« 今日の国吉駅  | トップページ | 神様がくれたお休み(60)  »

2010年6月24日 (木)

しし じゅうろく どん 

 今日の昼食は、大多喜駅前の「番所」というお店へ。うどん屋さんという認識があったのだが、いろいろな定食もやっている。入口の黒板には名物「猪十六丼」の文字が・・・。猪十六で「ししじゅうろく」と読むそうだ。

 大多喜産の猪のロース肉を使った丼。ご飯の上にサラダ風の野菜を載せて、その上にタレを付けて焼いた猪のロース肉が載っているという丼。ただいまカロリーコントロール中なので、「ご飯少なめでできますか」ときいたらOKとのことなので、お願いしました。
Sisi16don20100624_1
どんぶりは、こんな感じ(ご飯少なめの温泉卵なしバージョンです)。定食全体としては、こんな風です。ちなみにお値段は1000円です。
Sisi16don20100624_2

汁は、準備できるときは猪汁になるそうなんですが、今日はすまし汁でした。丼には唐辛子がついてくるのですが、「よろしければワサビも用意できますよ」とのこと。何も付けずに1枚ロースを食べると、これはタレがけっこう甘いので、ワサビの方がよさそう。わさびをお願いする。

 何でも猪は狩猟ではなく檻で捕ったモノだけを使うとのこと。大多喜町で肉や骨を保健所の検査に回して検査が終わったものだけを、24時間以上冷凍処理して、それから調理して出しているとのこと。夏場は、あまり檻にかからないので、ようやく入荷したとか。猪汁は骨を使うので、まだ骨は冷凍が所定時間終わらないので、今日は出せないと説明があった。
 猪のロース肉は、歯ごたえがあって味も濃くて、なかなかおいしかったです。夜だったら、塩焼きにワサビ付けて酒の肴にいいですよとは、ご主人のお話しでした。

|

« 今日の国吉駅  | トップページ | 神様がくれたお休み(60)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しし じゅうろく どん :

« 今日の国吉駅  | トップページ | 神様がくれたお休み(60)  »