくわかるそうです。たしかによくわかりました。
Sado20110429_51

縦坑の上部からワイヤーがここまで伸びていて、それをここで巻き取ってエレベータを上下させていたそうです。
Sado20110429_52

これが巻き取り機です。エレベータが2台あったので、巻き取り機も2台あります。
Sado20110429_53

地下へ空気を送るポンプだそうです。巨大な平ベルトで駆動しているようです。
Sado20110429_54

そして、これがその脇にあったエレベータの非常ブレーキだそうです。
Sado20110429_55

このあと、巻き取り機の後ろ側に回り、その運転台も見せてくれたのです。天空の城ラピュタの冒頭部分を生で見ているようで、ちょっぴり興奮してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(2-4) 

14 産業遺産散策コース14:00→15:20
少し早めに来ていていくださいねと言われて、13時半頃から集合場所で待っていました。
Sado20110429_46
このコースは料金1000円。4~11月の土休日に定期便が1便運行されます。実際、今日は1人だったのですが運行してくれました。ガイドさん付きのマイクロバスに乗って、普段は見られない産業遺産を見学できるコースです。

Sado20110429_47
佐渡金山のマイクロバスがやってきました。これに乗って見学に出発します。

Sado20110429_48
まずは大立縦坑を見学します。脇の階段を上っていくと、上の方が見えるところまで行けます。ところが・・・その先の作の鍵を開けて、中に入っていくのです。

縦坑の入口(エレベータが上下していた口)は安全のためコンクリートでふさがれています。でも、そのエレベータで運ばれてきたトロッコから採石を降ろすところはそのまま残っていました。
Sado20110429_49
これだけでも間近に見られて満足だったのに「それでは奥の機械室を見学します」というではありませんか。

Sado20110429_50
岩山の岩盤をくりぬいた中に、機械室があったのです。それも、ほとんどの機械が動かないまでも設置されたままになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(2-3) 

12 尖閣湾達者11:09→11:22相川
昨日、岩谷口から乗ったのと同じ便です。あれっ、バスも同じかなと一瞬思ったのですが、手帳を見たら登録番号が1番違いでした。昨日はガラガラだったのですが、今日は空席がほとんどありません。土曜日で病院がやっているということもあるのでしょうか。
Sado20110429_41

相川で早めの昼食にします。商店街を歩いてそば屋さんに入りました。そば屋さんを出ると、天気予報が当たり本格的な雨になってしまいました。傘を差して歩きます。

13 相川12:17→12:27佐渡金山
両津からの本線が土休日に佐渡金山まで延長されている便に乗ります。5分ほど遅れてやってきました。相川でほとんどの人が降りてしまい、車内にいるのは自分を含めて2名です。
Sado20110429_42
佐渡金山では、終点をかなり行き過ぎた駐車場でUターンしてバス停に到着しました。Uターンした場所は、桜がきれいに咲いていました。運転士さんのサービスなのか、ただ自家用車が多くてバス停近くで回せなかっただけなのかは、よくわかりませんが。

見学 佐渡金山:宗太夫坑コース
今日は佐渡金山をフルコースで見学します。宗太夫坑、道遊坑、それに歴史遺産の3つです。歴史遺産は14時出発と決まっているので、それまで宗太夫坑を見学してきます。坑道見学ももちろんよかったのですが、資料館が個人的にはよかったです。とくに第二展示室にあった、佐渡の鉱脈の立体模型がわかりやすかったです。山の中にどんな風に鉱脈が走っていたのか、初めてわかりました。あんなに薄っぺらなものが縦に走っていたのですね。それを掘っていくというのは、たしかに大変なことなのだとわかりました。
Sado20110429_44
いったんバス停近くの集合場所に戻ります。観光バスが何台も来ていました。桜がさいているところが、出口です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(2-2) 

ここは、観光船(800円)と水中透視船(1000円)の2つがあります。水中透視船もフリーパスを見せると800円になるので同じなのですが、観光船はオープンエアで景色を眺められるのが一番と思っているので、船室から出られない透視船は止めて観光船にしました。
Sado20110429_36

11 達者11:20→海上観光→11:45達者
乗船したのは、乗船券の一番右に載っている「はまなす」という船でした。佐渡汽船もそうなんですけど、所有している船の全船走行写真を載せるのって迫力ありますね。
Sado20110429_37
ガイドさんが乗っていて、客席では肉声で観光案内をしてくれます。後部甲板にもスピーカーはあるのですが、あまり聞こえません。でも、ガラス越しの景色よりオープンエアがいいのでこちらに立ちます。しかし、湾を出たところでかなりの揺れがやってきました。手すりにしっかりつかまります。
Sado20110429_38
姫津というところは、湾の中を走ります。湾の外側に堤防のような島があり、そこへ渡る有料の歩道橋の下を走っていきます。このときは揺れませんでした。
Sado20110429_39
海からそそり立つような岩と、その後ろの山の風景がなかなか雄大です。
Sado20110429_40
左が揚島です。「君の名は」に出てきたところから「まちこ橋」と呼ばれているアーチ橋が見えます。

ここで船は反転して達者へ戻ります。帰りは船室に入ってガイドさんのお話を聞きながら、ガラス越しの景色を眺めることにしました。それにしても、テープ放送でない生声ガイドさんの乗っている観光船なんて、どこで乗って以来だろうと記憶をたどっても思い出すことができません。いまや貴重な存在かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(2-1) 

2011年4月30日(土)。昨日の段階では、今日は晴れの予報だったのですが、今朝PHSのウェザーニュースを見ると曇りのち雨になっています。今はまだ、青空が出ているのですが。(旅日記がリアルタイムでなくなってきたので、タイトルを日にち順に変更しました)

宿泊した部屋からは加茂湖が一望できます。
Sado20110429_31

加茂湖は新潟県の牡蠣の養殖地として有名なのだそうです。昨日の夕食にもでました。牡蠣いかだがたくさん浮いています。
Sado20110429_32

9 夷本町8:44→9:38相川
今日は、乗るよりも観光中心の1日です。荷物は宿から宿へ「手ぶら便」で送ることができました。これもフリーパスのおかげで300円です。バスは8:30着のフェリーを受けたのでしょう、少々遅れて到着しました。空席もわずかしかなく、昨日の同時刻のバスを両津港で見たのとは大違いです。今日から佐渡も混むのかもしれません。
Sado20110429_33

10 相川9:50→10:01尖閣湾達者
尖閣湾の観光船、達者と揚島どちらにしようか昨日の観察の結果、乗り場までのアップダウンがない達者にしました。選択の理由が軟弱ですが、まあいいでしょう。結果的にこっちの船の方が距離が長かったようですし。
Sado20110429_34

観光船乗り場へ向かいます。随時運行とのことですが、駐車場にも自家用車がかなり停まっているので、それほど待たずに乗れるでしょう。
Sado20110429_35

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスで巡る佐渡の旅(1-4) 

見学 トキの森公園
ここまで乗ってきたのは、トキの森シャトルの最終便。両津行きの最終便まで1時間あります。それだけあれば、十分見学できそうです。
Sado20110429_26
200円の協力券を買って、トキ資料展示館に入ります。簡単にお勉強してから、観察回廊に進みます。観察回廊に平行して、繁殖ゲージEというのが建っていて、そこを見学できるように望遠鏡がおかれていました。フラッシュを使わなければ撮影も可とのことで、望遠レンズで狙ってみました。
Sado20110429_27
けっこうな数がいるんんですね。元気なトキをたくさん見ることができました。

Sado20110429_28
公園の入口には売店がいくつかあります。その中の1つに郵便局がありました。新穂郵便局の出張所のようで、ふるさと切手やフレーム切手を売っていました。2011年判のトキのフレーム切手を買ってしまいました。

7 トキの森公園16:50→17:08監督署前
両津行きの最終バスは、ここまで回送でやってきました。なんと、今日3回目の同じバスです。
Sado20110429_29
発車まで時間があるので、カラフルなボディの写真をゆっくり撮りました。「手ぶら便」のおかげで、宿に直接は入れるので、宿最寄りバス停までバスに乗っていきます。そのため、両津営業所最寄りの監督署前バス停で降りて乗り継ぎます。

8 監督署前17:16→17:22夷本町
監督署前始発の本線に乗って、両津港の1つ先の夷本町(えびすほんまち)バス停まで行きます。バスを降りて、すぐの交差点を左に曲がって加茂湖を目指すと、今日の宿「湖畔の宿 吉田屋」がありました。
Sado20110429_30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »