« 支社版フレーム切手  | トップページ | キハ52がやってきた(2)  »

2010年12月 7日 (火)

キハ52がやってきた(1) 

昨日の午後、某所よりメールが届いた。いすみ鉄道いすみ204の運び出しとキハ52125の搬入が、昨夜から今朝にかけて行われると。キハ52125の到着予定時刻は午前5時とのこと。4時に起きて、自家用車で大多喜駅へと向かった。町営駐車場に車を止めて大多喜駅へむかうと、そこにはもう大型トレーラーが停まっていた。

Isumi_k52_20101207_01
午前5時前。大多喜駅前に到着したキハ52 125。まだシートをかぶっていた全容はわからない。下回りが見えるので、何とか鉄道車両だと言いことがわかる。

Isumi_k52_20101207_02
6時を回って、空がだいぶ明るくなってきた。もう、上り下りとも初便の列車は動きだしているが、駅前に停まったトレーラーは動く気配がない。

Isumi_k52_20101207_03
トラクター側は、シートから連結器が顔を出している。これなら、かなり鉄道車両だということがわかる。

線路への搬入までいたかったが、残念ながら今日は仕事がある。朝食をとってから出勤すべく、6時半前には撤収して国吉経由で自宅に向かった。

昼食後15時半からの会議まで時間休をとって、再び大多喜駅へやってきた。
Isumi_k52_20101207_04
ガードレールを撤去して、ここからクレーンで線路に搬入したそうだ。

Isumi_k52_20101207_05
いすみ鉄道いすみ200型と並ぶキハ52。本当にキハ52がいすみ鉄道にやってきたんだ。

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | キハ52がやってきた(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/50238833

この記事へのトラックバック一覧です: キハ52がやってきた(1)  :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | キハ52がやってきた(2)  »