« 牡鹿半島バスと船と徒歩の旅(1)  | トップページ | 牡鹿半島バスと船と徒歩の旅(3)  »

2010年11月21日 (日)

牡鹿半島バスと船と徒歩の旅(2) 

2010年11月20日(土)。今日は石巻から女川へ出て、そこから牡鹿半島の北側を通って鮎川へ。そこから船で田代島まで行く予定になっている。

3 県道分岐点10:13→11:00女川原子力PRセンター11:34→11:45県道分岐点(徒歩)
Osika20101120_06
 牡鹿半島の一部の小さな半島を女川町側から石巻市(旧牡鹿町)側へ抜ける公共交通機関はない。海岸沿いは女川原子力発電所があり、道路はない。峠の県道を歩いて行くしかないので。その途中に女川原子力PRセンターがある。せっかくだから、そこでひと休みを兼ねて見学していこう。
Osika20101120_07
 PRセンターまでは距離にして3km弱だろう。登り初めて7分ほどで「PRセンター2km」の看板があった。さらに20分ほど歩くと「PRセンター1km」の看板があった。やっぱり上り坂なので1kmに20分はかかるようだ。でもその少し先で道は下り坂に変わった。どうやら峠は越えてしまったようだ。歩き始めて45分ほどで煉瓦色のPRセンターに到着した。
Osika20101120_08
 見学料は無料。受付をしただけで、3つの中から好きな記念品を1つくれるという。それから、希望者には解説レシーバーを無料で貸してくれるという。よく美術館などにあるやつだ。もちろん、これも借りて各コーナーを見学していく。
Osika20101120_10
 プルサーマルコーナーは何カ所も訂正のシールが重ね張りされていた。展示物は作ったら終わりではなく、常に最新の情報を提供しようという姿勢を感じることができた。館内スタンプラリーも楽しんで(といっても、これには完成しても賞品はでないけど)、屋外庭園の展望台を含めて30分ほど見学してここを出発した。
Osika20101120_09
 ここから旧牡鹿町側の県道と町道の分岐点まで下る。そこからはおしか市民バスというコミュニティバスに乗車する予定だ。歩き始めて10分ほどであっけなく分岐点に着いてしまった。思っていたよりも、PRセンターの位置が旧牡鹿町との境界に近かったようだ。

|

« 牡鹿半島バスと船と徒歩の旅(1)  | トップページ | 牡鹿半島バスと船と徒歩の旅(3)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/50087654

この記事へのトラックバック一覧です: 牡鹿半島バスと船と徒歩の旅(2) :

« 牡鹿半島バスと船と徒歩の旅(1)  | トップページ | 牡鹿半島バスと船と徒歩の旅(3)  »