« 神様がくれたお休み(37)  | トップページ | 神様がくれたお休み(39)  »

2010年6月 1日 (火)

神様がくれたお休み(38) 

2010年6月1日(火)
 今日から6月。目指すは、今月中の職場復帰。家人の体調も昨日からよくなったので、今日は一緒に千葉へ行くことにした。というのは、スラックスを買い直さないと、職場復帰できないから。
 正月過ぎから、かなりゆるいと感じていたのだけれども、この入院の結果、体重も減ってしまった。結果的に、今持っているスラックスがぶかぶか。ウエストが実に20cmも余ってしまうことになったのだ。普段着は、ベルトで締め上げて毎日はいているのだけれども、仕事にそんな格好では行けない。ということで、夏の仕事用に最低2本は買い直さないと。ぶかぶかになったとはいえ、まだ太いことに変わりはない。いつも入口に石塚さんの等身大ポスターがにこやかに立っている、サカゼンに行って買うことにしたのだ。
 結局、仕事用と普段着用を各2本買ってしまった。裾上げを頼んだら、できあがりは6月5日以降とのこと。以前は、午前中に頼むと午後には出来たのだが、今は外注になったのだろうか。

 11時半になったので、どこかで昼食をとろうと、チェーンのうどん屋に入った。ごく普通のうどんを頼んだのだが、つゆがしょっぱい。最近、塩分控えめの薄味になれてしまったから、これくらいでもしょっぱく感じるんだな。同行の家人にたずねると「私はもう少し濃くてもいいけど」とのたまう。
 入院しても、手術しても、結局自分の方が長生きするんじゃないかと心配になってくる。あいつの方が、自分よりずいぶん若いのだが。

 毎月1日は映画ファン感謝デーで、入館料が1000円。一緒に京成ローザに行って「RAILWAYS」を見てくる。一緒に映画に行くなんて、釣りバカファイナル以来だな。
 ちなみに、1994年1月に乗りに行ったときの、自分のアルバムから。デハニ52に乗っていたことがわかりました。
Itibata19940102_1
当時古江駅という名だった、この駅近くにある松江ユースホステルに宿泊。1月2日に駅へ行くと、ちょうどこの3両編成がやってきた。たしか、デハニ52に乗ったような気がする。

Itibata19940102_2
しばらく乗り回って川跡駅へ行くと、松江温泉から出雲大社へ行く臨時急行に充当されていた。

Itibata19940102_3
「RAILWAYS」に登場したデハニ53は、このときは車庫に停まったままになっていたようだ。

このときは、出雲市から寝台特急「出雲2号」のA個室寝台に乗って帰ってきた。1人用A個室に乗ったのは、このときが最初で、まだ2度目はない。

 千葉からの帰りに、買い物をしたいとのことで、茂原によって食料品を買っていく。一宮まで来ると、ちょうど上り電車の時間にあいそうなので、ちょっと寄り道していく。駅北側の天道跨線橋から292Mを撮影。今日は113系の8連だった。
Choja20100601

この日は17時半すぎに帰宅。退院後、初めての長距離運転になったけれども、体調に変化はなかった。でも、運転するのは電車に乗るのよりもずっと疲れるなと、あらためて実感する。

|

« 神様がくれたお休み(37)  | トップページ | 神様がくれたお休み(39)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様がくれたお休み(38) :

« 神様がくれたお休み(37)  | トップページ | 神様がくれたお休み(39)  »