« 「白い砂」運転記念 想い出の房総列車(5)  | トップページ | 「白い砂」運転記念 想い出の房総列車(6)  »

2010年6月21日 (月)

神様がくれたお休み(57) 

2010年6月21日(月)
 今日は夏至。そして、職場復帰1週間前。今日からは、仕事に行くときと同じように、5:45起床をにして身体のリズムを仕事用に整える。といっても、朝早くから出勤するわけではない。雨も降っておらず薄日もさしているので、ブルーライナーを撮りに広町踏切まで行くことにした。

 雨上がりの舗装道路には、いろいろな小さいのがいた。あやうく踏みつけるところだった。こいつらを避けて歩くのは、けっこうたいへんだった。
Choja20100621_1
からの大きさが1cm以下の小さいのが、道路のあちこちを這いずり回っていた。踏みつけないように歩くのがけっこうたいへん。

Choja20100621_2
こいつも1cm以下のちっちゃいヤツだ。でも、こいつらは、自分から逃げてくれるので、それほど心配せずに歩くことができた。

同じように2cmくらいのナメクジ軍団とか、道路が濡れているといろいろなのが這いずり回っている。ようやく広町踏切について、1日1本のブルーライナーを狙う。夏至を含めた数ヶ月しか撮ることが出来ない列車だ。E233系に変わるのも、時間の問題。来年のこの季節には、もう走っていないかもしれない列車だ。
Choja20100621_3
今日は54編成だった。51編成離脱のあと、残るは52~54の3編成のみ。JR東日本に残る201系は、中央線の1本と京葉線の3本だけになってしまった。

その後、カタツムリとナメクジとアマガエルを踏んづけないように注意しながら家に戻ると、郵便受けの上にもこいつがいた。
Choja20100621_4
もうすぐ、風呂場に侵入してグェグェと鳴かれる季節がくるんだろう。

午後からは晴れてきた。15時過ぎに本屋、銀行、郵便局と約2kmほど歩きに行ってきた。明日は、来週の復帰後の仕事の打ち合わせをするために、職場に顔を出すことになっている。本当に、復帰まであとわずかだ。

|

« 「白い砂」運転記念 想い出の房総列車(5)  | トップページ | 「白い砂」運転記念 想い出の房総列車(6)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様がくれたお休み(57) :

« 「白い砂」運転記念 想い出の房総列車(5)  | トップページ | 「白い砂」運転記念 想い出の房総列車(6)  »