« いすみ鉄道「コスプレ列車」(1)  | トップページ | 大雨と雷の朝でした  »

2010年10月31日 (日)

いすみ鉄道「コスプレ列車」(2) 

まずは、大多喜駅から大原駅へ向けて走っていきます。車内には長机が2脚。その上にはオードブルと飲み物が用意されています。コスプレイヤーに飲み物が配られて、将軍様の乾杯の挨拶でコスプレ列車が始まりました。
Isumi_kaso20101031_06
将軍様になんちゃって女子高生もいます。やはりハロウィン系が多かったけど、武将も1人だけいました。大坂から家族で参加してくれた子供さんもいたんですよ。

Isumi_kaso20101031_07
魔女さんは、ムーミンパパの弟子を自称しているだけあって、線見を怠りません。そう、いすみ鉄道の安全は魔女によって守られているのです(嘘)。

Isumi_kaso20101031_08
いすみ鉄道の社員のみなさんです。仕事中の写真なんで、いろいろと支障があってもいけないから小さめにしておきます。遊んでいるんじゃないんです。本当に、これが仕事なんです。今日はコスプレ列車の運行に携わらなくてはいけなかったのですから。

ちなみに、大原からの折り返し17Dはコスプレ車両が先頭車。つまり、一般客も混乗なんです。でも、一般のお客さんは遠慮して後ろの車両にいってしまうのですよね。でも、勇気を持って前の車両に乗ったお客さんには、社員の方がお菓子を配ったり、トンガリ帽子をかぶって記念撮影してもらったりと、サプライズを楽しんでいただける工夫をしていました。武将に追いかけれれて怖がってしまった子供さんを除いては、概ね好評だったようです。

大多喜駅で社員の方の大半が降りられてしまい、後半の大多喜~上総中野~大多喜は、ちょっと人数少なめのコスプレ車両でした。上総中野折り返しの18Dでは、東総元を過ぎるとみんな衣装を脱ぎ始めてしまったので、自分も着ぐるみから普段着に戻りました。

コスプレ車両は大多喜で切り離し。自分は、前の車両に移ってそのまま国吉駅まで行きました。駅には、今まで見なかった子猫がいました。ちょっとやせてます。どうやらカマキリで遊んでた見たいです。バラバラカマキリが落ちてました。
Isumi_kuniyosi20101031
「どうしたんだろうねぇ、誰かが捨てていったのかね」と、売店の人とも話をしていましたが、真相はわかりません。このまま、国吉の駅ネコになってしまうのでしょうか。それとも、すみかはあるのかな。

その後、車で西大原に行きました。線路のすぐそばまで柿の木がのびているのを、先ほど発見したからです。絵になるかなあと思って撮りに行ったのですが、青空でないとなかなか難しいです。
Isumi_nisiohara20101031
青空にオレンジの柿なら映えるのでしょうけど、白い空だと露出も難しいです。この写真を撮って、今日は16時前に帰宅しました。

網地島ラインもほぼ平常に運航されているようだし、ムリしていけばよかったかなと朝のうちは思っていました。でも、けっこう楽しいコスプレ列車のひとときを過ごせたので、旅行中止も結果オーライということでしょう。

|

« いすみ鉄道「コスプレ列車」(1)  | トップページ | 大雨と雷の朝でした  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いすみ鉄道「コスプレ列車」(2) :

« いすみ鉄道「コスプレ列車」(1)  | トップページ | 大雨と雷の朝でした  »