« キハ52塗装変更お披露目(7)  | トップページ | 青春18日帰り旅 茨城(2)  »

2011年1月10日 (月)

青春18日帰り旅 茨城(1) 

2010年1月10日(月)、今日は成人の日でお休み。そして、冬の青春18きっぷ利用期間の最終日。昨年までは1月20日まで使えた冬の青春18きっぷは、今年から1月10日までになってしまった。最後の1回を茨城県へのバス&鉄の日帰り旅に使うことにした。

長者町6:16の普通電車で出発。209系の8連だ。上総一ノ宮で、京葉線快速東京行きに乗り換える。こちらは、E233系だった。南船橋で降りて、武蔵野線に乗り換える。10分ほど時間があったので長者町駅の乗車証明書を改札に出して「朝はまだ無人だったもので」と言って、青春18きっぷの5回目に日付を入れてもらう。

やってきた新習志野始発の武蔵野線は、209系500番台だった。走っているのに出会ったのは初めて。めずらしいのかと思ったのだが、市川大野ですれ違ったのも209系だったので、もうそこそこ走り出しているのだろう。

新松戸で常磐緩行線に乗り換えて柏へ。柏から常磐線に乗り換えて、まずは8:40着の佐貫で降りた。

佐貫は関東鉄道竜ヶ崎線がでている駅。所在地は竜ヶ崎市になる。竜ヶ崎はコロッケで町おこしをしている。竜ヶ崎駅前の駅そば屋さんにも、ちゃんとコロッケそばがある。出来合いの冷凍コロッケなんかじゃなくて、ちゃんとその場で揚げて作っているなかなかのものらしい。1回食べてみたいと、以前竜ヶ崎線に乗りにいったとき寄ったのだが、運悪く月に1回しかない休業日に当たってしまった。そこでリベンジと、今朝は早いから朝食抜きで佐貫まで来たのだ。今日は願いが通じて、ちゃんと開いていた。

Sanuki20110110

そばつゆに浸したコロッケというのは初めてだったけれども、なかなかおいしかった。それよりも、ここの唐辛子は七味ではなく赤唐辛子を輪切りに刻んだものが器に入っていて、それを好みで入れるようになっていたことだ。コロッケにちょこっと刻み唐辛子を載せて食べると、これがなかなかいけるのだ。

|

« キハ52塗装変更お披露目(7)  | トップページ | 青春18日帰り旅 茨城(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/50551271

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18日帰り旅 茨城(1) :

« キハ52塗装変更お披露目(7)  | トップページ | 青春18日帰り旅 茨城(2)  »