« ボンネットバス公開イベント(2)  | トップページ | ボンネットバス公開イベント(4)  »

2010年7月26日 (月)

ボンネットバス公開イベント(3) 

今日は福山自動車時計博物館で、ボンネットバス5台が勢揃いする「ボンネットバス公開イベント」が開催されました。

展示されていた車両を、当日配布された紹介文を参考に載せてみましょう。
Bonbus20100725_11
いすゞBX141+北村製作所。2009年7月に同博物館がレストアし豊後高田市に譲渡されたもの。1957年製で元所有者は羽後交通。緑ナンバーボンネットバスでは、国内最古の車両。

Bonbus20100725_12
いすゞBX341+新日国工業。2003年5月に同博物館でレストアし7月に鞆鉄道に譲渡されたもの。1958年製で、元所有者は奈良交通から琴平参宮電鉄へと移って廃車。緑ナンバーボンネットバスとしては、国内で2番目に古い車両。

Bonbus20100725_13
日野BA14+東浦自動車工業。2006年6月に同博物館でレストアされ、「つま恋」塗色になって東京へもコンサートのPRにやってきたことがある。「つま恋」で展示されたり、特注トミカが販売されたりした。1958年製で元所有者は土佐電気鉄道。現在は博物館の所有車のため白ナンバー。

Bonbus20100725_14
日野BH15+帝国自動車工業。2010年6月に同博物館でレストアされた。現在、博物館の所有車のため白ナンバー。1961年式で元所有者は羽後交通。他の4台とは違って、運転席ガラスが独立ではなく左右連続したものになっている。同じ帝国自動車工業の車体を持つ「森のくまさん号」と同様の形で、赤塚不二夫氏の描く目玉つながりおまわりさんを連想させるとかしないとか。

Bonbus20100725_15
ニッサンU690+渡辺自動車工業。元所有者は福山市内の土木会社で、1989年の同博物館の開館当初より活躍している車両。現在も同博物館の所有車のため白ナンバー。映画やテレビ出演も多数あるとのこと。

|

« ボンネットバス公開イベント(2)  | トップページ | ボンネットバス公開イベント(4)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/48983136

この記事へのトラックバック一覧です: ボンネットバス公開イベント(3)  :

« ボンネットバス公開イベント(2)  | トップページ | ボンネットバス公開イベント(4)  »