« 支社版フレーム切手  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2011年1月13日 (木)

『迷惑行為』発言に反論 

2011年1月9日(日)に実施された、いすみ鉄道の「キハ52新塗装お披露目撮影会」における当方の行為に「たいへん迷惑した」という書き込みがあるブログにありました。拝見したところ、ブログ作者のユウイチ氏の自己中心的な行動を阻害行為をしたことになり「迷惑した」のであり、一般的な迷惑行為をしたのではないと判断しました。しかしながら、いすみ鉄道周辺では当方のことを知っている方も多数おり、ユウイチ氏のブログならびに当日の当方の行為を知っている方が誤解してもいけませんので、しっかり反論しておこうと思います。

当日の模様は、当方の1月9日付けエントリーを読んでいただければわかると思います。時間的には、発表されていた時間とかなり異なる形で進行していました。11時と発表されていた撮影会が、何と車庫からの押し出し手伝いが9時半過ぎから始まり、それに引き続き9:50まで特別撮影会となりました。

9:50に「エンジンを掛けますので、いったん出て下さい」の指示で駅前に出ました。すると、10時からと発表になっていた記念乗車券の販売がすでに始まっていたのです。当方は、すでに並んでいる方の整理券番号を確認して、自分の番号の位置に並びました。ちなみに当方は21番。前の方は15番でした。

その後も、ぞくぞくサポーターの方が特別撮影会場から戻ってきます。番号を確認して列につく方もいれば、そのまま後ろに並ぶ方もいました。当方の順番が来ましたが、前に5人分(16~20番)抜けています。記念乗車券を販売してる社員の方に断って「10番台の方いたら先にどうぞ」と声をあげました。2人ほどやってきて、私より先に購入しました。

いすみ鉄道が整理券を配ったのは、やはり来た順に配ったのだからその順番で購入していただきたいという意図があるのではないでしょうか。また、整理券をもらった方も「番号順に購入できる」と思っている方が大半であると思います(これは当方の勝手な判断でアンケート集計したわけではありませんが。

この行為に対してユウイチ氏は次の点をあげています。
・整理券を持っていればみんな買えるのだから、番号順に買う必要はない
・販売している人も困惑顔
・その結果、自分が撮影会にいくのが遅れてしまい迷惑である

上記のことが、当方の読み間違いではないという証拠に、ユウイチ氏のブログの該当部分を引用します。これは当方の主張が正しいことを示すための補強であります。引用条件を満たし転載ではありません。

(引用開始)
10時前に、キハ52のエンジンを起動するとのことで、一度ホームに戻ります。
その際、記念乗車券を買いに行きます。(もちろん整理券は持っています。)
記念乗車券を購入待ち中、エンジンがかかったので、撮影会を再開するとのことで、急ぎたかったのですが、前の人が整理券番号20番前半(私は20番後半)なので、10番台の人先に行ってくださいと、(迷惑な、みなさん整理券を持っていれば購入できるのですから!)販売している人も困惑顔で、後ろの人も迷惑ですが、変った人も多いので我慢して!待ちました。
(引用終了:「ユウイチの出来事」http://yuichi-sunagawa.at.webry.info/ 1月11日エントリより)


当方は整理券というものの性格を正しく理解し、それに即した行動をとったと考えています。少なくとも、自分が早く撮影に行きたいから、順番を無視して良いなどという自己中心的な考えで行動したものではありません。ただ、ユウイチ氏は「!」を多用するほど、当方の行為に怒っているようです。

それから、ユウイチ氏の2点目に書いてある「販売している人も困惑顔」というのは、当方は同意しかねます。それは「ユウイチ氏からはそう見えた」ということだと判断しています。氏は断定的に書いていますが、果たしてそうなのでしょうか。ブログによると、ユウイチ氏はまもなく初孫も生まれるというそれなりの人生を積んだ方のようですから、人の心を読み取る術を持っているのかもしれません。

ユウイチ氏の発言のように、当方が販売している社員の方や、当方より後ろに並んでいる方に「迷惑な行為」を行ったのかどうかは、両方の発言を読んでいただいた皆さんに判断していただくほかありませんが、当方としては、秩序を守る行為をしたという自覚はあっても、迷惑行為をしたという事実はないと反論いたします。

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『迷惑行為』発言に反論 :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 支社版フレーム切手  »