« 都電をたずねて  | トップページ | さよなら常野線(2)  »

2011年3月26日 (土)

さよなら常野線(1) 

2011年3月26日(土)。今日は、今月末で廃止になるJRバス関東の常野線に乗りにいこうと思っています。

常野線の始発地点は烏山駅です。ところが、3月19日以降烏山線の運休が続いています。そこで、西那須野~馬頭、氏家~馬頭の東野交通バス、宇都宮~市貝のJRバス、市貝~烏山の那須烏山市営バスなどを組み合わせて、烏山線が運休でもなんとか乗車できるプランを作っておきました。ちなみに、片岡~喜連川~烏山のさくら市・那須烏山市の合同バスは震災以来運休が続いていると、さくら市のウェブサイトに載っていました。

ところが、昨日25日から烏山線が運転を再開したというニュースが入りました。今朝も5時に起きて、JR東日本のウェブサイトで運行情報を確認すると、烏山線は運転率100%となっています。

泊まっていた御徒町のホテルを6:20頃出発して、御徒町から上野へ向かいました。上野駅で駅弁を買って、電車内で朝食にしようと思っていたのですが、橋上のお店が節電のため10時開店になっていてシャッターが降りています。開いているのは、唯一NEWDAYSだけでした。しかたなく、駅弁からコンビニ弁当に変更することにしました。

上野からは6:49の快速ラビット宇都宮行きに乗車します。
Totigi20110326_01

日中の快速は湘南新宿ラインばかりで、その湘南新宿ラインが震災以来運休になっているので、東北本線の快速は朝夕のわずかな本数になっています。その、貴重な快速に乗っていきます。
Totigi20110326_02

本来は10両編成らしいのですが、今日は15両編成での運転です。途中の小金井で、前5両を切り離しをすると放送が入ります。そのため、小金井以遠が4分遅れとなって宇都宮に到着しました。

宇都宮駅には、烏山線の案内が出ていました。25日から運転を再開しましたが、燃料の安定供給が確保できるまで、編成料数を減らすこと。第1・第5グループの停電予定時刻とその前後は運休することが書かれていました。
Totigi20110326_03

次に乗るのは、9:18の烏山行きです。9:09の黒磯行きが発車してからでないと入線できません。表示機には「1両」と出ているから、乗り場の目安を見つけないといけまえん。よくみると「折り返し 気1」という停止位置目標があったので、それを目安にだいたいドアの位置はこの当たりだろうという場所で待つことにします。
Totigi20110326_04

やがて、キハ40の単行が入線してきました。果たして、自分の立っていたところにドアが停まりました。押しボタンを押してドアを開けて乗り込みます。オールロングシートに改造されているので、あまり寒くなさそうな車両中央部に座っていきます。宇都宮からの乗客は10人弱でした。岡本、宝積寺で数人ずつ乗ってきたけれども、降りる人もいて最大で15人ほどでした。
Totigi20110326_05

宝積寺を発車したところで、運転士さんが肉声で放送をしました。燃料が十分確保できるまで、普段は2両編成のところを1両で運転すると伝えています。仁井田で女子高生が降り、大金で半数くらいの人が降りていきました。10:07定刻に烏山に到着しました。結局7~8人の乗客が、終点まで乗っていきました。

|

« 都電をたずねて  | トップページ | さよなら常野線(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/51223869

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら常野線(1)  :

« 都電をたずねて  | トップページ | さよなら常野線(2)  »