« 支社版フレーム切手  | トップページ | 伊豆半島路線バスの旅(16)  »

2010年9月21日 (火)

伊豆半島路線バスの旅(15) 

伊豆フリーQきっぷを使って、伊豆半島をおもいっきりバスで回ります。

第4日の続きです。

26 戸田13:45→14:46三津(中伊豆東海バス)
Tokaibus20100920_16
戸田から三津・沼津方面のバスは1日3本だけ。朝の2本はさなぎ峠経由。午後の1本が、海沿いの井田口経由になる。その1日1本の井田口経由三津行きに乗っていく。戸田からの乗客は2人だった。

沼津湾の海沿いにある富士見台バス停に出るまでの途中バス停は、沢海(たくみ)と井田口の2つだけ。それだけ、人家がない地帯を走っていくのだった。
Tokaibus20100920_17
唯一の集落がある井田。海沿いには大きなため池もあり、畑や水田があるのもバスの車窓から見えた。

富士見台バス停からは沼津湾沿いの道を走っていく。今日も富士山は見えない。ここは、沼津から大瀬崎までのバスが走っている(本数は少ないけれど)道路だ。ところどころ、センターラインのないところもあり、休日とあって自家用車がずいぶん対向してきて、運転がたいへんそうだった。
Tokaibus20100920_18
終点の三津で降りる。同じ所に立っている伊豆箱根バスのバス停は、三津郵便局前だった。

27 三津14:57→15:08多比(沼津登山東海バス)
Tokaibus20100920_19
東海バスグループ5社目の沼津登山東海バスに乗って、伊豆箱根バスの伊豆長岡~沼津駅の路線と合流する多比でバスを降りた。このバス停は、どちらの会社も同じ場所、というか共通のポールになっていた。

28 多比15:25→15:44魚市場入口(伊豆箱根バス)
Tokaibus20100920_20
伊豆箱根バスが土休日に運転している、多比始発の魚市場経由のバスに乗っていく。始発バスはバス停が脇道にあり、もう少しで乗り遅れるところだった。

魚市場入口で降りて、市場の食堂街を歩いていき、川沿いの堤防に出ることが出来た。

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 伊豆半島路線バスの旅(16)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/49522436

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆半島路線バスの旅(15) :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 伊豆半島路線バスの旅(16)  »