« 銚子電鉄 きっぷいろいろ  | トップページ | 佐原のボンネットバス  »

2009年12月19日 (土)

銚子のたべもの 

 銚子と言えば、やっぱり寿司を食べたいです。昨年食べた、銚子の伊達巻き。海鹿島駅近くの「あしか寿司」で食べたのですが、おいしかったです。でもちょっと高い。もう少し安く、銚子の伊達巻きを食べられないものか。
 インターネットで調べてみると、本銚子駅から徒歩12分ほどの「寿司辰」というお店で、伊達巻き入り地魚にぎりが1700円とある。これならいいだろうと、本銚子で銚子電鉄を降りて、坂道を下ってお店を目指したのでした。
Choshi_food_20091219_1_3
これが、そのにぎり。左から、ぼたんえび、ホウボウ、生マグロ、ひらめ、金目鯛、ホタテでその上が銚子の伊達巻き。卵とだし汁だけで、魚のすり身等を一切入れずにじっくり焼くのが銚子の伊達巻き。ここのは、あしか寿司のようななめらかさはなかったけれども、あの独特の甘さとしっとり感は同じ。いいですねぇ。銚子に行くと、この伊達巻きが食べたくなってしまいます。ちなみに、写真に写ってませんが、アラ汁もついてましたし、インターネットを見たということで、鉄火巻きもサービスされました。ありがとう。

そして、犬吠駅で見た広告がコレ。
Choshi_food_20091219_2_2
土日祝限定販売で、それも1日20食とのこと。夜食べればいいやと、買ってしまいました。値段は1箱780円でした。

Choshi_food_20091219_3
とりあえず、パッケージだけ笠上黒生駅のベンチで写真を撮ります。ん?わさび風味ってなんだ。わさび入りならわかるけど。

Choshi_food_20091219_4
結局、帰りの成田線の車内で開けてしまいました。押し寿司が6個とおひたし。で、どこがわさび風味なんだと、1個食べて納得しました。

Choshi_food_20091219_5
ごはんにわさびが混ぜてあるんですよ。このビリ辛感が何とも心地よくおいしかったです。

|

« 銚子電鉄 きっぷいろいろ  | トップページ | 佐原のボンネットバス  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子のたべもの  :

« 銚子電鉄 きっぷいろいろ  | トップページ | 佐原のボンネットバス  »