« 牡鹿半島バスと船と徒歩の旅(14)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2010年11月24日 (水)

朝の仙台駅にて 

2010年11月23日。今日は1日バス旅ではなくて汽車旅になる。今日1番の目的は、来月で引退する「こがね」を使った快速「こがねふかひれ」号に乗車することだ。

「こがねふかひれ」号は、仙台9:13発。8:45頃から仙台駅にいると、首都圏ではみられない車両がいろいろとやってくるので、ついつい撮影してしまう。

キハ110系 快速「南三陸1号」
Sendai20101123_01
先頭4号車は指定席車。もともと釜石線の急行に使われていた初期型で、スカートがパイプ式になったリクライニングシート車だ。
Sendai20101123_02

721系電車。これも仙台近郊でしか見られない形式。
Sendai20101123_03

阿武隈急行直通の梁川行きは、「ホリデー宮城おとぎ街道号」のヘッドマークをつけていた。
Sendai20101123_04

「こがねふかひれ」号入線。雨が降って暗いので、シャッタースピードが遅くなる望遠が使えない。近くで撮ったら後ろが切れてしまった。残念。
Sendai20101123_05

|

« 牡鹿半島バスと船と徒歩の旅(14)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝の仙台駅にて :

« 牡鹿半島バスと船と徒歩の旅(14)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »