« 伊豆半島路線バスの旅(15)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2010年9月21日 (火)

伊豆半島路線バスの旅(16) 

伊豆フリーQきっぷを使って、伊豆半島をおもいっきりバスで回ります。

29 蓼原地先→我入道地先(我入道の渡し)
土休日に運行している我入道の渡しに乗って対岸へ渡る。
Tokaibus20100920_21

船がいないときは旗を振るようにとあるので、黄色い旗を振ると、船が船外機を動かして回送でやってきた。
Tokaibus20100920_22

3人連れの家族と一緒に乗り込む。片道の自分は100円、往復乗る家族は200円払う。きれいなカラーの乗船券を渡してくれた。乗船中は船外機は使わず、手こぎで運航していく。
Tokaibus20100920_23
河口に近く、流れもけっこう早い。それにもかかわず、手こぎで少しずつ上流へと向かっていく。ゆっくりと5分以上かけて対岸の我入道地先まで運んでくれた。

渡し船を下りて左へ歩いて行くとバス停が見えてきた。その東町バス停に立ちバスを待つことにした。

29 東町16:31→16:57沼津駅(沼津登山東海バス)
Tokaibus20100920_24
やってきたバスは柿原循環とあるだけで、沼津駅へ行くかどうかわからなかった。運転士さんに確認して、沼津駅まで行くことがわかった。けっこう狭い住宅街の道などを走っていった。

30 沼津駅17:15→17:47三島駅(伊豆箱根バス)
Tokaibus20100920_25
沼津と三島を結ぶバスは、伊豆箱根バスと沼津登山東海バスの共同運行。どうせなら、まだ1回しか乗っていない伊豆箱根バスに乗ってみたいと、5番乗り場に停まる三島駅行きに乗ってしまった。時刻を確認すると17:15で事前に調べておいた時刻と同じだったのもいけない。
この5番から出る路線は、伊豆箱根バス単独運行の大岡経由というもの。本来は3番乗り場の国道経由にのらなければいけなかったのだ。三島駅へ着いて、運転士さんに伊豆フリーQきっぷを見せて「経由を確かめずにのってしまったのだけれども」と相談する。運賃を払う覚悟でいたのだが、国道経由も大岡経由もどちらも380円ということで、まあいいでしょうということになった。ご迷惑をおかけしました。

これで、4日間にわたる、熱海駅から沼津駅経由三島駅行き伊豆半島路線バス+αの旅は終わりです。後日、食事や見学関係で、少し続きを書きたいと思います。

|

« 伊豆半島路線バスの旅(15)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/49522664

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆半島路線バスの旅(16) :

« 伊豆半島路線バスの旅(15)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »