« 房総&北関東を大回り(1)  | トップページ | 房総&北関東を大回り(3)  »

2010年7月11日 (日)

房総&北関東を大回り(2) 

2010年7月10日(日)に、テツ少年に大回りのなんたるかを指導することと、次の三連休に行く予定の群馬スタンプラリーの下見を兼ねて、房総&北関東大回りの旅に行ってきました。

2 安房鴨川7:23→8:04館山
Kanto_omawari20100710_6
安房鴨川からは、内房線の館山行きに乗り換えです。209系の6連でした。先頭のクロスシートのうち、1ヶ所だけの固定窓の席に座ります。窓が開かない代わりに桟がないので景色がよく見えます。スポーツの大会があるのか、途中からは高校生・中学生がどの駅からも乗ってきました。

3 館山8:05→9:02君津
Kanto_omawari20100710_7
下り初電出来たのは、館山からこの列車に乗るため。3月の改正までは、もう1時間遅い9時が普通「さざなみ」だったのだが、今は1時間繰り上がって8時の列車が普通「さざなみ」。そう、上りに1本だけ残っている館山~君津間普通列車の「さざなみ」なのだ。1時間あまり、普通乗車券だけでリクライニングシートに座れるのは、とってもうれしい。翼くんは、よく勝浦~安房鴨川の普通「わかしお」(とくに255系のわかしお1号)に乗るそうなのだが、あっちより長い時間乗れるとはしゃいでいた。もう高校生なんだから、車内でそんなに喜ばなくて良いんだよ。
Kanto_omawari20100710_8
先日見た映画「孤高のメス」。あの鉄橋とスカ色の車両から、上総湊でロケをしたことはテツなら一目瞭然。そのロケ地を車内から撮ろうと狙ったのだが、みごと鉄橋の階段?に阻まれてしまった。それでも、その階段のちょうど後ろに写っている家が、映画にでてきた家に違いないと確認することは出来た。

4 君津9:23→10:02蘇我
普通「さざなみ」からすぐに接続する普通列車は211系の10連。その15分ほど後の普通列車は、113系の10連のはず。209系になっている可能性はあるけれども、期待を込めてそれを待ってみよう。それに、現在運転されている113系10連は5本。そのうち2本が湘南色混結編成。もしかしたら、久しぶりに湘南色に会えるかもしれない。
Kanto_omawari20100710_9
願いが通じて、やってきたのはS62+118編成だった。でも乗るのなら座席幅が広い2000番台がいいので、118編成の中間車に座っていった。
木更津でキハ30国鉄色。五井で小湊鐵道と、なつかしい赤とクリームの気動車を見ることが出来た。ただ、高校生の翼くんにとっては、なじみのない国鉄色に、それほどの感慨はないようだった。

5 蘇我10:15→10:35南船橋
Kanto_omawari20100710_10
蘇我からは、京葉線快速に乗っていく。まっていたのは、209系500番台。京葉線全線開業20周年のヘッドマークをつけた編成だった。海浜幕張に着くと、中線にE233系が2本停まっていた。1本は新習志野行き、もう1本が普通東京行き。E233系がかなりの勢いで増えているようだ。205系も山手線からの転属車があるから、あのスマイル顔の205系は見る機会が減ってきている気がする。

|

« 房総&北関東を大回り(1)  | トップページ | 房総&北関東を大回り(3)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/48849873

この記事へのトラックバック一覧です: 房総&北関東を大回り(2)  :

« 房総&北関東を大回り(1)  | トップページ | 房総&北関東を大回り(3)  »