« 支社版フレーム切手  | トップページ | 想い出の別府鉄道・野口線  »

2010年5月27日 (木)

神様がくれたお休み(33) 

2010年5月27日(木)
 今日は朝から小雨が降っている。天気は回復するとのことなので、そのうち止むだろう。
 午後から職場へ顔を出す用事があるので、今日は歩くなら午前中だ。7時を過ぎて雨が止んだので、撮影を兼ねて歩いてくることにした。今日は、第二長堀踏切のさらに1つ太東寄り、広町踏切まで行ってこよう。
 「鉄道ダイヤ情報」誌によると、今日は安房小湊からお座敷電車「華」を使った団臨がある。「わかしお4号」と246Mの間を走るようだ。平日の通勤時間帯によくも臨時を走らせる余裕があったものだと感心するが、どうせなら撮っておきたい。
 そこで広町踏切でカメラを構えて待つことにした。大原発が7:52らしいので、長者町は56分くらいか。ところが、やてこない。運休になったかなと思った8:00に踏切が鳴り出した。246Mにしては早すぎる。おめあての「華」がやってきた。
Choja20100527_1
う~ん、右側の発光信号機の支柱に先頭がかぶってしまった。もう少し前に来てからシャッターを切るんだった。

この数分後に来る246Mも撮っておく。これは、数少ない113系限定運用(駅貼り時刻表に4ドアの表示がない8両編成)になっている。
Choja20100527_2
夕方の8両編成は「3ドア車で運転する日もあります」表示。確実に113系を撮れるのは、この246Mを含めて数本しかない。

13時過ぎに家を出て職場へ向かう。いくつか解決しなければ行けないトラブルをチェックして帰ってくる。夕方、職場から質問の電話が数件はいる。それでも、電話で解決できる内容なので、気分は楽だった。

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 想い出の別府鉄道・野口線  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様がくれたお休み(33) :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 想い出の別府鉄道・野口線  »