« 松代大本営跡  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2010年1月14日 (木)

飯山線の除雪車両 

 飯山線は、この旅の期間中を含めて、除雪による計画運休をしている。戸狩野沢温泉~十日町間を13~16時の間運休にして除雪作業をしているのだ。影響するのは、135Dと186Dの2本だけ。いかに昼間の列車が少ないかということだ。
 今回の旅では、乗車予定の135Dが運休になったので、その1本前(と言っても2時間も早くなるのだが)の131Dに乗った。戸狩野沢温泉が11:27発で十日町は13:01着。計画運休直前を走る列車だ。そのため、停車駅で除雪車両を見ることが出来た。

Josetu_20100112_1
戸狩野沢温泉駅にいた除雪車両。車両には、第一建設工業の文字がある。

Josetu_20100112_2

Josetu_20100112_3
桑名川駅にいた車両。JR東日本のコーポレートカラーでJRマークがあり、長野支社と文字が添えてあった。6051という車番も書かれていた。

Josetu_20100112_4
十日町駅にいた車両。跨線橋から見たので、所属とか車番はよくわからなかった。

 かつては除雪はディーゼル機関車でやっていたので、旅客列車を運休にすることなく除雪できた。しかし、今では機関車ではなく事業用車両で行うため、旅客列車を止めて線路閉鎖しないと、これらの車両(機械?)で除雪することができないようだ。

|

« 松代大本営跡  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯山線の除雪車両 :

« 松代大本営跡  | トップページ | 支社版フレーム切手  »