« 支社版フレーム切手  | トップページ | 鶴見線・南武支線の旅(5)  »

2010年10月15日 (金)

支社版フレーム切手 

今日は10件10種のリリースが出ました。赤穂義士、ジャングル大帝を除いて通販ショップ扱いはありません。

10月15日14:00に郵便局株式会社関東支社からリリース文が配信さました。

茨城空港開港記念
販売日 2010年10月22日(~未発表
販売部数 1,500部

販売地域 小美玉市、石岡市、鉾田市、行方市、鹿嶋市、潮来市、神栖市、河内町内の全71局と千代田志筑局、千代田七会局、千代田新治局、千代田下稲吉局、阿波局、桜川古渡局、根本局、浮島局、柴崎局、東局、あずま伊崎局、本新島局、大須賀局、下太田局の計85局

シートはオリジナルです。


10月15日14:00に郵便局株式会社関東支社からリリース文が配信さました。

入間航空祭2010(50円・80円)
販売日 2010年10月20日(~未発表
販売部数 各4,000部
販売地域 入間市、狭山市、志木市、所沢市、新座市、朝霞市、日高市、飯能市、和光市、川越市、ふじみ野市、坂戸市、鶴ヶ島市、富士見市、越生町、三芳町、毛呂山町、川島町、鳩山町内の計163局

シートはグリーン(50円)、オリジナル(80円)です。


10月15日15:00に郵便局株式会社近畿支社と東京支社からリリース文が配信さました。

赤穂義士銘々抄
販売日 2010年11月1日(~未発表
販売部数 1,800部
販売地域 (近畿支社)たつの市、太子町、佐用町、相生市、赤穂市、上郡町、宍粟市、京都市山科区内の計80局、(東京支社)高輪二局、芝浦海岸通局、慶應義塾前局、港芝四局、高輪局、港白金台局、港白金三局、三田国際ビル内局、港白金局、港三田四局、品川駅前局、 高輪台局、港芝浦局、港港南局、泉岳寺駅前局、港芝五局、品川インターシティ局、西新橋局、日本橋南局の計19局

シートはシルバーです。1800枚の支社毎の枚数はわかりません。また、11月5日から通販ショップでの扱いがあります。


10月15日15:00に郵便局株式会社北陸支社からリリース文が配信さました。

義仲と巴
販売日 2010年10月22日(~未発表
販売部数 1,500部
販売地域 富山県内の計212局

 シートはグリーン(50円)です。


10月15日15:00に郵便局株式会社東京支社からリリース文が配信さました。

ジャングル大帝 誕生60周年記念
販売日 2010年10月22日(~未発表
販売部数 20,100部
販売地域 品川区、大田区、足立区、葛飾区、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、府中市、稲城市、多摩市、諸島部を除く東京都内の計1135局

 シートはグリーン(50円)です。ポストカード2枚とのセットで売価は1200円です。10月25日から通販ショップでの扱いがあります。

10月15日15:00に郵便局株式会社北陸支社からリリース文が配信さました。

福井県嶺南(+α)ご当地キャラクターズ
販売日 2010年10月22日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 敦賀市、小浜市、美浜町、高浜町、おおい町、若狭町内の計44局

 シートはシルバーです。

10月15日17:00に郵便局株式会社九州支社からリリース文が配信さました。

耶馬溪めぐり
販売日 2010年10月22日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 宇佐市、中津市内の計54局

 シートはシルバーです。

10月15日17:00に郵便局株式会社九州支社からリリース文が配信さました。

郷土の歌人 若山牧水
販売日 2010年10月22日(~未発表
販売部数 1,000部
販売地域 延岡市、西都市、日向市、児湯郡、西臼杵郡、東臼杵郡内の計82局

 シートはオリジナルです。

10月15日17:00に郵便局株式会社九州支社からリリース文が配信さました。

Happy Blue Bee in ASO
販売日 2010年10月22日(~未発表
販売部数 2,000部
販売地域 熊本市(植木町、城南町、富合町を除く)、阿蘇市、阿蘇郡、上益城郡内の全143局と福岡中央局、博多局の計145局

 シートはグリーン(50円)です。ポストカード2枚とのセットで、売価は1200円です。 

 

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 鶴見線・南武支線の旅(5)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/49751933

この記事へのトラックバック一覧です: 支社版フレーム切手 :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 鶴見線・南武支線の旅(5)  »