« 「こがねふかひれ」号の旅(9)  | トップページ | いすみ鉄道イルミネーション(1)  »

2010年12月 3日 (金)

「こがねふかひれ」号の旅(10) 

今日も中途半端になっていた、2010年11月23日の「こがねふかひれ」号の旅の続きを書きます。

Kogane20101123_46
気仙沼側先頭3号車のサロン室です。壁の絵は、唐桑半島の折石ですね。

Kogane20101123_47
こちらは、仙台側先頭1号車のサロン室です。配置は同じですが、絵が違っています。

Kogane20101123_48
夕食用に、気仙沼駅の駅弁を買いました。駅弁といっても日本鉄道構内営業中央会に加盟する業者がつくっているものではなく、地元の業者が作っているものを駅内のキオスクで売っています。地元の食材を使った、なかなかすばらしい弁当として、注目されている弁当です。

今回は数種類ある弁当の中から、土休日のみ販売の「黄金龍の海めし」(1200円)を予約しておきました。
Kogane20101123_49
ハモニカと呼ばれる、カジキの背びれの下の肉を煮たものをメインに、ふかひれシュウマイやウニ飯など、これでもかと気仙沼の海の幸が入っています。予約しないと、まず買えない(とくに夕方入手するには)という弁当です。味は、たいへんおいしかったです。これで1200円は、はっきりいってお買い得です。

Kogane20101123_50
無事に仙台駅に到着しました。上りは下りに比べて乗客も少なく、たいへんゆったりした旅になりました。

このあとは、仙台始発の「やまびこ222号」に、特ダネ25の25%オフきっぷを使って帰りました。

|

« 「こがねふかひれ」号の旅(9)  | トップページ | いすみ鉄道イルミネーション(1)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/50202138

この記事へのトラックバック一覧です: 「こがねふかひれ」号の旅(10) :

« 「こがねふかひれ」号の旅(9)  | トップページ | いすみ鉄道イルミネーション(1)  »