« 青春18きっぷで帰宅(1)  | トップページ | 松代大本営跡  »

2010年1月12日 (火)

青春18きっぷで帰宅(2) 

初めて降りた石打駅。売店くらいあるだろう。笹だんごでもお土産にしようと思っていたのだが、何と自動販売機以外なにもない駅だった。

Nagano18_20100111_6
大きな2階建ての駅舎です。でも、待合室内には自動販売機があるだけで、売店はありませんでした。

Nagano18_20100111_7
駅前には駅弁、おみやげと書かれたお店が。でも稼働しているのは自動販売機だけで、店は閉まったままでした。スキーシーズンでこれですから、もうお店は閉店してしまったのでしょうか。
 実際、スキー宿から送られてくる人は、数組しかいませんでした。今では、新幹線停車駅の越後湯沢までの送迎が中心なのでしょう。駅前の寂れ方は、想像以上のものでした。

4 石打16:24→19:22大宮
 今回の1つの楽しみは、この快速「シーハイル上越」号に乗ること。特急車両使用の快速電車で3時間。上越国境を越えて大宮まで座っていけるのです。指定席が4両で自由席が2両。始発駅から乗るので、自由席で大丈夫だろうと思っていました。
Nagano18_20100111_8
なつかしい、国鉄特急色の車両です。これに青春18きっぷだけで3時間も乗れるとは、感激です。

Nagano18_20100111_9
 ヘッドマークも専用のものです。ちなみに、1号車はクハ183 1505。そう、房総特急で活躍したATC付きの先頭車で簡易リクライニングシート。2号車は、あずさ用のグレードアップ車で、一段高くなった座席に、シートピッチが広くなったリクライニングシートがついた車両でした。房総特急の183系末期に使用されていた編成そのものですね。なつかしくなりました。
 どうせ乗るなら、シートのいい2号車へ。そういう「鉄」が多かったのか、2号車の窓側は石打発車時点でほとんど埋まっていました。
 越後湯沢では乗ってくる人も多く、ここで座席は満席。デッキに立つ人も出ました。車内放送では、指定席は売り切れと言っていたので、石打まで迎えに行って正解でした。

Nagano18_20100111_10
 深谷を過ぎて夕食にします。買ってきたのは「いくらたらこめし」。越後湯沢駅の駅弁売店のランキングで1位になっていた弁当です。箸袋を見てみると、あの石打駅前にあった川岳軒の文字が。もともとは石打の駅弁屋さんが、新幹線開業で在来線特急が廃止になり、進出してきたのでしょうか。なかなかおいしい弁当でした。

 その後、大宮から普通列車で上野へ。京浜東北線で新橋へ。ここから、内房快速のグリーン車で蘇我へ行って、そこから外房線直通の京葉快速へ乗り換えという予定でした。
 ところが、新橋駅ホームの表示器が、内房線で障害があり遅れているとあります。もし、千葉辺りで抑止を食らって、蘇我で外房線直通快速と連絡しなかったら困りものです。急遽、東京駅で横須賀線を降りて、丸の内のラッチ外通路を歩いて、京葉線ホームへ行きました。東京から上総一ノ宮まで、1時間以上ロングシート快速のお世話になって帰ってきました。

|

« 青春18きっぷで帰宅(1)  | トップページ | 松代大本営跡  »

コメント

お疲れ様でした。
寒い中大変でしたね。
でも楽しかったようで・・・

投稿: 川00系統 | 2010年1月13日 (水) 06時52分

川00系統さん、こんにちは。

今回は「鉄」に徹しようと思ったのですが、やはりフリーきっぷで乗れるバスに乗ってしまいました(^^)

24日はよろしくお願いします。

投稿: わらしべ長者町 | 2010年1月13日 (水) 20時17分

こちらこそよろしくお願いします。

投稿: 川00系統 | 2010年1月15日 (金) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/47278165

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷで帰宅(2) :

« 青春18きっぷで帰宅(1)  | トップページ | 松代大本営跡  »