« 神様がくれたお休み(44)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2010年6月 8日 (火)

岡山臨港鉄道のおもいで 

少し前に、別府鉄道の想い出写真を載せた。1984年1月、岡山・倉敷ミニ周遊券で訪れたのは、水島臨海鉄道、岡山臨港鉄道、別府鉄道の3つの私鉄。今残っているのは、水島臨海鉄道だけ。別府鉄道は廃止が決まっていたけれども、岡山臨港鉄道はそんな話しはまだ聞こえてこなかった。

 自分が行ったときは正月3が日ということもあり、乗客は他にいないし、車両も普段は走らない5001号が終日働いていた。夕張鉄道から移った、7001と7002が動いているところが見たかったのだが、それは結局見る機会がないまま、廃止になってしまった。

Okayama198401_1
宇野線大元駅に停まる、国鉄電車と岡山臨港鉄道のディーゼルカー。

Okayama198401_2
旅客営業の終点、岡南元町駅付近から撮ったのではと思う。

Okayama198401_3
岡南元町駅から300mほど離れた、南岡山駅に車庫があった。連絡ナシの訪問だったが、車庫を見学して写真を撮らせてくれた。写真は、夕張鉄道からきた7002。切り妻の連結面に半室の運転席をつけた側。

Okayama198401_4
こちら側が、オリジナルの正面。同型の7001のもの。ラッシュ時?は、7001と7002の切り妻側を連結して、両端が湘南型の2連で走っていたらしい。

Okayama198401_5
途中、どこかの駅で降りたのだろう。この日は5001しか走らないとのことで、独特の流線型を横から撮りたくて、狙ったのだと思う。今となっては、5001の方が貴重なのだから、もっとしっかり撮っておくのだった。これは、江若鉄道からやってきたディーゼルカーだとのこと。

岡山臨港鉄道は、結局この年末1984年12月30日限りで廃止されてしまった。この時が、最初で最後の訪問だった。

|

« 神様がくれたお休み(44)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山臨港鉄道のおもいで :

« 神様がくれたお休み(44)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »