« ツーデーパスの旅(2)  | トップページ | ツーデーパスの旅(4)  »

2010年3月 7日 (日)

ツーデーパスの旅(3) 

3月6・7日の2日間、ツーデーパスを使った汽車旅にでました。本当はバス旅をしたいのだけれども、資金難ででかけられません。せめてもと、ツーデーパスで地方の民鉄に乗ってきます。

6 河口湖11:55→12:40大月
 大月駅には駅弁屋さんはいなかった。河口湖でも弁当はなく、お持ち帰りのおにぎりか焼きそば類しかないという。それでも、地元産の米をつかったおにぎりはちょっと高いけどおいしそうだったんで2つほど買って、フジサン特急6号に乗り込んだ。
Twoday20100306_6_1
メインの富士吉田~大月では、展望車(1号車)が後部になる編成だったので、あえて100円高い展望室はやめて、自由席に乗っていく。パノラマエクスプレスアルプス時代の超ゆったりリクライニングシートは健在で、すいていることもあり、ほぼ満席だった富士登山電車とは違った雰囲気で景色を眺めることができた。
Twoday20100306_6_2
大月について、ホームのそば屋さんに入る。吉田うどん370円を注文する。初めて食べたのだけれども、キャベツなどやさいもたくさん。味噌味の汁にすりだねという、ラー油のごま油抜きみたいなのを入れて食べると、この刺激がたまらなかった。

7 大月1303→13:52甲府
朝のあずさの遅れを引きずっているのではないかと心配したけれども、定刻の運転で助かった。
Twoday20100306_7

8 甲府14:04→14:56小淵沢
Twoday20100306_8_1
 ここから、小淵沢までは「リゾート八ヶ岳3号」に乗っていく。指定券は2号車。コンパートメントの車両だ。乗車口に係員がいて、そこできっぷの拝見。指定権を持っていない人が車内に入らないようにチェックをしていた。
 ただ、車両はおもしろみにかけていた。牽引する電気機関車にヘッドマークがあるだけ。乗車車両は「リゾートしらかみ」そのもの。ヘッドマークの文字も、車内販売品もみんなしらかみグッズ。風っこと違ってサボもない。唯一のオリジナル商品は、乗車記念掛け紙がついたレトルトカレー3個セット1200円だけだった。買わなかったけど。
 途中の停車時間も短く、最高速度を抑えてゆっくり走りながら景色を楽しむというコンセプトだったようだ。だから、車内でのイベント等もなく、たんたんと1時間弱走って小淵沢に着いてしまった。意外だったのは、2番線に到着したこと。甲府方から直接2番線に入線する列車に乗ったのはこれが初めてだった。
Twoday20100306_8_2
小淵沢駅2番線に到着した「リゾート八ヶ岳3号」。EF64がリゾートしらかみぶな編成を牽引している。

|

« ツーデーパスの旅(2)  | トップページ | ツーデーパスの旅(4)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/47744582

この記事へのトラックバック一覧です: ツーデーパスの旅(3) :

« ツーデーパスの旅(2)  | トップページ | ツーデーパスの旅(4)  »