« 神様がくれたお休み(13)  | トップページ | 神様がくれたお休み(15)  »

2010年5月 8日 (土)

神様がくれたお休み(14) 

※このエントリーは5月24日に書いたものをさかのぼって公開しています

2010年5月8日(土)
 昨日500m歩行負荷に合格したので、今朝から1階の売店が使える。同室の方からも頼まれて新聞を買いにいってくることにした。自分でお金を払って買い物をするのは、実に2週間ぶりのことだ。まだパジャマを着たままだけれども、だいぶ普通の生活になってきたという実感がある。

 今日のリハビリは、10分間シャワー負荷試験。着替えの時間も入れて、15分間ででてくるように指示される。「今日はシャワー試験なので、絶対湯船に入らないで下さいね」とも念を押される。ただ、シャンプーや石けんは使っていいそうなので、普通にシャワー浴をすると考えていいそうだ。
 さすがにひげを剃る時間はなかったけれども、シャンプーと石けんで2週間ぶりにしっかり身体を洗った。試験とはいいつつ、これが何とも気持ちよかった。
 病室に戻って、心電図をとる。これで負荷試験は終わり。お昼前に、合格の連絡が入る。あとは、明日の入浴負荷試験を残すだけになった。

 読書は、今日から島崎藤村の「破戒」に入る。退院も近そうなので、何とか2日で読んでしまおう。午後の大半の時間はロビーのテーブルに移動して読書の時間とした。ベッドや病室の椅子より、格段に座り心地がいい。

 今日の食事は、土曜日だからか変化球が多かった。朝食が白飯、味噌汁、大根・がんも・インゲンの煮物、水菜とワカメの酢の物、瀬戸風味ふりかけ、牛乳、お茶。昼食がざるうどん、たまご豆腐、小松菜と海苔の和え物、串焼き(ネギ、ピーマン、鶏肉、シイタケ)、ブロッコリー、リンゴ1/3個、お茶。夕食がちらし寿司、白菜とニンジンにクリーム煮、アスパラガスのかつおぶしのせ、バナナ1/3個、お茶。
 ちらし寿司は酸っぱいだけで甘みが全然ない。載っている具は、自然の風味を大切にしているから、アナゴ以外は素材の味しかしない。しかも、ご飯に具が載っているから、いつもより品数が少なく見える。昼がうどんで寂しかった上に、ちょっとがっかりな夕食だった。

|

« 神様がくれたお休み(13)  | トップページ | 神様がくれたお休み(15)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様がくれたお休み(14) :

« 神様がくれたお休み(13)  | トップページ | 神様がくれたお休み(15)  »